メコンに寄り添う古都ラオス旅行 ①出発 今日は移動日

今日から六日間の予定でラオスを訪ねます。
ビエンチャンに二泊ルアンパバーンに二泊機内一泊です。
JU観光主催で総勢7人女性ばかりのこじんまりしたツアーです。
岡山、京都、大阪と参加者の住んでいる地域も違ってユニークな旅になりそうです。
関空に集合、現地通貨よりもドルの方が使い勝手がいいということで米ドルに交換
しようと思ったらなんとすごい列でいつもの違うのでびっくりです。
銀行の人の話によると今は留学生の移動時期で毎年混むそうです。
その上入国にも時間がかかり、トイレも行かずに登場しました。
関空からホーチーミンまで5時間40分のフライトです。
機内食はさすがに日本から積み込んだものでとてもおいしかった
完食しました。
b0044296_11490916.jpg












機内で韓国映画「개춘할망」(キャノーラ)を見ました。
済州島で暮らすおばあさんと孫の話で面白かった。
ホーチミンで飛行機からタラップに降りたら32度の熱風が吹き付けてきました。
冬服で32度はきついです。
b0044296_12035476.jpg












ホーチーミンからビエンチャンまではプノンペン経由で飛びます。
ベトナム→カンボジア→ラオスと飛行機のコースも国際色豊かです。
プノンペンでゲートが移動になったり雨が降り出し出発が大幅に遅れました。
プノンペンでは一度降りて再度登場します。プノンペンの空港が新しくなって
面白そうな店がたくさんありました。時間がなくパスです。
遅れましたが無事ビエンチャンにつきました。
ビエンチャンでは入国手続きも荷物もスムーズでした。
飛行機が遅れたので先にレストランで夕食してホテルに向かうことにしました。
現地ガイドさんはラオ族の29歳の男性です。
食堂は静かな雰囲気のあるところでラオスの生演奏がありました。
ラオス料理はグリーン野菜がたっぷりあってとてもおいしかったです。
ご飯とスープはそれぞれ個別にあり料理は四人分位を一皿に盛っていて
取り分けて食べます。
b0044296_12100165.jpg












少し色が悪いですが
内容は野菜たっぷりで辛くなくおいしいです。黒いのは赤米のもち米です。
少し硬いけどスープに入れて食べるととてもおいしいです。
b0044296_12094661.jpg













鶏肉の焼いたものでたれをつけて食べます。
野菜に包んで食べてもいいです。
小ぶりに切ってあるので食べやすいです。
b0044296_12092633.jpg

















ミンチみたいなのが豚肉で
これはちょっと辛いけどこれも葉っぱに包んで食べるとおいしいです。
後は果物とコーヒーか紅茶が出ます。
ゆったりと食事をしてホテルまで移動してチェックインして
明日の集合時間を確認してそれぞれ部屋に入りました。
すてきなホテルでした。今日は一日移動日でした。


# by yukinachan55 | 2017-02-19 11:34 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行⑤メコン川クルーズとプーシーの丘

ルアンパバーンの一日目はメコン川クルーズとプーシーの丘に登ります。
ホテルはコテージになっていてゆったりした流れの中で
過ごすことができます。池の周りを散策できるようになっています。
食堂では人も少なく慌てずせきもせずゆったりした時間をかけて
食べることができます。食べ過ぎてしまうのがちょっと怖いです。
b0044296_21240537.jpg














メコン川クルーズは15人ぐらい乗れる
ボートのような感じです。エンジンの振動が心地よく感じます。
今は乾期なので急な階段を下りて乗りました。渡した板に乗るのがちょっと怖い
メコン川は見た目はゆったりしていますが、流れは急で渦を巻いているところも
ありました。周りの景色を眺めながら暑くもなくちょっと寒いぐらいで
飽きることなく周りを眺め水を見ていました。
二時間半の時間が長く感じなかったです。着いた桟橋は竹で作られていました。
ちょっとスリルがあります。
b0044296_21302659.jpg














聖地パクオウ洞窟につきました。
洞窟はふたつあって一つ目は多くの仏像が安置されていました。
西洋人の観光客がとても多かったです。
b0044296_21372958.jpg


























洞窟の中からメコン川を眺めてみると
ヒヤッとしました。
b0044296_21405442.jpg


























二つ目の洞窟は急な階段を
5分ほど登ったところにあります。
入り口でガイドさんが懐中電灯を借りてくれました。
b0044296_21423917.jpg


























中に入ると思ったより広くなくすぐに
行き止まりになっていました。懐中電灯を持って探検する積りでいたので
ちょっと拍子抜けでした。一番奥に祭られていた仏様です。
b0044296_21430107.jpg














階段を下りて船から振り返ってみたら
雨期になると入り口が上の方に上がるそうです。
b0044296_21434220.jpg














再度船に乗って対岸にあるれると乱に行きました。
メコン川に面した感じのいいレストランでした。
朝夕は涼しいですが昼間は37度ぐらいになります。
湿気がないので陰に入ると気持ちいいです。
料理は赤米、南瓜のスープ、野菜の炒め物、のり、
そしてたけのこの詰め物です。日本のたけのこより小ぶりです。
b0044296_22015053.jpg














ナマズは香辛料を使ってから揚げにしたもので
臭みもなくおいしかったです。
レストランから覗いて見ると象に乗った観光客が降りてきました。
島で乗って観光ができるようです。
b0044296_22024035.jpg














私たちは像でなく船に乗って
お酒を造る村に移動です。ここで船を降りて帰りはバスで帰ります。
お酒といっても本当に家内工業で作っていました。
試飲したけど甘すぎるので買いませんでした。
b0044296_22033044.jpg














次に織物の村を通り抜けました。
ここは若い娘さんとこどもが多かったです。
店の奥では赤ちゃんが気持ちよくすやすやと休んでいました。
b0044296_22191988.jpg














私は妊婦さんのお店で
買い物をしました。すてきな織物がいっぱいありました。どこも同じような品物です。
村の中を通ってバスに乗りました。
バスから見た小学校の風景です。
b0044296_22214293.jpg














次に紙漉きのお店に寄りました。
黙々と作業をするお姉さんです。
b0044296_22240475.jpg














買い物をしたときは
袋も包装紙もここで作った同じものが出てきました。
分厚くて丈夫な紙です。
これで見学を終えいったんホテルに帰ってからプーシーの丘に登ります。
高さは150mぐらいで会談は350だんぐらいあります。
海抜は700mあるそうです。上に登るとルアンパバーンの街が一望できます。
b0044296_22342160.jpg














ここは夕日の眺めがすてきな所です。
私たちが上った時はもういい席は階段状になっていてほとんどいっぱいでした。
でもそこは大阪のおばさんしてちょっと譲って座らせてもらいました。
沈む前は
b0044296_22372023.jpg















沈むときは歓声が上がりました。
b0044296_22402372.jpg














沈んだ後はこうなりました。
b0044296_22413137.jpg















終わったら階段降りて夕食のレストランに行きました。
町はナイトマーケットの準備に入っていました。
今日もラオス料理です。
まとめて写真撮りました。
b0044296_22443998.jpg














夕食後は町全体が
世界遺産になっている街をそれぞれ散策しました。
b0044296_22465766.jpg














トウクトウクに乗りたかったけど
今回は乗る機会がありませんでした。
b0044296_23575596.jpg














よく遊んでおいしいもの食べて
楽しいお買い物してホテルに帰りました。

# by yukinachan55 | 2017-02-02 22:02 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧