韓国・中国・ロシア三国をつなぐ旅 ⑤ウラジオストクを歩く

昨日の列車による中国ロシアの国境越えは体力と精神力がいる
移動日になってしまいましたが、終わってしまえばそれも旅の一つです。
まあ!一番思ったことはロシアのおばさんやお姉さんのあの
すごい迫力あるナイスバディには勝てないということです。
勝とうとも思いませんが。
今日はウラジオストクの町を歩きます。
今回の旅のために事前に持った学習会で堀江満智さんの
19世紀末から20世紀初期のウラジオストクの日本人街のお話を聞きました。
この時代は堀江先生のおじいさんのお話になります。
明治・大正時代のウラジオストク(ウラジオ、浦潮、浦汐)は貿易や商業が
急速に発達した町で周辺から流入した人々が人種、国籍を問わず協力して
市民生活を築いていました。
日本人は国策による移民でもなく日本を逃れた人でもなく正式を
パスポートを持って渡り、町の発展に寄与し現地に溶け込んで暮らしていました。
その時代は日露関係も良かったが、ソビエトの革命に続く日本のシベリア出兵があり
日露関係も悪くなりソビエト政権の成立と日本軍の撤退で1922年に日本人の大半が引き上げ
1937年には民間の日本人は皆無になった。というお話をおじいさんやお父さんの
持っていた資料をもとに話を聞きました。
民間の人々か築き上げたものを国の政策でダメにしてしまった。
ということだと思いました。
初めて聞くお話でした。
まだ、その時代のものが残っている街を散策します。

この日のウラジオストクは朝から霧に包まれていました。
この季節はいつも曇り空の驟雨が降り続くそうです。
ウラジオストクの町は全体にヨーロッパの風の建物が
続き、アジアの雰囲気はあまりありません。
まずはウラジオストク駅の見学から始めます。
b0044296_20552660.jpg

















前の広場にはレーニン像が立っていました。
レーニンさんは本来はモスクワの方を指さすのですが、そうなるとうしろ向きに
なるので、この像は日本の方角をさしているそうです。
b0044296_20572426.jpg
















霧の中でくすぶっていました。
信号を渡る時にガイドさんが短いから気を付けてください。といわれました。
本当に短かったです。
信号のない所では渡る時は必ず車は止まってくれます。安心して渡れました。
完全に歩行者優先の社会でした。
駅に入場する時は荷物検査があります。
構内はとてもきれいでした。
天井を見るとモスクワのウラジオストクの様子が描かれていました。
b0044296_21030399.jpg
















時刻表がありますが
ロシアではウラジオストクとモスクワの間の時差は7時間です。
列車の時刻表はモスクワの時間で表示されることになっているそうです。
へええと感心しながら、本当にヒロインやなあと思いました。
b0044296_21074800.jpg
















宗教画イコンが飾られていました。
b0044296_21092578.jpg




























プラットホームにおりました。
ここでプラットホームへ出たときに一人遅れた人がいて探しに入ろうとしたら
係りの人に怒られて覗くこともできませんでした。怖かった。
絶対に逆走はできないそうです。
アメリカから送られたという機関車の展示がありました。
b0044296_21111124.jpg
















戦後アメリカと仲が悪くなったけど
線路の幅がアメリカとソビエトでは違ったそうで結局変換しなかったそうです。
プラットホームの高さが違ったりいろいろ見学して出口から出ました。
b0044296_21164845.jpg
















次は与謝野晶子の歌碑の見学に行きました。
静かな住宅街に中にひっそりとありました。
b0044296_21334621.jpg
















今から100年前の1912年5月に
与謝野晶子は夫鉄幹を追いかけてシベリア鉄道に乗ってパリまで行ったそうです。
シベリア鉄道ができて10年ぐらいの時期ですね。
彼女は子だくさんで子供の世話を頼んだり、費用も相当かかったと思われます。
すごいなあ、やっぱりすごいなあと思います。
この日の横に釈迦如来様がいらっしゃいました。すてきなお顔でしょ。
こちらの方が気に入りました。
b0044296_21392770.jpg




























そこを出るとすぐ前にロシア正教の協会がありました。
玉ねぎ坊主の屋根です。屋根の色が二色のものは女性名がついていて一色の建物は
男性名がついているとガイドさんが説明してくれてたような気がします。
b0044296_21423907.jpg




























そこから歩いて
日本人町が盛んな時にみんながお参りしていた浦潮本願寺跡を見学しました。
今は碑が静かに立っていました。建物の基礎も少し残っていました。
b0044296_21460789.jpg




























その後日本人学校を見学します。
ほとんどそのままの状態で残っているそうです。
b0044296_21491555.jpg
















次は堀江満智さんの
おじいさんやお父さんが働いていた堀江商会の建物の見学です。
赤色のすてきな建物でした。そんなに古くなっていない状態のようです。
横を鉄道が走っています。
お話を聞いていたので、違った目で建物を見ることができました。
この建物を見ているとそこ頃の生活は豊かなものであったと想像できます。
b0044296_21550213.jpg
















今回の旅行は総勢35名で
一番困ったことはトイレです。街を見学していても、トイレがありません。この時も
ここの前のスーパのトイレを拝借しました。その後バスで通る時も
そこだけはすぐわかりました。
こどもたちは人懐っこく手を振り大きな声であいさつしてくれます。
b0044296_22042224.jpg
















道端で見たショーウインドーです。
中国からか買い付けたものこんなにして売ってるのかなあと思ってしまいます。
b0044296_22084498.jpg
















学習会の時にもらった当時を
地図を見ながら街を歩きました。当時日本人が住んでいた木造住宅が
残っているというのでガイドさんについて見に行きました。
すごいことに今でも人が住んでいるとこことでした。
b0044296_22045668.jpg
















日本大使館の
建物です。
b0044296_22052708.jpg
















朝鮮銀行が入っていた建物です。

b0044296_22251014.jpg
















ここからはバスに乗って金角湾を
渡2012年に開通した黄金橋を渡ってルースキー島に入ります。
昼食をとった所から見た黄金橋です。霞がかかっていてボーっとしか見えません。
海には客船が軍艦も浮かんでいますが、はっきりしないです。今の季節はいつもこんな感じだそうです。
b0044296_22334105.jpg
















ルースキ島から
今来た街の方を眺めました。
かすかに灯台が見えます。
b0044296_22363910.jpg
















最後の見学は
裏地をストック要塞博物館です。
博物館の中は色々な資料が整えられていました。
博物館は高台にあり街を海が眺められました。
b0044296_22400414.jpg
















なんかここまで来ると
ちょっと疲れてしまってざっと見学しました。
要塞模型です。
b0044296_22404192.jpg
















食料を運ぶ図です。
日本の攻撃に備えていたんだと思います。
結局は使うことはなかったと説明されていました。
各地の要塞の絵が展示されていました。
b0044296_22443003.jpg
















夕食はロシア料理でした。
面白いレストランで食べました。
b0044296_22460024.jpg
















昔の地図を見ながら
現在のウラジオストクを歩く散歩道面白かったです。
新しくなっているけどまだ残っているというものがそれなりにあることに感動しました。
ホテルのベッドが狭く落ちないかと心配しましたが大丈夫でした。




# by yukinachan55 | 2017-06-19 21:17 | 海外旅行

韓国・中国・ロシア三国をつなぐ旅 ➃中国綏芬河から列車で国境を越えロシアクロデコポコへ

四日目はいよいよ中国綏芬河から列車で国境を越えて
ロシアのクロデコポ駅に入ります。
この旅行の一番興味がある所です。
しかしながらとてもとても大変なことになりました。
中国国境の町綏芬河は夜について一泊し朝出発したので
ゆっくり見学する時間はありませんでした。
坂の町でロシア風の建物もありきれいな街でした。
綏芬河駅はここ一二年であたらしくなったそうです。
大きな奇麗な駅でした。
b0044296_22311538.jpg
















駅に入ると列車の時刻表が出ていました。
私たちの列車は9時50分に出発します。
b0044296_22331494.jpg
















この駅で中国出国の手続きをします。
中国のガイドさんとは改札口でお別れです。お世話になりました。
b0044296_22454771.jpg
















列車の切符です。
綏芬河からクロデボコの中国語 71元ですから 1450円ぐらいです。
二等車です。
出国は荷物検査があり、入国審査があります。飛行機のようにシステム化
されていないので、ものずごく時間がかかります。
厳めしい係りの人です。日本人が大勢通ることはほとんどないようです。
無事出国手続きをして列車に乗り込みます。
列車内は片側が三人向かい合わせての席で片側が二人向かい合わせの席です。
b0044296_22542503.jpg
















荷物を置くところがないので
小さいスーツケースは網棚にあげ、床下に横にして置いたりと
苦労しておさめようとしますがなかなか全部収まりません。
前の車両を見るとガラガラ、なんでやろう?そこは交渉して
おさまらない大きなスーツケースだけおいてもらいました。
荷物を収めるだけでひと騒動だったのですが、あとで
ロシア人の持っている荷物に仰天びっくりの状態になります。
b0044296_22534312.jpg
















窓から見た列車です。
列車は定刻通り出発しました。
26kmの距離の所を何故か一時間半かかります。
途中で外の景色を見ていると同じところをぐるりと回っている感じがしました。
国境を越えても案内があるわけでなくわかった人が拍手してくれてわかりました。
途中で交差するのに長い時間泊まりました。
列車の中では私たちの車両は中国人と一緒になりました。
私たちは静かに座っていますが、中国の人たちは
あちこちで宴会を始めます。食料をいっぱい買い込んで楽しく
やかましく歓談しています。
中国の列車にはお湯の設備があるので散歩がてら
見学に行きました。
三両目にあると聞いていたのですが、ありません。
ロシア人が荷物をデッキに山済みにしていて場所が見えませんでした。
後でこの荷物に悩まされることになります。
ロシア人ばかりの車両では三つの席を独占して
横になっているトドのような女性やすごい姿をいっぱい見ました。
なんで、あそこはすいているのやろうと思いながらすごいなあと
歩いてきました。
お湯の出るところを探していたら、ロシアの人が「NONO]というので
よく効いたら私たちがお便所を探していると思ったらしく
列車が止まっている時は使えないと教えてくれました。
この列車も日本の昔と一緒で垂れ流し便所です。
中国人の人たちに挨拶したらそれなりに仲良くなって、
テーブルに山盛りのひまわりの種をいただきました。
みんなで分けて食べたらとてもおいしかったです。
ひとりの中国人の女性が「日本人なのになんでこんな
安い列車に乗るのか?」と質問されました。
日本人がローカル列車に、それも大人数で乗ることは不思議な
光景だったようです。
「列車で国境を越えたかったからです。」と答えておきました。
彼女たちはハバロフスクに行くようでした。
まあなんやかんやあったけど、無事クロデコポ駅にに到着しました。

列車は止まったけど、プラットホームはありません。
大きな荷物を仲間の人に助けてもらって降ろし、えんやらやと
線路に降りました。丁度雨が降ってきて慌てました。
ここからが地獄の行軍が始まります。
駅の入り口が入国審査場になっています。
入り口から私たち5人ずつ入りますが、
手続き窓口は一つしかありません。係りの人はニコッと笑って
親切ですがなんせ時間がかかります。
何とか終わったと思ったら次からが大変なんですが
荷物を持って狭い通路に並んで荷物検査があります。
これがすごいことになっています。私たちはスーツケースと
手荷物だけですが、ロシア人は中国で買い付けたものを
手荷物で検査場へ持ち込みます。
これがまたすごい量で。長椅子ぐらいのテーブルがあり
ソファーがありタンスがあり、引っ越しかと思うほどです。
その上ロシア人は荷物を後ろからバケツリレーみたいにして前へ
送ったりとずるをします。それを見とがめた中国のおばさんが
怒鳴っていたけど、ロシア人はそんなこと知らんふりしていて
さすがの中国のおばさんも負けてしまいます・
私たちは中国人もすごいと思っていたんですが
上には上があるものです。
私の周りの人はスーツケースでロシアのおばさんが入らないように
ブロックしましたが、それでも乗り越えようとするのですごいです。
順番になっていってみますと荷物検査は一つしかありません。
これはひどいと思いました。
結局私たちのグループは最初の人が出てから二時間半以上かかって
最後の人が出てきました。
途中から出てくる仲間を大きな拍手で迎えました。
クロデコポ駅です。
b0044296_23273950.jpg




























ロシア人の荷物です。
こんなのはまだかわいいぐらいです。
b0044296_23291716.jpg
















最後の人はへとへとになって
大変でしたが、とりあえずロシアのガイドさんに迎えられて
予定より三時間近く遅れて昼食の場所に行きます。
駅のトイレは三元で有料でした。
ここからウラジオストクまでバスで移動します。
見渡す限り草原でした。
b0044296_23335169.jpg
















昼食はおいしかったロシア料理でした。

b0044296_23345613.jpg
















ウラジオストクに着いたときは
夜になっていました。昼食とってから時間たっていなかったけど
ホテルの隣のレストランで夕食を食べました。
列車の中の賑わいや荷物検査の行軍から逃れて静かな素敵な
レストランでゆったりとしました。
色々な出会いがあり、お国柄など直接見て経験して
感心したり、びっくりしたりと旅ならではのことがいっぱいあります。
本当に疲れた列車の国境越えの一日でした。
後で思い出すと笑い話になると思います。



# by yukinachan55 | 2017-06-18 22:19 | 海外旅行 | Trackback | Comments(3)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧