孫と二人厳寒のロシア旅行に参加して ⑤トルストイの家博物館とボリショイサーカス

三日目の午前中は三か所回る強行スケジュールでした。
昼食に行くバスから見えた公園の入り口のクリスマスツリーは
なんと横になっていました。クリスマスは12月25日と思っていたら
ロシアでは1月7日だそうです。
b0044296_21584215.jpg














昼食はカフェプーシキンで
食べました。スープがおいしかった。写真は仔牛のカツレツです。
私にはとりのカツレツにしか思えませんでした。
b0044296_22081586.jpg














レストランの中は
しっくりした雰囲気ですてきな所でした。
b0044296_22121334.jpg














お昼からはトルストイの家の博物館です。
そろそろ博物館も飽きてくるというか、それぞれ特徴はあるけど
結局は住んでいる場所なので居間、食堂、寝室、書斎、と飽きてきます。
博物館のある場所は閑静な静かなところにありました。
途中で見た協会です。とんがり玉ねぎ坊主の屋根が面白いです。
b0044296_22140126.jpg














ここで写真撮影が
300ルーブル(600円)といわれ家の中を見るのも疲れてきたし写真代ケチりました。
庭には雪が残っていました。何の木がかっこいい姿の木でした。
b0044296_22180376.jpg














三時半になると暗くなってきます。
b0044296_22195226.jpg














トルストイの作品の紹介というよりも
家族と一緒に住んだ様子が中心の説明でした。トルストイの小説は長いので最後までよんでいません、
戦争と平和もアンナカレーニナも途中で放棄しました。
7時からはボリショイサーカスを見学します。
サーカスも広い大きな劇場と一緒でした。
b0044296_22251888.jpg














入るとクロークがあって服を預けます。
広いので迷子にならないように最終集合場所を決めて確認しました。
演技が始まると写真撮影はダメです。
始まる前の会場の様子です。最終的には満員になりました。
日曜日で子供連れが多かったです。
b0044296_22272687.jpg














空中ショーやアクロバットな曲芸
動物クマ、シロクマ、ブードル、沈バンジー、馬などの芸が面白くよく調教されていました。
途中休憩をはさんで二時間でした。
途中休憩の時外に出てぐるりと回りました。食堂や売店やサーカスの案内など
たくさんの人たちがここでも楽しんでいました。
b0044296_22310942.jpg














サーカスが終わって
レストランに移動して夕食です。
ロシアのロールキャベツです。ロールキャベツには思えませんが/
b0044296_22342680.jpg














デザートの虫リンゴです。
ちょっと食べにくかったけどおいしかった。
b0044296_22354238.jpg














今日も一日走り回りました。
チェーホフ。ゴーリキ、トルストイ 来る前にちょっと勉強してきたらよかったと反省です。
旅の準備はするけれども旅に出たら準備が足りなかったと思い知らされます。ははは!!
おなかいっぱい食べてホテルに帰りました。
今回の旅行ではお土産を買う時間があまりないということで
ホテルの近くのスーパーに買い物に行きました。
b0044296_22391676.jpg














地下道をくぐっていくと
大きなスーパーマーケットでした。
チョコレートとお菓子、コケモモとイチゴのジャム、菩提樹のはちみつ、松の実を
買いました。
もっといろいろ買いたかったけど、重たくてこれぐらいにしました。
孫も今回のロシア旅行ちょっと自慢したからお土産がいると
それなりに買い物していました。
明日に備えて今日はぐっすり寝ることにしました。

# by yukinachan55 | 2016-12-18 21:54 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

孫と二人厳寒のロシア旅行に参加して④トレチャコフ美術館新館とチェーホフとゴーリキ博物館

昨日は朝から晩まで走っていたけれども今日の予定を見てもハードな
予定だと思う。でもみんな元気です。
9時15分にホテル出発です。まだ夜が明けずうずぐらい中です。
曇り空でちょっと雨がぱらついています。
傘をさしている人はいません。
トレチャコフ美術館新館は19世紀から現代までの美術品を収蔵しています。
開館は10時ですが20分前に着いたので会館まで待っていました。
現地のガイドさんがいうにはこの美術館を見学する観光客はほとんどいないそうです。
b0044296_01385179.jpg













外で待っているとじんじん冷えてきます。
やっと時間になって入場しました。
新しいだけに広く展示もゆったりしていました。
美術館も博物館もすべて予約が必要でガイドさんはバタバタと慌てていました。
私の気に入った絵だけアップします。
百万本のバラの主人公だそうです。
b0044296_01422281.jpg

























次は
b0044296_01434109.jpg

























次は
b0044296_01442772.jpg













シャガールの絵
b0044296_01454261.jpg













草を刈る人
b0044296_01470359.jpg

























私が一番気に入った彫刻です。
すごい迫力でした。
b0044296_01525763.jpg

























もっとゆっくり見たかったけど
ガイドさんが次の予定があるから早く早くと急き立てられました。
雪道を歩きながらなかなか大変でした。
私は博物館よりも美術館が目的なので次はパスしてここにずっといたかったけど
ツアーではそんなわがまま無理みたい。
次はチェーホフの家博物館に行きました。
この博物館はチェーホフ没後の50周年を記念した1954年に
オープンしたもので寝室や書斎や仕事道具の展示がありました。
b0044296_01544827.jpg













入り口で服を預け
靴カバーを履きます。博物館はみんなこのブルーのカバーを履きました。
b0044296_01570266.jpg













チェーホフの肖像です。
b0044296_01584575.jpg













博物館のガイドさんが篤く語ってくれます。
b0044296_02003515.jpg













資料は豊富で各部屋に
係りの人が一人ずついて見張っています。

ゴーリキの家博物館の前はすてきな協会がありました。
b0044296_02040414.jpg














次に「ゴーリキの家博物館」ゴーリキが晩年過ごした家です。
b0044296_02050597.jpg













この家が有名な建築家が
建てた家でアールヌーボーの海をイメージした家で素晴らしかったです
写真では写せませんでしたが階段がユニークで面白かった。
b0044296_02131598.jpg













上から見ると
b0044296_02143368.jpg













各部屋も素晴らしかったです。
b0044296_02161915.jpg













ゆったりとした素敵な家でした。
これで午前中の予定は終わりです。昼食の食堂に移動です。
レストランの前の通りがイルミネーションのトンネルになっていました。
昼でも曇って薄暗いので昼間でもきれいです。
b0044296_02185119.jpg













見学もだんだんしんどくなってきます。
でもそれなりに面白く名前しか知らなくて作品もほとんど読んでいないけど
日本に帰ったらちょっと読んでみようかなあと思いました。















# by yukinachan55 | 2016-12-18 01:30 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧