<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

老婆二人で中国雲南省の麗江とシャングリラを歩き回る ⓺シャングリラ松賛林寺と独古宗古城

シャングリラの一日目は市の中心から5km離れたところにある
雲南省の最大のチベット寺院 松賛林寺を訪ねます。
雲南省のポタラ宮と言われています。
ホテルからタクシーを使わずに、市内バスで行くことにしました。
ホテルのフロントで停留所を聞きました。
路線バスの運行表です。私たちは三番のバスで終点まで行きます。
b0044296_00382781.jpg




























3番の路線バスは町中の古城と松賛林寺を
結ぶ路線です。帰りは三番のバスで古城まで移動しました。
バス料金は一元(二十円)です。信じられないぐらい安いです。
バスは小型のバスで、ただし運行が七時半から六時半までで早く終わります。
b0044296_00452416.jpg
















途中のバス停で
私たちに向かって乗客が降りろと言います。まだついていないのにと思ったけど
降りると入場券を買う建物がありました。中で入場券を
買うとここでも私は無料、相棒は半額でした。
入場券を買って裏の出口に出るとシャトルバスが待っていました。
5,6分乗るとお寺の前につきました。
b0044296_00493523.jpg
















私たちは真ん中の一番高い屋根の近くまで
登ることになりました。
バス停から少し降りていくと門があります。
b0044296_00514365.jpg
















ここから入って階段を登ります。
団体の人たちにはお坊さんのガイドが付きますが、私たちのきいてもわからないのでスルーしました。
b0044296_00535526.jpg
















真ん中の階段を上りますが
これが結構きつかった。
登って広場に出るとお寺の中に入る入り口です。
中の仏様の写真は禁止でした。
b0044296_00563144.jpg




























寺院のてっぺんまで登りました。
なぜか、二人だけでした。雪をかぶった山が見えました。
b0044296_00582798.jpg
















降りて中で線香をあげてお参りしました。
b0044296_01005932.jpg




























お寺も一つではなく
いくつもお参りするところがあるのは日本も同じです。
入り口の飾りがチベット風でした。
b0044296_01032090.jpg
















ぐるりと一回りして
もと来た入り口から外に出ました。
遠く離れたシャングリラのお寺ですが、健康と旅の安全を願ってお祈りしてきました。
そして帰りはシャトルバスに乗らずにそのまま三番のバスで古城入り口まで乗りました。
ここは独鈷宗古城と言って1000年以上の歴史を持つ街です。
バスを降りると正面に亀山公園が見えてきます。
b0044296_01113977.jpg
















亀山公園につくと
真ん中の階段を上ってお参りします。
正面の建物が中心の楼で横に大きなマニ車が見えます。
b0044296_01160288.jpg
















ここでも階段をえんえんと登らなくてはなりません。
階段ばかり上っています。まずはマニ車のところにつきます。
みんなでエンヤラヤと回さないと回りません。私もちょっと参加しました。
b0044296_01184417.jpg




























ここから町中を眺めると
麗江とまた違った街並みを見ることができます。
b0044296_01205504.jpg
















本堂は先ほどの松賛林寺と同じような
入り口でした。
b0044296_01222420.jpg




























中で線香三本つけて
お参りしました。
チベット風の旗がなびいていました。旗にはお経が書いてあるようです。
b0044296_01242667.jpg




























お寺から降りて先ほど見た家並の
町中を散策しました。思ったよりきれいで立派な楯もが多いです。
b0044296_01262645.jpg
















もう一枚
b0044296_01272682.jpg
















街の中にあるチベット風の塔です。
b0044296_01290815.jpg




























二人は相当疲れていたけど
お店を回りながら冷やかしたり、アクセサリーを買ったりと楽しみました。
帰りはバスを降りたところまでかえり一元のバスで帰りました。
最後の写真は何かというとバスの運転手さんの横に置いてある運賃
箱です。ここに一元をポンと入れます。おつりは自分でとります。
初めて見る運賃箱でした。なんか優雅な気分になりました。
b0044296_01340055.jpg
















今日も一日よく歩き
よく上りました。疲れたけど楽しい一日になりました。
路線バスに乗ると人々の様子が身近に感じます。みんなお知り合いで
ゆったりとバスを利用しているようでした。







by yukinachan55 | 2017-11-16 00:29 | Trackback | Comments(0)

老婆二人で中国雲南省 麗江・シャングリラを歩き回る⑤麗江からシャングリラへタクシーで移動

今日は麗江からシャングリラに移動します。
当初は乗り合いバスで行く予定だったのですが、
三時間半のバスはちょっときついと相談して
乗り合いタクシーんを申し込みました。
さいしょピックアップが10時半ということでどこにも行けないと
判断しましたが、結局12時半になってしまいました。
泊まったホテルの中庭です。
b0044296_22251847.jpg
















二階を眺めたところです。
私たちの部屋は一階でした。
b0044296_22264144.jpg
















日本でいうとペンションにちかいかなあ、
従業員の方はとても親切でいろいろ教えてくれるのですが、
悲しいかな。聞き取れない。
お昼まで時間があったので部屋で待っているのもなんだからと
市場を教えてもらっていくことにしました。
でもこれが結構遠かった。
石畳を歩いて行くのでやっぱり時間がかかりました。
b0044296_22300264.jpg
















ミカンとキンカンと棗を買いました。
b0044296_22311555.jpg
















その後時間がないと言いながら
友人はシイタケを買い私は菊茶を買いました。
大慌てでホテルに帰って荷物をまとめて古城の入り口までホテルの人が
スーツケースを持ってくれて車が来るのを待ってくれて乗るところまで確認してくれました。
最初は高速道路を途中から地道を走りました。
乗客は私たち二人と女性が一人男性が一人と合計4人でした。
車も新しいし、乗り心地も悪くありませんでした。標高2300m~3200mまで
上がることになります。
途中良く寝ましたが、知らない山が見えました。
b0044296_22371956.jpg
















途中谷あいの
きれこんだ谷の景色のきれいなとこrで休憩しました。
トイレはニーハオトイレで腰の高さまでの仕切りがしてあり立つとこんにちは
とご挨拶します。一元でした。
蜂の巣のままのはちみつが売ってあり、友人が買いました。濃くておいしかったです。
店員さんが日本のお札を見せてほしいというので一万円札を見せてあげると
すごい立派だと感心されました。
そこから見た景色です。
b0044296_22435330.jpg
















深い谷なんですが。高度感が出ませんね。
b0044296_22451249.jpg
















寝たり起きたりしながら
三時間半ぐらいでシャングリラにつきました。
最初やっぱり空気が薄く感じました。風邪ひきではないのですが、のどが
いがらっぱくなって咳が出始めました。困ったなあ。
ホテルの外観です。
b0044296_22484435.jpg
















部屋も広くゆったりして
すてきでした。
b0044296_22500437.jpg
















明日のためにホテルの周辺を少し歩きました。
ホテルの前にコンビニがありレストランもそれなりにありました。
私がこの後お世話にある薬局です。
b0044296_22520397.jpg
















建物はチベット風です。
最後に麵屋さんで、きしめんみたいなラーメンを食べたのですが、
器にアルミホイルを引いてその中にラーメンが入っていました。
ちょっとびっくりです。でもまあまあでした。
b0044296_22540776.jpg
















明日に備えて今日は早めに
寝ることにしました。空気が薄いような気がします。
咳と鼻水が出てきました。
水をたっぷり飲んで寝ました。


by yukinachan55 | 2017-11-15 23:50 | 海外旅行 | Trackback | Comments(1)

老婆二人で中国雲南省 麗江・シャングリラを歩き回る ④麗江古城の石だたみを歩く

今日も快晴のいいお天気です。
朝食は麺とおかゆとゆで卵、蒸しパンお腹いっぱい食べました。
今日は麗江古城の中を歩きます。
広くて迷子になるからとホテルの人が地図を持たしてくれました。
乗り物はないのでとにかくてくてくと歩くしかありません。
まずは木府→元、明、清の三つの王朝に22代470年にわたって
麗江エリアの統治を任された木氏の暮らした館の見学からです。
歩き始めると麗江古城の説明板がありました。
b0044296_22503611.jpg
















町のあちこちにトンパ文字が書かれてました。
日差しが強いので日向と影のコントラストがきつい。
朝夕はさすがに寒さを感じますが、お昼の日差しは日本よりもずうっと強いです。
日焼け止めクリームをちゃんとぬっても日焼けしました。
b0044296_22532327.jpg
















洗濯をしていたので
降りていって尋ねるともともと川がながれていたようです。
左の方から湧水が出ていました。
写真忘れましたが街のあちことを用水路が流れていました。
b0044296_22555929.jpg
















途中の店でぶら下げる飾りをかったり
朝早いので所々しか店は開いていませんが、それなりに覗きながら歩いて行きました。
途中で野菜などの荷物を持っている人にどこかに市場があるのかと尋ねたら私たちが
行く木府と反対側をさしたので、とりあえず市場は後回しにして木府に行きました。
門構えもすごいなあ。
b0044296_22594877.jpg
















入場料は60元(1200円)
しかしここは老婆70才は無料になります。外国人も適用されます。
中国はふっとっぱらです。68才は65歳以上半額が適応され30元です。
これはすごく助かりました。
昨日の玉龍雪山風景区の入場料130元(2600円)も無料と半額で195元
ツアーだったんですが、あとで返金してくれました。良心的です。
正門から入りました。
b0044296_23073214.jpg
















ここで一番びっくりしたのは
掃除が行き届いていました。朝早かったので掃除中でしたが、雑巾がけでとても丁寧でした。
今まで中国でこんなにきれいに掃除をしているお寺は初めて見ました。
b0044296_23101912.jpg
















お寺の中や周囲に
石像が置かれていました。面白い形です。
b0044296_23121979.jpg




























お寺は奥へ行くほど高くなっていきます。
階段を上って回廊を歩いて行きます。
b0044296_23135562.jpg




























奥に見えているところまで
上っていかないといけないみたいです。
銀杏の樹が紅葉真っ盛りでした。
b0044296_23155119.jpg





























お堂の中にぐるりに壁画があり、内容はよくわからなかったけど民俗の
踊りの絵がたくさんありました。
b0044296_23192798.jpg
















一周ゆっくり回ってみました。
そして、階段を上って一番高い所に出ました。
そこから見た麗江の屋根瓦の街並みです。
b0044296_23214577.jpg
















もう一枚
b0044296_23230110.jpg
















疲れたので東屋の所で
少し休憩です。
そしてまだ上があるので登ってみたらそこは獅山公園に入っていました。
入場料が50元ここでもふたりで25元です。
今回の旅行では入場料は例外なく無料と半額でした。
ここからは昨日登った玉龍雪山が見えます。ようあんな高いところまでいったなあと
感激ひとしおです。
b0044296_23282187.jpg
















ホテルの人に万古楼は
大したことないよといわれたけど、とりあえずは見に行きました。
入り口はいった所で太鼓三回たたくと5元だったので思い切りたたいてきました。
疲れていたので下から見るだけで上には上がりませんでした。
b0044296_23312660.jpg




























ここから上がった分だけ下らないといけません。
石畳の下りは足に堪えます。
金毘羅さんの階段を思い出しました。
b0044296_23334909.jpg
















とは言いながら店を
覗いてわからん中国語で日本語で話しても一緒やと開き直りながら店の人と
話しました。
途中の店で竹筒に入ったご飯と中に何か入ってパンを買って
テーブルに座って食べながら休憩しました。あ~~~あ疲れました。
でも、自力で歩くしかありません。
やっとくだってついたら四方街で麗江古城の中心に出ました。
ここで民俗衣装を身に着けた人たちの踊りを見ました。
b0044296_23390115.jpg
















足がだんだんいうこと聞かなくなってきました。
メイン通りを歩いて大水車まで歩きました。
b0044296_23411453.jpg
















後は惰性でホテルまで歩いて帰ります。
といいながらかばんを買ったり、ブドウを買ったり、菩提樹の実をアクセサリーにしてもらったりと
遊びながら帰りました。
ホテルで休憩して晩ご飯食べに出ました。
麺を食べましたが、旅行中でこれが一番おいしかった。
b0044296_23442504.jpg
















夜歩いた店をのせます。
漢方薬の店 何かと聞いたけど中国語全く分からなかった。
b0044296_23455506.jpg
















楽器の店も多かった。
b0044296_23464307.jpg




























ストールやマフラーの店もい至るところにある。
b0044296_23475372.jpg
















最後は難お店がわからんけど
面白かったので載せます。
b0044296_23485037.jpg
















歩いた歩数は一万歩足らずだけど
坂が多いのと石畳でホテルに帰ったら足がパンパンでした。
お茶の接待を受けて早々と寝ました。

by yukinachan55 | 2017-11-14 22:37 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

老婆二人で中国雲南省 麗江・シャングリラを歩き回る ③麗江郊外藍月谷と玉龍雪山に登る

今日は11月13日です。ホテルは部屋はそんなに広くないけど
まあまあというところです。
朝食は食堂で食べますが、勝手がわからずうろうろしましたが
朝は必ずそうめんに似た麺を食べるようです。
ゆで卵と蒸しパンと豆乳がおいしかった。
麗江古城の中はとにかく歩きだけです。石畳が歩きにくいです。
朝は観光客もいないので静かです。お天気は快晴です。
b0044296_23064848.jpg
















今日は中国のツアーで玉龍雪山にロープウェイで
登るツアーに参加します。
古城の南面の入り口で9時に待ち合わせています。車両番号だけ聞いています。
9時過ぎに道路の反対側からお兄さんが呼んでくれました。
それから2カ所でピックアップして私たち二人を入れて総勢7人のツアーになりました。
一路玉龍雪山風景地区に向かって走ります。いろいろ説明してくれるけど
全く分かりません。単語一つ聞き取れませんでした。
途中酸素とダウンの上着を借りにどこかの店に寄りました。
朝は寒いですが思ったほどではありませんでした。
バスから見える玉龍雪山です。どこから見てもかっこいいです。
b0044296_23140838.jpg
















私たちの載った車は駐車場に止めて
公園内の専用バスで移動します。
博物館の入り口から入りバス乗り場に乗ることになります。
壁にナシ族が使っているトンパ文字が貼ってありました。
b0044296_23175860.jpg
















バスでまずは藍月谷につきます。
ここでは谷に沿って歩くことができるのですが、私たちはカートに乗って移動することにしました。
b0044296_23195564.jpg
















後ろの壁には絵馬のようなものが
所狭しとぶら下がっていました。
b0044296_23215736.jpg




























九塞溝のミニ版です。
人は少なくないけど九塞溝みたいに押すな押すなの状態ではないのでゆったりしています。
カートに乗って適当な所で降ろして見学して次に来たカートに乗って移動するというぐらいです。
b0044296_23295613.jpg
















水のながらと不思議な形状のながらを
楽しみます。
b0044296_23311831.jpg
















ヤクに乗って記念撮影をしています。
b0044296_23324522.jpg
















川は流れていきます。
カートから眺めています。
b0044296_23342783.jpg
















水は透き通るようにきれいです。
瀧の所では結婚式の前撮り写真の撮影が次から次へとありました。
b0044296_23362473.jpg
















本当におてんきはいいし
寒くもなくルンルン気分で水を煮ながら歩きました。
b0044296_23375948.jpg
















お昼になってバスに乗り換えて
火鍋の昼食です。テーブルを7人で囲んで食べます。
辛いかなあと心配したけど、豚骨スープのような感じで辛味はそれぞれでつけます。
おいしかったです。
b0044296_23410508.jpg
















それなりにおなか満腹になるぐらい
しっかり食べました。
バスでロープウェイの乗り間場でかえります。
玉龍雪山は13の峰が南北35km。東西12kmのエリアに並び最高峰な5596mです。
ロープウェイ乗り場は標高3356mあります。
ここからなぜか7人のうち私たち二人と夫婦組の4人で行動することに
なりました。なぜかわかりません。二人のお世話になりました。
ゴンドラは3kmあり15分かかります。
b0044296_23534955.jpg
















継ぎ目の所を通る時大きく揺れて
怖かった。
ゴンドラで着くとさすがに寒い。持参のダウンのヤッケを羽織りました。
展望台からは景色がいいがなんか同じ写真ばかりになっている
氷川公園になっていて氷河が見えると書いてあるがどれかわからへん。
b0044296_23561808.jpg
















ここから急な階段を上って上の展望台を目指すが
なかなかこれが大変、空気が薄い。
b0044296_23584970.jpg
















上の方に見えている階段を上ります。
b0044296_00215190.jpg

b0044296_00022575.jpg





































最後まで上らなかったけど
老人はここまでと決めておりました。

b0044296_00042172.jpg
















下りが又きつかった。
写真では高度感がよくわからない・
下りのロープウエイは並ぶのに少し時間がかかったけど
4人で乗ることができすごかったと話をしました。
酸素はせっかく持って行ったので使いました。
とにかくゆっくりしないとしんどくなるのでスロースローで過ごしました。
二人とも頭痛もなく吐き気もせず高山病にかからなくて幸いでした。
下りのゴンドラからの写真です高度感が出ないなあ。
b0044296_00090076.jpg
















ゴンドラから降りてバスで駐車場まで戻りました。
それからは元の車で一路麗江古城まで戻りました。
途中のバスの中から見た毛沢東さんの銅像です。
b0044296_00111762.jpg
















帰りのバスの中から見た玉龍雪山は
今までよりもあそこまで行ってきたという感情がわき親しいものになりました。
さすがに疲れたので、夕食は適当に済ませシャワーして早めに寝ました。


by yukinachan55 | 2017-11-13 22:59 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

老婆二人で中国雲南省 麗江、シャングリラを歩き回る ②昆明から麗江へ

 二日目11日 昆明から国内線で麗江まで一時間のフライトです。
ホテルは朝食がついているので食堂へ、朝ご飯に必ずそうめんのような麺を
食べています。私たちは丼の半分を作ってもらい食べました。
お味はまあまあです。蒸しパンとゆで卵とヨーグルト
ゆで卵は塩なしでもおいしい、ヨーグルトは甘いけど飲める。
飛行機は一時半発なのでゆっくりできます。
昨日の清算をするとホテルのミスだったので、保証金とホテル代は
帰ってきました。
このホテルは最終日にもう一泊します。
ホテルの周りには何にもありませんでした。散歩をする雰囲気もありません。
ホテルのバスで空港に送ってもらったら案の定昨夜は連れまわしの
ぼったくりにあったことがよくわかりました。
空港についてチェックインはスムースにすみました。
しかし、ここで思わぬことが起こりました。友人が申し込んでいたWIHIの
ルターを申し込んで取りに行く場所がわからない、最初簡単にわかるはずが
あちこち探してもわからない、最終的にインフォメーションのお兄さんに
頼んで電話してもらい、やっと本屋の中にある場所にたどり着いたら
「没有(ありません)」ある所に連れていってほしいといっても、うまくいかない
そうこうするうちに出発に時間になってしまった。
今度は出発30分前に間に合わないといけないのだが、国内線と甘く見ていたら
なんと一番端の出発口になっていて走りに走って間に合った。
うわーこれは先が思いやられる予感がして疲れがドット出た。
飛行機はほぼ満員です。出たのはお水だけです。
飛び立ったと思ったらすぐ降りるように思います。
麗江近くになり下を見たらビルが林立していました。
b0044296_21154667.jpg
















明日ゴンドラで頂上近くまで行く
玉龍雪山が真横に見えました。
b0044296_21173723.jpg
















下を見るとおおきな湖が見えました。
b0044296_21185037.jpg
















空港は田舎の静からかわいい空港でした。
b0044296_21195787.jpg
















空港では前もって予約していた
タクシーがちゃんと連絡で来ていて待っていてくれました。
最近はネットで予約すると普通のタクシーでなく大きなトランクが入る
自家用車のような車で送り迎えしてくれるサイトがありまし。
莞爾のいい車で麗江古城の中にあるホテルまで送ってもらいました。
古城の中は車は入れないので、入り口でホテルの人が迎えに来ていました。
なんか、スムースすぎて中国らしくないけど気分は悪くなかったです。
ホテルは古城の中にあるので古いペンションのような感じのホテルです。
b0044296_21244257.jpg
















部屋に荷物を置いて
とにかくお腹空いての昼食件夕食を食べることにしました。
ホテルの人に尋ねるとレストランまで案内してくれました。
b0044296_21264389.jpg
















揚げ出し豆腐とほうれん草の炒め物
それと鶏の揚げたもの。からかったけどおいしかった。
b0044296_21284094.jpg
















食事が終わって少し町中を散歩しました。
麗江はプアールチャが名産でどこの店にっても平たい円盤のようなお茶が
売っていました。
b0044296_21311431.jpg
















雰囲気のある店が並びます。
b0044296_21322582.jpg
















ここではバラ茶ともう一つ花のお茶と
果物やでザクロを買いました。
このザクロすぐに食べないでスーツケースの中に入れてしまって忘れてしまって
後で食べたらとてもおいしかった。
適当に歩いているけど石だたみは歩きにくくて疲れます。
ホテルに帰った時お茶の接待を受けました。
b0044296_21384624.jpg
















小さなコップに次いでくれます。
飲み干すとすぐについてくれます。
何度もお替りして横置いてあったバラのお菓子を呼ばれました。
ほっとしました。
昨夜遅かったのと昆明空港を走り回った疲れが出てシャワーして草々に寝ました。


by yukinachan55 | 2017-11-11 20:44 | 海外旅行

老婆二人で中国雲南省の麗江・シャングリラを歩き回る ①出発

五か月ぶりの更新です。
この間に国内旅行や韓国旅行などアップしないといけないなあと
思いながらずるずると日にちが経ってしまいました。
これではいけないと旅行から帰ったらとにかく一日目を書くことにしました。
11月10日から18日まで九日間の中国雲南省の麗江とシャングリラを
またまた老婆(70才と68才)二人のハチャメチャ中国旅行です。
今回初めて中国の山東航空に乗ります。
関空から済南経由で昆明まで移動します。
自宅からは電車と空港バスを利用します。リムジンバスは
回数が少ないのですが時間が合えば荷物を持ち歩かなくてもいいので楽です。
今回のる山東航空は中国山東省の済南を拠点にした航空会社です。
関空から昆明は直行便がないので、色々考えた末一番安い飛行機にしました。
友人がすべて手配してくれます。この旅行は私はお姫さん状態で行きます。
関空は今日はすいていて何もかもスムースに行きました。
最近は出国にすごく時間がかかったのですが今日は楽でした。
飛行機は定刻に出発しました。満員でなく助かりました。
期待していなかった機内食ですがさすが日本から出発便なので
ご飯がおいしかった。
b0044296_00460012.jpg
















おやつもついてます。
b0044296_00462690.jpg
















経由地済南でも
ここで降りる人と乗り継ぐ人にわかれ、スムースに入国手続きもできました。
b0044296_00485717.jpg
















中国は行く度に進化している様子がよくわかります。
経由地の済南も大きな空港でした。店の品物もカラフルでかわいい
b0044296_00515118.jpg
















無事昆明につきました。
タクシー乗り場までスムースに行ったのですが、現地時間の12時を過ぎています。
昆明は乗り継ぎだけなので空港に近いホテルをとったのですが、それが災いして
乗車拒否にあい、タクシーの運転手と乗り場の係りの人とわけわからん話をして
出発したのですが。ぐるりと遠回りして、なんかこれはを思っていたらホテルにつきました。
メーターはとめてあったのか50元要求されました。本来は10元で済みます。
高いと抗議したら高速走ったからとかなんとか言っているようです。
ただでさえ分かれへん中国語まくしたてられたらなおわかりません。
結局夜も更けているので、泣く泣く50元払いました。
そしてホテルにチェックインしようとしたら、予約が入っていないと
なかなか部屋に入れません。何とかして~~~~~やと叫んでも
ダメです。
結局200元の保証金と部屋代を現金で払って部屋に入りました。
ああああ疲れた
これはホテルのミスであくる日に全額返ってきました。
まあ、大変ですわ。
疲れたのでシャワー浴びて寝ました。
泊まったホテルです。
b0044296_01073867.jpg

















一日目から大変でなかなか手ごわい旅行になりそうです。



by yukinachan55 | 2017-11-10 22:21 | 海外旅行

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る