メコンに寄り添う古都ラオス旅行 ③日本発NGO『ADDP』クッキー工房見学

お昼からはラオスで日本初NGO「ADDP](アジアの障害者活動を支援する会)
を訪問してスタッフの方から活動の様子をお話してもらいました。
b0044296_13374571.jpg














ラオスでは障害者活動支援の
大きな取り組みはスポーツを通じてレクレーションをするだけでなく
スポーツは障害者に「生きる力」を与えることです。心身が鍛錬され
仲間ができ、仲間との連帯を通じて社会自立を意欲がまし就労などへの道が
切り開かれます。とあつく語ってくれました。
日本からのコーチを派遣して指導したり、競争するだけでなく子供から
年寄りまで男女関係なくできるスポーツなどの工夫もされてきているそうです。
設備やサポーターのことも含めてこれからも頑張っていくと話してくれました。
そのほかに教育を受けられなかった障害を持つ青年たちにITの知識をつける
活動もしています。
また聾者が開く美容院の就労支援も行っているそうです。
b0044296_13581328.jpg














事務局長の中村さんの
お話を聞きました。彼女はラオスで支援を初めて17年になるそうです。
素晴らしい方です。
クッキーの製造と販売はラオスで実を結び始めた新しい障碍者のビジネスモデル
になっています。
障害者支援は最終的にはその人が自立できるようにしなければいけない
というのが基本です。と話されたことが一番胸にどんと来ました。
2013年から障害を持つ女性のためのベーカリー研修を行っています。
東京から有名はプロのパティシエを招聘してラオスでなかった、そして
比較的簡単にできるクッキーを製造販売し自立できるシステムを作り上げる
取り組みを行ってきたそうです。
最初は製造する力をつけることも大変でしたが作ることができるようになると
次はラオスでどのように販売するかが大きな問題だったそうです。
日本の大企業が粗品につかってくれたのをきっかけに地元の企業や
カフェなどを一軒一軒訪問して販路を広げたそうです。
今ではおいしいクッキーを作りパッケージも工夫して製造から
販売まで障碍者によって運営されているそうです。
工房を見学させてもらいました。
b0044296_14100161.jpg















b0044296_14101847.jpg















私がお土産に持って行ったフクロウの折り紙を持って
喜んでいただきました。
b0044296_14103213.jpg














工房でも販売しているので
私たち七人でたくさん買いました。
試食してみると本当においしいです。あっさりしていてそれでいて何とも
言えない甘味があります。
帰ってからお土産に渡したらみんな感動するぐらいおいしいといってもらえました。
自分自身の支援の在り方も考えなあかんなあと思って
工房を後にしました。

次は織物工房とショップを訪ねました。
庭には織機が並べられていて一人ずつ機織りをされていました。
b0044296_14245334.jpg














手と足を使って複雑な柄を
編み上げていきます。
ラオスの平均月収は200ドルぐらいで織り子さんは80ドルぐらいだそうです。
ショップではすてきな製品が所狭しと並べられていました。
三階には非売品の民族衣装が飾ってありました。
b0044296_14282088.jpg


























それぞれお気に入りのものを買い物して
後は夕食です。ラオ式中華料理でした。
食べるのに夢中になって写真を忘れていました。
最後の出てきた魚名前忘れたの料理です。やわらかくておいしかった。
b0044296_14303512.jpg














いったんホテルに帰ってから
ナイトマーケットに行きました。
人は多いけど、肩がぶつかるほどでなく品物も買いやすく
楽しい買い物ができました。袋物や着るものが多かったです。
b0044296_14362471.jpg














今日でビエンチャンは最後で
明日はルアンパバーンに飛行機で移動します。

# by yukinachan55 | 2017-02-20 22:20 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行 ②ブッダバークと友好橋

二日目は9時出発でまずはブッダパークの見学です。
ホテルから南の郊外の方へメコン川に沿って走っていきます。
舗装は道路の真ん中だけです。乾期のために両側の樹木は
埃で真っ白です。雨期を待っていることでしょう。
ゴミは散らかり放題でした。乗った車はワゴン車で時々
お尻が飛び上がるぐらいバウンドします。久しぶりの経験です。
そのうちブッダバークにつきました。
b0044296_21530494.jpg













入ると売店があって
焼きバナナを焼いて売っていました。売店が二件あるだけでした。
焼きバナナはまあおいしいこともなくまずくもなかったです。
入場すると多くの仏像が順序もなく無造作に置かれていました。
かぼちゃの形をした仏像があって口が入り口になっていて中に入ることができます。
中は三階建てになっていて地獄と地上と天国になっていて
ここでも無造作に仏像が並べられていました。らせん状の階段を
登るのはスリルがありました。サルの顔に見えるのですが?
b0044296_22045899.jpg

























上から見た公園のタコの足上になった仏像です。
体は地下にあるようです。ガイドさんの説明がいまいちよくわかりません。
b0044296_22081847.jpg













降りてみると顔の細長い観音様がいました。
観音菩薩様と思うけどわかりません。優雅に寝ておられました。
b0044296_22122034.jpg














次は薬瓶持っているから薬師さんだと思うのですが
b0044296_22151612.jpg

























いっぱいあるけど次は面白いけど仏像かなあ
海野神さんみたいな気もします。
b0044296_22165839.jpg

























まだまだ面白い仏像がいっぱいありました。
プルメリアの白い花が散っていて拾ってお供えしました。
なんかわけわからんかったけどそれなりに面白いテーマパークでした。
次はメコン川をはさんでラオスとタイに初めてかけられた友好橋を見学に行きました。
全長1174mで車は二車線になっていて歩道もあり、真ん中を鉄道が走っています。
私たちは歩道を歩いて国境付近まで行きました。
車が怖いぐらいな勢いで走っていきます。
ラオスは車が右通行ですが。この橋ではタイに合わせて車左通行でした。
国境だからといって緊張感は全くありませんでした。
b0044296_22255734.jpg













昼間は36度ぐらいになるのでとても暑かった
昼食はラオ式フランス料理でした。
料理は注文して決めます。
ゆったりと洗練されたテーブルセッティングで料理も素敵でした。
前菜サラダとテリーヌです。
b0044296_22304074.jpg














メインディッシュの魚料理です。
b0044296_22315523.jpg















デザートもおいしかった。
b0044296_22325163.jpg













最後にコーヒが出てきました。
本当に満足しました。おいしいものを食べると心豊かになる感じがします。
午前中はこれで終わりです。
レストランの外観です。
b0044296_22565844.jpg














隣では家の解体工事が行われていました。
b0044296_22580175.jpg














午前中はこれでおしまい市内に帰りました。






# by yukinachan55 | 2017-02-20 12:20 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧