人気ブログランキング |

映画「127時間」

 少し遅くなりましたが水曜日に映画「127時間」を見ました。
実話に基づいたお話ということでした。
実はわたしのツイッターの名前が「127yukinko」なんです。
yukinkoはすでに使われていたので、始めた日が1月27日だったので
「127yukinko」にしました。
この映画の題名を見て偶然でも数字が面白くてぜひ見ようと思っていました。
映画は「絶望的状況の過酷な六日間ー奇跡の生還!!」とありました。
見る前は緊張していましたが、
映画の前半はアーロン青年がユタ州のブルージョンキャニオンで
趣味のキャニオン探索を楽しんでいる様子が本当に楽しくみられます。
日本では絶対見ることができないどこまでも続く砂漠の中を
まずは車で、そうして次は自転車ですごいスピードで
走り去る姿はすごい迫力があって楽しめます。
草木のないところでもハイキングする人がいるんですね。
アーロン青年が知り合った女性達にキャニオン探索を
面白さを教えます。
キャニオンの中に滝つぼがあるなんで素晴らしいです。
 映画の後半はアーロン青年がキャニオンの割れ目のなかに
落ちた時に、右手が大きな石に挟まれて身動きが取れなくなる
アクシデントに襲われます
ここからがこの映画のアーロン青年の戦いが始まります。
どこにも行き先を告げていかなかったことの後悔。
食料はほとんどなく、水もそんなに多くない状態です。
彼の力量のすべてを使ってここからの脱出を試みます
すごい知恵と実力と精神力です。
はらはらドキドキ、いらいら、しながら見ます。
ままならぬ状態で、もっていたビデオカメラが
観客をあきさせない道具になります
ビデオカメラに向ってしゃべってもだんだん遺言めいた言葉になっていきます。
妄想で助かる様子が出てきたり、後半は場面は穴のなかだけなんですが
ぐんぐん引き込まれていきます。
怖いところは手で顔を覆って、指の隙間から見ていました。
俯瞰で捕らえられたキャニオンの隙間は絶望的な状態を思い知らされます。
最後に彼は決断するのですが、
それは映画を見てください。
奇跡の生還しますが、特にドラマチックな描き方はしていません。
でも、最後にスコーンを抜けるような開放感を感じました。
アーロン青年を演じた俳優さんは先日DVDを借りてみた
スパイダーマンのハリー青年を演じた人でした。
かっこよかったです。
この映画を見て、中国のミニヤコンガ山から奇跡の生還をした
松田道雄さんを思い出しました。
彼も遭難した後も山に登りますが
アーロン青年もキャニオン探索を始めいろいろなスポーツを
やめることなく続けます。
面白かったです。
トラックバックURL : https://yukinkosan.exblog.jp/tb/15823976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by caramelmaffin at 2011-07-08 19:26 x
127時間、見たい!明日行こうかな。
Commented by yukinachan55 at 2011-07-08 21:39
山に行く人には絶対お勧めです。
山に登るのとよく似ているけど渓谷の中を
探検するのを見るのも面白いし
日本にはない景色です。
お勧めです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2011-06-24 21:15 | 映画 | Trackback | Comments(2)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る