[老いは楽し」 酒見綾子著

 先日図書館の横の会館に行く予定があったので帰りに図書館に寄ってみた。
ブックセンターでお知り合いになった司書のお姉さんが本を並べておられた。
声をかけると丁度今入ったぴかぴかの新刊ですよと教えてくれました。
その中から選んだ一冊です。
80歳の著者は画家でエッセイストです。
戦中のお話から現在までを、ゆったりとした流れを感じさせる文章を
綴っています。
本もちょっと変形で横幅が広いように思います。
なんと言ってもフォントが大きく読みやすかったです。
老いていくことは、物覚えが悪くなり、身体は病気ではないけど
なんとなく調子が悪かったり実際に病気になったりしながら
お友達を大事にしながら、年老いても明日を見ながらいきていく
姿に元気をもらいました。
b0044296_13594225.jpg



 最近は私のまわりでも、80歳をこえてなおお元気でおられる方に
お会いすることが多くなりました。
日本人の寿命が延びたということは新聞などでよく見ますが
今は実感として寿命が延びていることを感じます。
 スイミングスクールに通いだしてから一年半になります。
若い時はがんがん泳いでいた時もありましたが、
止めてから二十年ぶりに行くスイミングスクールでした。
最初に習ったコーチがまだ健在で声をかけてくださいました。
すごい、スイミングのコーチで長く続いている人すくないので
びっくりしたり、感動したりでした。
退職する一年前に腰を痛め最後の一年はとても苦しい思いをして勤めました。
退職して三年目に入り水の中を歩くだけでもいいかなと思って
週二回のコース 月曜日はアクアダンス、金曜日は腰痛緩和コースの
二つに決めました。欲張らず腰の調子を見て参加することにしています。
どちらのコースも水の中で自分なりに調整できるのでいいです。
一年半になるとメンバーもお知り合いになります。
メンバーの中でもよくよく聞くと80歳以上の方が結構いらっしゃいます。
腰痛緩和コースでいつも先頭で飛び出していかれる方は85歳だそうです。
膝の調子が悪くて一時休んでおられましが、今は元気で先頭を切っておられます。
プールから階段無しでひょいっと上がられます。
 いつも「あんたサボったらあかんで、ちゃんと八回こなあかんで~~」と
いってくれるTIさんは昨年80歳になられました。
夏の暑い時ちょっと体調を崩されましたが、整形外科の先生が
「あんたは止まったら足が動かんようになるからね」といわれたそうで
自転車に乗って今月も八回完走したとにこっと笑っておられました。
 TAさんも昨年80歳になったそうで、「80にもなったらあかん
何でもかんでも忘れて仕方ないわ」
「でも孫の弁当つくらなあかんからもうちょっとがんばらんとな」
「でもプールに来てみんなとわいわいがやがや言ってるのが一番や」
といいながら若い人に負けず歩いておられます。
 お昼のコースなので70歳台の人も多く、げんきはつらつです。
足腰に不安のある方が多いですが、自分なりのやり方でスイミングを
楽しんでおられます。
スイミングスクールなので男女別のサウナしかありませんが
サウナの温度が低い、便所がせまい、廊下が寒い、更衣室がせまい
と文句を言ったり、体調について話したりとサウナで身体を
暖めるちょっとした時間も楽しいです。
 私もプールに通うようになってから、少しずつ足腰が復活しているように
思います。
寒いと出かけるまでが、なかなかですが、
「さぼったらあかんで~」の声に励まされてがんばって続けようと思っています。
トラックバックURL : https://yukinkosan.exblog.jp/tb/17716462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2012-01-31 14:09 | 読書 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る