人気ブログランキング |

「吉原手引草 」 松井今朝子著

今年直木賞を受賞した作品です。まず表紙がとても素敵です。
吉原という特殊な世界を描いています。
一人語りは良くありますが、この本は尋ねる人がひとりで語る人は大勢います。
吉原の楼主、やり手、幇間、船頭、お得の客などそれぞれが語ります。
武士らしき人が丁寧に執拗に聞きただして、話を聞きだしていきます。
葛城と呼ばれたおいらんについて生い立ちや吉原の生活ぶりや
性格などがだんだんわかっていきます。
語り口が質問をしている人はほとんどでてこないのに、しゃべっている人が
語ることによって、だんだん話がわかってきます。
最初はちょっとまどろっこしいけどだんだんひきつけられていきます。
吉原の風俗も良くわかって面白いです。
町人の武士に対する意地というか、潔さというかおもしろい、
最後の謎解きがなるほどとうならせる。
今までにない語り口がとても面白かった。
当分松井今朝子にはまりそうです。
ご本人のブログです。
トラックバックURL : https://yukinkosan.exblog.jp/tb/7391893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2007-09-03 23:16 | 読書 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る