インドかけあし旅行 二日目(デリーからベナレス)

 二日目は深い霧の中で目覚めました。
朝食はバイキングです。
今日は飛行機の国内線でデリーからベナレスに飛ぶ予定です。
しかし、しかしホテルの前はこんな状態でちょっと離れると
人の姿も見えないくらいの霧です。b0044296_1631304.jpg


インドのガイドブックを見ると乾期の季節が旅行にはベストと書いてありますが
12月1月は霧が発生して飛行機が飛ばない、列車が遅れることが非常に
多いらしい。そんなにどこにもかいてあらへん。
ホテルの壁にかかっていた不思議な絵を眺めながら出発の時間になりました。
b0044296_16342564.jpg


起きた時とまったく状況が変わっていません。
車に荷物を積んで出発しましたが、ほとんど前が見えません。
怖い怖いと思いながら空港に着きました。
国内線でも荷物の検査、身体検査もその都度あります。
空港は新しく近代的なビルになっていて休憩するところもそれなりにありました。
インドらしくヨガのポーズのオブジェです。これもモデルは男性です。
b0044296_16381237.jpg


心配したとおり飛行機は四時間延着で空港で待たされました。
やっととびましたがデリーからベナレスは一時間二十分です。
キングフィッシャーという会社の飛行機です
同じメーカーのビールをこの間ずっと飲みました。
b0044296_16421094.jpg


待つだけで疲れてしまいました。
飛行機延着のため楽しみにしていたサルナート観光がすべて駄目になりました。
博物館の見学はここだけだったので楽しみにしていたのですが、
天候のせいなので、誰に言うことも出来ず、イライラしただけです。
空港からホテルまで走ります。
車から町の様子を撮ったのですが、すでに暗くなっていたのでみんなピンボケでした。
素焼きのつぼの店です。
b0044296_1647132.jpg


昼間の見学がなくなったので、本当はオプションで会ったヒンズー教のお祈りを
見に連れて行ってくれることになりました。
ガンジス川の朝は沐浴する所で夜7時から一時間お祈りの儀式があります。
ガイドさんはヒンズー教のことになると懇切丁寧に説明してくれます。
ガンジス川に近くなると車、自転車のリキシャ、オートバイのリキシャ、オートバイ
歩く人大混雑です。その中を車のクラクションを鳴らししながら行くのはスリルがありすぎます。
大通りから河畔まで歩きましたが、本当にすごい人でした。写真はちょっと怖くて無理でした。
なんせしっかり貴重品を握っていなくてはなりませんからね。
河畔に着くとガイドさんがジンジャーの入ったチャをもってきてくれました。
これはとても美味しかったです。
祈りの時間を待つ人々です。この中のたすきをかけている人が台の上で祈ります、
b0044296_16593092.jpg


始まるとヒンズー教の独特の音楽と歌で始まりました。
私たちは前の店のバルコニーから見ましたが、メインは船に乗っている人々です。
b0044296_1714167.jpg


線香を燃やしたり、ろうそくの灯を振り回したり、とお祈りします。
独特の雰囲気です。その間に鐘は鳴り続けます。
b0044296_1733436.jpg


お祈りする人々です。
b0044296_1765176.jpg


煙の中で一時間お祈りが続きました。何か面白い雰囲気でした。
b0044296_1781449.jpg


b0044296_1784640.jpg


摩訶不思議な雰囲気の中から大通りまで、色々はお店を見ながら歩きました。
気をつけないと人力車に惹かれそうになります。
今日はストーパ等の写真はありません。
明日は朝早くベナレスのガンジー河畔を船で見学します。
トラックバックURL : https://yukinkosan.exblog.jp/tb/17550834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2012-01-06 17:15 | インド旅行 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る