『舟を編む』 三浦しをん著

 今日は雨の予報です。激しくは降らないけどしとしと降ってます。
涼しいぐらいです。日ごと朝夕ごと気温の上下があるのでしんどいです。
昨日のお昼は暖かく、とても眠かったです。
 三月初めに予約を申し込んでいた。『舟を編む』 三浦しをん著が
確保できたからとブックセンターから連絡が入り直行取りに行ってきました。
 家に帰って読み出したらやめられませんでした。
辞書を編纂するお話です
 本を作る本屋さんの中では地味な存在の辞書編集部の一冊の
辞書『大渡海」が出来上がるまでの、それにかかわったひとびとと
辞書そのものに関するお話です。
面白かったし、すごく勉強になりました。
一気に読んでしまいました。
定年間じかの辞書編集者荒木さん、一生を日本語研究に打ち込む学者松本先生
二人の結束で『大渡海』を編纂することは決まっているけど
定年になってしまうと、辞書の編纂が挫折するかもしれないと
本社の中から自分の後釜にと適当な人物を探し出す。
同僚の西岡君の同期の馬締(まじめ)さん変わり者で
営業部ではまったく存在感のなかったこの人が
辞書編集部にやってきます。
 それに、編集部の事務一般を取り扱う佐々木さんが加わります。
 いきることにすべて頓珍漢で不器用な馬締くんが
辞書編纂の能力が高いことがだんだんわかっていきます。
 馬締君が好きなものの一つに満員電車からはきだされた
人々が何の号令もなくエスカレーターで運ばれていく様子だ
といいます。秩序だった動きがすきなんですね。
これを聞いて荒木さんは辞書編集者に適していると言います。
でも、これは日本だから出来るので、他のくにだったら?です。
辞書はひとつひとつの文字をわかりやすく説明し
辞書を引いた人が納得いくものを作り上げなければなりません、
膨大な言葉の説明も一つ一つ点検し膨大な資料と人手をかけて
作り上げていくものなんですね
彼らの言葉に対する一つも妥協の無い執着心がすごい
 『用例採集カード」はテレビを見ながらも、雑踏の中で知らない言葉が
出てきた時もいつもメモをしながら言葉を収集します。
まったく手作業です。
その過程がすごく、感動しました。
以前にパソコンがすごい便利と言った時『これも最初はキーボードを
一つ一つたたいて出来たのもやで。』といわれたことが有ります
 言葉の魔力に取り付かれたような辞書編集者です。
前編集者の荒木さんも研究者の松本先生も
編集者の馬締さんもみんな奇人の部類に入ると思います。
 彼らを支えた、回りの人がとてもすごいと思いました。
物語は辞書にそんなに興味もなくそれでも辞書編纂に
尽くしてきたちゃらんぽらんに見える西岡君が
5年間いた辞書編集部から営業部へ転勤するまでが一部です。
私はこの作品の中で西岡君が一番好きです。
いい加減に見えるけど、それなりに悩み苦悩しながら
折り合いをつけて生きていく、そして馬締君の足りない所を
最大の努力だでバックアップする素敵な人です。
二部は15年後西岡君の代わりに来た岸部さんの登場で
辞書が出来上がるまでの物語になります。
馬締君の大家さん、大家さんの孫で馬締君の奥さんになるかぐやさん
お友達の猫のトラとトラオ
辞書に使う紙を一番最高のものと努力する宮本さん
辞書の原稿をチェックする学生達
本当に大勢の人によって出来るものなんですね。
色々なエピソードがはまって楽しく読みました。
何でもすぐに売れてすぐに儲かる。
どんなことでも儲からないと駄目だという風潮の中で
じっくりと文化をつくっていくという辞書の編纂が今の世の中で
光り輝くもののように思いました。
「ことば」を大切にしたいなあと思うようになりました。
お勧めの本です。

辞書
言葉という大海原を後悔するための舟

b0044296_13521914.jpg


b0044296_1353368.jpg
トラックバックURL : https://yukinkosan.exblog.jp/tb/18165816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kumi at 2012-04-21 16:38 x
「船を編む」人気がある本なのか予約待ちです。待ってる間に 「運命の人」1~4まで全部借りてまだ読みきれてません
ちょっと焦ってます ^^;
船を編む 面白そうですね
Commented by yukinachan55 at 2012-04-21 19:56
こんばんは。
『舟を編む」は面白かったです。
物事を長いスパーンで考えることの大切さを
学んだような気がします
楽しみに待っていてください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2012-04-20 14:09 | 読書 | Trackback | Comments(2)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る