老婆二人で中国雲南省 麗江・シャングリラを歩き回る ④麗江古城の石だたみを歩く

今日も快晴のいいお天気です。
朝食は麺とおかゆとゆで卵、蒸しパンお腹いっぱい食べました。
今日は麗江古城の中を歩きます。
広くて迷子になるからとホテルの人が地図を持たしてくれました。
乗り物はないのでとにかくてくてくと歩くしかありません。
まずは木府→元、明、清の三つの王朝に22代470年にわたって
麗江エリアの統治を任された木氏の暮らした館の見学からです。
歩き始めると麗江古城の説明板がありました。
b0044296_22503611.jpg
















町のあちこちにトンパ文字が書かれてました。
日差しが強いので日向と影のコントラストがきつい。
朝夕はさすがに寒さを感じますが、お昼の日差しは日本よりもずうっと強いです。
日焼け止めクリームをちゃんとぬっても日焼けしました。
b0044296_22532327.jpg
















洗濯をしていたので
降りていって尋ねるともともと川がながれていたようです。
左の方から湧水が出ていました。
写真忘れましたが街のあちことを用水路が流れていました。
b0044296_22555929.jpg
















途中の店でぶら下げる飾りをかったり
朝早いので所々しか店は開いていませんが、それなりに覗きながら歩いて行きました。
途中で野菜などの荷物を持っている人にどこかに市場があるのかと尋ねたら私たちが
行く木府と反対側をさしたので、とりあえず市場は後回しにして木府に行きました。
門構えもすごいなあ。
b0044296_22594877.jpg
















入場料は60元(1200円)
しかしここは老婆70才は無料になります。外国人も適用されます。
中国はふっとっぱらです。68才は65歳以上半額が適応され30元です。
これはすごく助かりました。
昨日の玉龍雪山風景区の入場料130元(2600円)も無料と半額で195元
ツアーだったんですが、あとで返金してくれました。良心的です。
正門から入りました。
b0044296_23073214.jpg
















ここで一番びっくりしたのは
掃除が行き届いていました。朝早かったので掃除中でしたが、雑巾がけでとても丁寧でした。
今まで中国でこんなにきれいに掃除をしているお寺は初めて見ました。
b0044296_23101912.jpg
















お寺の中や周囲に
石像が置かれていました。面白い形です。
b0044296_23121979.jpg




























お寺は奥へ行くほど高くなっていきます。
階段を上って回廊を歩いて行きます。
b0044296_23135562.jpg




























奥に見えているところまで
上っていかないといけないみたいです。
銀杏の樹が紅葉真っ盛りでした。
b0044296_23155119.jpg





























お堂の中にぐるりに壁画があり、内容はよくわからなかったけど民俗の
踊りの絵がたくさんありました。
b0044296_23192798.jpg
















一周ゆっくり回ってみました。
そして、階段を上って一番高い所に出ました。
そこから見た麗江の屋根瓦の街並みです。
b0044296_23214577.jpg
















もう一枚
b0044296_23230110.jpg
















疲れたので東屋の所で
少し休憩です。
そしてまだ上があるので登ってみたらそこは獅山公園に入っていました。
入場料が50元ここでもふたりで25元です。
今回の旅行では入場料は例外なく無料と半額でした。
ここからは昨日登った玉龍雪山が見えます。ようあんな高いところまでいったなあと
感激ひとしおです。
b0044296_23282187.jpg
















ホテルの人に万古楼は
大したことないよといわれたけど、とりあえずは見に行きました。
入り口はいった所で太鼓三回たたくと5元だったので思い切りたたいてきました。
疲れていたので下から見るだけで上には上がりませんでした。
b0044296_23312660.jpg




























ここから上がった分だけ下らないといけません。
石畳の下りは足に堪えます。
金毘羅さんの階段を思い出しました。
b0044296_23334909.jpg
















とは言いながら店を
覗いてわからん中国語で日本語で話しても一緒やと開き直りながら店の人と
話しました。
途中の店で竹筒に入ったご飯と中に何か入ってパンを買って
テーブルに座って食べながら休憩しました。あ~~~あ疲れました。
でも、自力で歩くしかありません。
やっとくだってついたら四方街で麗江古城の中心に出ました。
ここで民俗衣装を身に着けた人たちの踊りを見ました。
b0044296_23390115.jpg
















足がだんだんいうこと聞かなくなってきました。
メイン通りを歩いて大水車まで歩きました。
b0044296_23411453.jpg
















後は惰性でホテルまで歩いて帰ります。
といいながらかばんを買ったり、ブドウを買ったり、菩提樹の実をアクセサリーにしてもらったりと
遊びながら帰りました。
ホテルで休憩して晩ご飯食べに出ました。
麺を食べましたが、旅行中でこれが一番おいしかった。
b0044296_23442504.jpg
















夜歩いた店をのせます。
漢方薬の店 何かと聞いたけど中国語全く分からなかった。
b0044296_23455506.jpg
















楽器の店も多かった。
b0044296_23464307.jpg




























ストールやマフラーの店もい至るところにある。
b0044296_23475372.jpg
















最後は難お店がわからんけど
面白かったので載せます。
b0044296_23485037.jpg
















歩いた歩数は一万歩足らずだけど
坂が多いのと石畳でホテルに帰ったら足がパンパンでした。
お茶の接待を受けて早々と寝ました。

# by yukinachan55 | 2017-11-14 22:37 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

老婆二人で中国雲南省 麗江・シャングリラを歩き回る ③麗江郊外藍月谷と玉龍雪山に登る

今日は11月13日です。ホテルは部屋はそんなに広くないけど
まあまあというところです。
朝食は食堂で食べますが、勝手がわからずうろうろしましたが
朝は必ずそうめんに似た麺を食べるようです。
ゆで卵と蒸しパンと豆乳がおいしかった。
麗江古城の中はとにかく歩きだけです。石畳が歩きにくいです。
朝は観光客もいないので静かです。お天気は快晴です。
b0044296_23064848.jpg
















今日は中国のツアーで玉龍雪山にロープウェイで
登るツアーに参加します。
古城の南面の入り口で9時に待ち合わせています。車両番号だけ聞いています。
9時過ぎに道路の反対側からお兄さんが呼んでくれました。
それから2カ所でピックアップして私たち二人を入れて総勢7人のツアーになりました。
一路玉龍雪山風景地区に向かって走ります。いろいろ説明してくれるけど
全く分かりません。単語一つ聞き取れませんでした。
途中酸素とダウンの上着を借りにどこかの店に寄りました。
朝は寒いですが思ったほどではありませんでした。
バスから見える玉龍雪山です。どこから見てもかっこいいです。
b0044296_23140838.jpg
















私たちの載った車は駐車場に止めて
公園内の専用バスで移動します。
博物館の入り口から入りバス乗り場に乗ることになります。
壁にナシ族が使っているトンパ文字が貼ってありました。
b0044296_23175860.jpg
















バスでまずは藍月谷につきます。
ここでは谷に沿って歩くことができるのですが、私たちはカートに乗って移動することにしました。
b0044296_23195564.jpg
















後ろの壁には絵馬のようなものが
所狭しとぶら下がっていました。
b0044296_23215736.jpg




























九塞溝のミニ版です。
人は少なくないけど九塞溝みたいに押すな押すなの状態ではないのでゆったりしています。
カートに乗って適当な所で降ろして見学して次に来たカートに乗って移動するというぐらいです。
b0044296_23295613.jpg
















水のながらと不思議な形状のながらを
楽しみます。
b0044296_23311831.jpg
















ヤクに乗って記念撮影をしています。
b0044296_23324522.jpg
















川は流れていきます。
カートから眺めています。
b0044296_23342783.jpg
















水は透き通るようにきれいです。
瀧の所では結婚式の前撮り写真の撮影が次から次へとありました。
b0044296_23362473.jpg
















本当におてんきはいいし
寒くもなくルンルン気分で水を煮ながら歩きました。
b0044296_23375948.jpg
















お昼になってバスに乗り換えて
火鍋の昼食です。テーブルを7人で囲んで食べます。
辛いかなあと心配したけど、豚骨スープのような感じで辛味はそれぞれでつけます。
おいしかったです。
b0044296_23410508.jpg
















それなりにおなか満腹になるぐらい
しっかり食べました。
バスでロープウェイの乗り間場でかえります。
玉龍雪山は13の峰が南北35km。東西12kmのエリアに並び最高峰な5596mです。
ロープウェイ乗り場は標高3356mあります。
ここからなぜか7人のうち私たち二人と夫婦組の4人で行動することに
なりました。なぜかわかりません。二人のお世話になりました。
ゴンドラは3kmあり15分かかります。
b0044296_23534955.jpg
















継ぎ目の所を通る時大きく揺れて
怖かった。
ゴンドラで着くとさすがに寒い。持参のダウンのヤッケを羽織りました。
展望台からは景色がいいがなんか同じ写真ばかりになっている
氷川公園になっていて氷河が見えると書いてあるがどれかわからへん。
b0044296_23561808.jpg
















ここから急な階段を上って上の展望台を目指すが
なかなかこれが大変、空気が薄い。
b0044296_23584970.jpg
















上の方に見えている階段を上ります。
b0044296_00215190.jpg

b0044296_00022575.jpg





































最後まで上らなかったけど
老人はここまでと決めておりました。

b0044296_00042172.jpg
















下りが又きつかった。
写真では高度感がよくわからない・
下りのロープウエイは並ぶのに少し時間がかかったけど
4人で乗ることができすごかったと話をしました。
酸素はせっかく持って行ったので使いました。
とにかくゆっくりしないとしんどくなるのでスロースローで過ごしました。
二人とも頭痛もなく吐き気もせず高山病にかからなくて幸いでした。
下りのゴンドラからの写真です高度感が出ないなあ。
b0044296_00090076.jpg
















ゴンドラから降りてバスで駐車場まで戻りました。
それからは元の車で一路麗江古城まで戻りました。
途中のバスの中から見た毛沢東さんの銅像です。
b0044296_00111762.jpg
















帰りのバスの中から見た玉龍雪山は
今までよりもあそこまで行ってきたという感情がわき親しいものになりました。
さすがに疲れたので、夕食は適当に済ませシャワーして早めに寝ました。


# by yukinachan55 | 2017-11-13 22:59 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧