<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

県立淡路島公園のあじさい祭りに行く

 日曜日天気予報は雨が降るということだったんですが
朝方は降ったけどお昼から晴れるという方にかけました。
10時に大阪から新快速で神戸まで各駅に乗り換え舞子まで
舞子から高速バスでひと駅淡路インターでおります。
いつもは夢舞台に行くのだけど、今回は紫陽花がメインで
初めて淡路島公園に行くことにしました。
淡路インターのバス停で降りてから、高速道路の下の狭い通路を通って
急な階段を登って橋を渡ってハイウエイオアシスに行きました。
道路中心の道を歩いて渡るのは大変です。
オアシスで淡路島名産の玉ねぎがたっぷり入ってラーメンを
食べてから出発です。
ハイウエイオアシスの裏から公園に入ります。
直ぐに紫陽花が咲いています。
b0044296_07815.jpg


しばらく歩くと紫陽花の里のあじさいの谷の看板があります。
その前に紫陽花クイズラリー実施の看板があり解答用紙をもらいました。
b0044296_09522.jpg


赤いバッチが五問全部正解でもらったものです。
b0044296_094118.jpg


公園は丘陵をそのまま使っているので紫陽花の里は階段をぐんぐん降りていきます。
がくあじさいです。種類が多く名前は書いていないのでわかりません
b0044296_013455.jpg


階段状になっているので下から見たアナベルです。
b0044296_0135317.jpg


変わった色の紫陽花がたくさん軍団で咲いていました。
b0044296_0144791.jpg


こちらもすごかった。
b0044296_0154496.jpg


谷底まで着くと両側に満開の紫陽花が続きます。
b0044296_017220.jpg


b0044296_0174341.jpg


芝生の周りも紫陽花ていっぱいでした。
b0044296_0203620.jpg


墨田の花火という名前でした。
b0044296_0212078.jpg


まだまだ続きます。
b0044296_022386.jpg


b0044296_0224269.jpg


紫陽花の花を堪能したあとは広い広い公園を散策しました。
スカシユリと池です。
b0044296_024192.jpg


この喪たちは水遊びを楽しんでいました。
b0044296_0244569.jpg


ここには白い紫陽花が満開でした。
b0044296_0252677.jpg


紫陽花を楽しんだあとは岩屋港までハイキングです。
ほとんど人も車も通らない道を3.3km歩きます。
アスファルト道をぐんぐん下って行きます。足の裏が痛くなってきました。
一時間足らずで岩屋港につきました。
ここから船で15分で明石港に着きます。
乗った船です。
b0044296_029438.jpg


明石大橋の下を通っていきます。
b0044296_030504.jpg


気持ちいい風が吹いています。
青空がひろがり、いいお天気でした。
b0044296_031369.jpg


明石港に着いて魚の棚を散策して
卵焼きを食べました。
b0044296_0325856.jpg


久しぶりに来た明石の駅前は昔の店が取り壊して工事中でした。
今日は紫陽花の満開の時に見ることができて最高でした。
楽しい一日になりました。
by yukinachan55 | 2015-06-23 00:39 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

岡山総社・吉備路の古墳群をたずねて

 6月13日 吉備路の古墳群を訪ねるバスツアーに参加しました。
集合場所に行くと大勢の人でいっぱいでした。
バス二台で参加者数60名ぐらい、それにまずびっくりしました。
すごい人気で、私もいい年だけど見るからに年上の人が多いです。
バスはゆったりしていて楽に過ごせました。
b0044296_12572544.jpg


大阪から山陽自動車道・岡山自動車道を通って総社につきました。
三時間半かかります。
やっぱり遠いです。
まずは国民宿舎で昼食です。
大広間に60名並ぶと壮観でした。
昼食は美味しかったです。
b0044296_12492379.jpg


昼食後まず造山古墳の見学です。
バスから眺めると民家が建っていてわかりにくいですが
前方後円墳です。
5世紀ごろに造営されたもので吉備氏の勢力が一番大きい頃のものだそうです。
日本でも四番目に大きい古墳です。
b0044296_1321612.jpg


古墳は宮内庁の所管になるところがほとんどで中に入ることは
許されていません。
造山古墳は登ることができます。
後円墳から前方墳の方へ歩いていきます。
お墓の上を歩いています。
b0044296_1371281.jpg


後円墳を眺めたところです。
b0044296_13104851.jpg


何故か石棺がむき出しで置かれていました。
b0044296_13434356.jpg


ガイドをしていただいた先生のお話ではここは盗掘されずに
埋葬されたまま残っているとのことでした。
古墳の上から眺めが吉備路の田園風景です。
何もない広いところから見たらすごいものだったと思います。
b0044296_13451020.jpg


賠塚の一つである知足古墳はいま調査中だそうです。
b0044296_13463445.jpg


次に楯築遺跡に行きました。
b0044296_13482326.jpg


遺跡が公園になっていますが、遺跡の一部は工事のためつぶれたそうです。
先生の説明を聞きながら見学しているのですが
興味のない人から見たら、何してるんやろう????と思うでしょうね。
b0044296_135094.jpg


遺跡の中にある神社の中に祭られていた狐帯石です。
小さな窓から覗いて写真撮りました。
b0044296_13512582.jpg


次に風土記の丘の中のこうもり塚古墳の見学です。
b0044296_13524225.jpg


途中で先生がバスから見える古墳を紹介してくださるけど
小山みたいなのが見えるけどどれがどれかわかりません。
こうもり塚古墳は田圃の中にありました。
b0044296_13542631.jpg


横穴式石窟の中に石棺が置かれていました。
順番に中に入ってみました。鍵がかかっていて扉の外から
懐中電灯で照らしてみました。
b0044296_1357224.jpg


次は国分寺・備中国分寺跡に行きました。
五重塔は岡山県で唯一ここだけだそうです。
b0044296_1404127.jpg


五重塔を見て庭のアジサイを眺めていました。
b0044296_1412582.jpg


本殿にお参りしている間に先頭集団は江崎古墳の方へ移動したようです。
b0044296_143336.jpg


半数は取り残されたけど、疲れていたので、駐車場横の売店で
アイスクリームを食べビールを飲んでみんなが来るのを待ちました。
60人が動くのは大変です。
往復7時間のバス移動はしんどいけど
実際の場所を見てそこで風に吹かれていにしえの世界を想像するのは
いいですね。
楽しいバスツアーでした。帰りは新大阪で降りて帰りました。
by yukinachan55 | 2015-06-13 13:14 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

朝鮮半島から山東・遼東半島への旅 ⑥

 今日は旅行の最終日です。
大連14時半発の飛行機に乗るのですが
この欲張りツアーはまだまだ予定がいっぱい入っています。
大連で二泊した中山ホテルは38階が屋上レストランになっていて
回転します。あんまり気持ちのいいものではありませんでした。
朝食は回転レストランでバイキングです。
b0044296_14294394.jpg


朝の散歩で大連駅付近まで行ってきました。
町並みは花が植えられ綺麗に整備されていました。
この道路のしたが大きな地下商店街になっていて
地下鉄の駅につながっています。b0044296_14312287.jpg


地下をくぐると大連駅がすぐ目の前にありました。
b0044296_14332359.jpg


今日のメイン行事は大連人民対外交流会表敬訪問があります。
代表者の方が人民委員会を訪問します。
日曜日にも関わらず事前に連絡してあり代表者の方と通訳の方が
待っていてくれたそうです。
私たちその他のものはその間バスで市内見学です。
世界平和のモニュメント市内を回っている間に何回も見ました。
b0044296_14382638.jpg


大連は広場の街と言われるようにあちこちに大きな広場が整備されていました。
b0044296_14392588.jpg


旧満鉄本社を訪れましたが、中にははいれません。
b0044296_14404831.jpg


表敬訪問が終わるという連絡を受けてバスで迎えに行きました。
せっかく来たのだからとトイレを借りたいと申し入れて
私たちも建物の中に入りました。
表敬訪問のあと玄関で記念撮影です。
b0044296_14435369.jpg


建物の表の標語は「為人民服務」(人民のために働く)でした。
b0044296_1445253.jpg


今回のツアーでは買い物する間もなく見学しまわっていたので
みんな揃ったところで買い物時間をとりました。
私は菊茶と白酒と瑪瑙の腕輪を買いました。
めちゃくちゃ物価が高いと思いました。
そして最後に旧大和ホテルの見学に行きました。
大和ホテルのガイドがついて案内してくれました。
田中角栄と周恩来が会見した部屋です。
b0044296_14473458.jpg


いろいろおもしろおかしく説明してくれましたが
これがホテル自体があまりにも古くなってしまっていて
高級感も何もなく、トイレに行ってあまりにも汚いのにびっくりしました。
観光のためだけに置いてあるような気がしました。
ホテルの前の中山広場の周りはユニークな建物があり
面白かったです。
中国銀行前の小さい建物が昔のもので後ろに建っているのが現在のものです。
b0044296_14513764.jpg


これも日本が作った古い建物です。
b0044296_1452384.jpg


これで欲張りツアーの見学は全て終了しました。
大連のガイドさんが最後の挨拶でみなさんのおかげで大連港につく
大きなフェリーも初めて迎えることができ、人民委員会の建物にも
初めて入れました。みなさんのツアーでなかったら私は一生あの建物には
入れなあったと思います。と言われたのが印象的でした。
ガイドさんと空港で別れ大連空港に入り、昼食とりました。
私は朝食のバイキングのパンとお茶で済ませました。
大韓航空なので大連から仁川経由で帰ります。
仁川空港では二時間半の待ち時間があったけどなんか慌ただしく過ぎました。
最初の日に仁川空港に降り立った時が遠い遠い昔のように思います。
まずはパン屋さんに行きあすのパンを用意し
軽食を食べました。
薬屋さんで頼まれた薬を買い、本屋さんで一冊本を買いました。
この本(私はたかが30歳だ)が面白く今夢中で読んでいます。
仁川空港でパレードを見てああここは韓国だと思いました。
b0044296_155260.jpg


仁川空港から関西空港はひっととびでした。
今回の旅行はテーマのあるツアーだったので最初は
びっくりしたし、内容が濃く、ついて行くのが大変だったけど
結果から言うと楽しい旅行になりました。
一人の旅行でも結構走り回っているけどまあ欲張りツアーには
感心しました。
参加者全員が怪我もなく病気もなく無事帰れたことが
最高でした。
ご一緒していただいたみなさんの学識といろいろな経験を
楽しく聞かせていただいたし、本当に勉強になりました。
次の旅行はだらだら旅行にしたいと思っています。

追加
関空に着いて一安心と思ったらスーツケースが出てきたとたん
真っ青!!
関空の荷物取るところは持ち手がきちんとこちらを向けてくれているし
と褒めていたところ
スーツケースのコマが一つ根元から取れてしまっているあ~~~あ
手続きしたけどめんどくさいいややなあ。
スーツケースは宅配で送り、あくる日保険の手続きに半日かかった。
保険金は降りるそうです。
どうしたらこんなことになるのかと思うような壊れ方です。
帰りでよかった。行きしなや途中やったら最悪と思って
諦めることにしました
写真撮って「長いことご苦労さんやったなあ」と言い聞かせて
さっさと捨てました。
b0044296_15175612.jpg


二日目にドッと疲れが出ました。はははは111
一気に作ったので誤字脱字が多いと思います。
ご理解ください。時間が出来たら後で書き直します
by yukinachan55 | 2015-06-06 14:22 | 海外旅行 | Trackback | Comments(6)

朝鮮半島から山東・遼東半島への旅 ⑤

 旅行五日目は山東半島から遼東半島へ渡りました。
大連はヨーロッパ風の美しい街です。大都会です。
地下鉄建設もあちこちで工事の場所に出会いました
三月に一部開通したそうです。が人はほとんど乗らないそうです。
ガイドさんも一回乗っただけで便利だけど????だそうです。
青島でも地下鉄工事が目につきました。
中国では地下鉄建設があちこちの町で急ピッチで進められているようです。
b0044296_12425389.jpg


今日は今回の旅行でも重い重い一日になりました。
大連から旅順へバス移動します。
バス移動の両側には大きな建物が建てられ外国の企業が
多く進出しているそうです。
それに加えて市の方針で大学を始め学校を市街に移転させているようです。
以前に来た時とは全く変わっていました。
モノレールの建設も急ピッチです。旧市外に街ができて
人も多く移動しているようです。若い人が目立ちます。
b0044296_12485133.jpg


海沿いに走っています。
b0044296_12494895.jpg


今日の最初の見学地は萬忠墓記念博物館です。
(日本軍による最初の蛮行旅順大虐殺事件について展示している)
b0044296_1254469.jpg


最初にガイドさんからの注意がありました。
ここは最近になって日本人に解放されました。
内容を考えて真摯に見学してくださいと有り、
今回は私たち日中友好の団体のために特別にガイドさんの案内が
つきました。
写真撮影は禁止でした。
要所要所で丁寧な説明がありました。
私はだんだん気分が悪くなり苦しくなってきて吐き気がしてきました。
なんでかわからないけど自分の気持ちが制御できなくなって
途中で館外に出ました。
なんでかわからんけど、涙が出て止まりませんでした。
みんなが出てくるのを外で待ちました。
内容が重く苦しく本当にしんどかったです。
犠牲者のお墓にみんなで黙祷しました。
心から「ごめんなさい」という言葉が出てきました。
日本人ということをここでも強く感じました。
旅の目的を承知して参加した旅でしたが
こんなにも辛い重い見学になるとは思いませんでした。
他の参加者の皆さんも同じ思いだと思います。
b0044296_133381.jpg


次はまたまたしんどい旅順日露監獄旧跡博物館に行きました。
空の青さが似つかわしくないぐらい建物の入口は明るかったです。
ここも最近日本人に解放されたそうです。
左側のグレーの建物がドイツが建てたもので右側の赤い建物が日本が
立てたものです。広い広い博物館を順に見て回りました。
b0044296_13102814.jpg

当時のものが資料として展示されています。
再度写真を見るだけでしんどくなります。
写真をアップしたくない気持ちが強くなってきます
b0044296_1371492.jpg


韓国の方がここの見学に来ると必ず来るところ
安重根が収監されていた独房です。ここでガイドさんの説明を
きいています。
b0044296_13143545.jpg


狭い迷路のようなろうかを通って見学します。
各部屋の名簿が掲げられていました。狭い部屋に5.6人入っていたようです。
b0044296_13165063.jpg


b0044296_13175229.jpg


またまた気分が悪くなり、途中で切り上げて出口で急ぎました。
とても広くてまだまだ資料などがある部屋がありました。
最後になって伊藤博文を暗殺した安重根を特集してある
部屋を見学しました。
中国側の安重根に対する真摯が気持ちが伝わる展示でした。
彼が書いた多くの書が展示されていました。素晴らしいものでした。
b0044296_13215367.jpg


気の重さと暑さでグタグタになりながら人間って勝手なもので
お腹がすいてきます喉が渇きます。
売店で売っていたアイスキャンデーを美味しく食べました。
昼食後日露会談が行われた水師営会見所の見学に行きました。
b0044296_13271298.jpg


以前に来た時には周りはあれた土地だったのに
今はマンションが立ち並んでいました。
さあ次は有名な203高地に行きます。
日露戦争の激戦地で両軍あわせて一万人以上が命を落とした所です。
今は樹木が生え山になっていますが当時ははげ山やったそうです。
それにしても、戦争とはなんとひどいものかと実感します。
途中からちょっとしたミニ登山になります。
頂上から見た旅順港です。幸い今日は晴れていて綺麗に見渡すことができました。
b0044296_13325980.jpg


慰霊塔は砲弾などで作ったもので土台の石も日本から持ってきて建てたそうです。
慰霊塔がいくら立派でも仕方ないです。
慰霊塔など作らんでもええように戦争はしてはいけないと再度確信しました。
b0044296_13352358.jpg


山を降りて旅順の街をバスの車窓から見学しました。
豊富な果物を売っている露店です。
b0044296_13372100.jpg


大学跡の建物です。日本が建てたもので今でも使っているそうです。
日本が作った現存する多くの建物が今でも使用されているようです。
b0044296_13384100.jpg


気分転換に路面電車に乗る体験をすることになりました。
電車賃一元持って乗ります。
みんな大喜びです。最初に乗ったときなそれなりにすいていたのですが
四つ目の駅で降りるとき電車の乗車口と降車口が違う
満員で押し合いへし合い31人が降りるのは壮観だった
中国人も顔負けの勢いでした。
降りて確かめたら全員無事に降りました。ガイドさんがホット一息!!
b0044296_13453270.jpg


最終日に大連のアカシア祭りに参加予定が
アカシアがすでに散ってしまっていて見ることができないということで
山の上の咲いているところにつれて行ってくれました。
紫のアカシアです。暮れなずむ夕方の光の中で咲いていました。
地面は散ったアカシアの花の絨毯になっていました。b0044296_13465866.jpg


高台から大連の街を見ました。
記念撮影をとってくれる中国のガイドさんです。
本当にお世話になりました。
b0044296_13491512.jpg


夕食は餃子のお店に行きました。
美味しかったです。
b0044296_13504079.jpg


今日も一日濃厚な時間を過ごしました。
by yukinachan55 | 2015-06-05 12:39 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

朝鮮半島から山東・遼東半島への旅 ④

 5月29日旅行四日目です。
昨日は韓国仁川から中国青島へそしてバスで4時間の威海へ
朝起きてホテルの部屋の窓から見たら海が広がっていました。
今日は曇り空から朝日が昇っていました。
b0044296_2230653.jpg


食事の前にホテルの玄関に出てみるとカッチが
木に止まっていました。
韓国では国鳥だと思うのですが、この地域でもいてるんや。
b0044296_22331031.jpg


朝食はバイキングでジャージャー麺があったので食べました
全体的にどれも美味しかったけど
食べすぎに気をつけないと思ってセーブしました。
今日はまず威海からフェリーに乗って龍公島にわたります。
b0044296_22383156.jpg


小さい方の舟です。20分ぐらいで着きます。
b0044296_224221.jpg


バスを降りるとどこからがさくらんぼ売りのおじさんが現れて
売り始めました。400グラム20元から25元ぐらいでした。
みんなで買いました。昨日もトイレ休憩の時にも
売っていました。お味はとてもおいしかったです。
b0044296_22491210.jpg


龍公島は日清戦争の時激戦地だった島です。
今は島全体が公園になっていて甲午戦争博物館をはじめ
史跡を見ることができるようになっています。
b0044296_2252648.jpg


まずは今日のメインの甲午戦争(日清戦争)博物館の見学です。
b0044296_2254153.jpg


日清戦争の資料を見ながらガイドさんの説明を聞きます。
膨大の資料や展示物を見ながら学習しました。
b0044296_2327516.jpg


b0044296_23284874.jpg


博物館は資料・模型・映像などを使ってリアルに分かるようになっています。
戦争のむごたらしさ、無意味さ、今までも当然のこととしてわかっていたけど
現地の博物館で、感覚としてよくわかり、日本人なんだと改めて確認しました。
そしてだんだんしんどくなってきましたが、今戦争にしてはいけない、
戦争に反対することを自分ができることをしなければならないと改めて
決心しました。
最後の展示で中国の国土の展示がありました。
b0044296_1125273.jpg


それぞれの国が向かっているところ,利害関係となるとなかなか
容易ではないけど、武力はいかん、話し合いでなんとかしなくて
との思いもを強く感じました。
次に提督署跡を見学しました。
四合院の形をとった中国の建物で提督がいた跡を
博物館のようにしていました。
b0044296_1175848.jpg


b0044296_1184023.jpg


当時の使用した遺物の展示もありました。
b0044296_1195742.jpg


このような博物館の展示を見るのにはしっかりと気分を
落ち着かせてみないとめちゃくちゃしんどいです。
中国の人の見学者も団体でこられています。
若い人が多いなあと思いますが、観光地化されているなあと思いました。
あとはきた時と同じようにフェリーに乗って威海まで
帰ります。
威海市から演題市まで海岸線をバスで移動します。
車窓からみるまちは整然としていて塵一つなく
中国のイメージとは全く違う綺麗な美しい街でした。
煙台のストランで昼食をとりました。
中華料理は円卓をかこみ次から次への料理がでて
それぞれが順にとって食べるので写真と気づいたときは
料理がない!!!
食事か終わって入口のところに並べられた食材です。
b0044296_11244319.jpg


b0044296_11252968.jpg


次は私が今回の旅行で一番楽しみにしていた渤海を大型フェリーで渡ります。
b0044296_11283195.jpg


しかし、残念ながら今までずっと天気が良かったのに
乗船した途端に雨がザンザン降ってきました。
甲板に出てみても何も見えません。楽しみにしていた船からみる
夕日も見ることができませんでした。
演題から大連まで6時間あまりの船旅になります。
ゆっくり休めるように二人べやをとってくれました。
ベットが二つとトイレシャワー室が付いています。
私は同室の方と気があって休憩するどころがしゃべりまくってしまいました。
夕食は船内の食堂で中華料理です。
船長さんが歓迎のご挨拶に来てくださいました。
船長さんと中国のガイドさん曹さんです。
b0044296_11365216.jpg


船長さんが書いてくださった書とガイドさんです。
b0044296_11381111.jpg


食後そのまま残ったメンバーとガイドさんとの
ホットトーキングがおこなわれ、私も片隅で聞いていました。
結局ほとんど休憩することなく
大連の港には11時すぎにつきました。
ホテルにはやっと今日中につきました。
今日も強行軍の一日でした。
by yukinachan55 | 2015-06-04 22:02 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

朝鮮半島から山東・遼東半島への旅 ③

 5月28日今日は韓国から中国の青島に移動する日です。
朝は5時20分集合、朝ご飯は当初お弁当にする予定だったのですが
アリラン航空(現地旅行会社)の社長さんが朝ごはんはちゃんと食べないと
ということで空港近くの「コンナムルクッパ」の店に予約をしてくれました。
店につくと食べるように並べてあると思ったら並べていない。
30人分を並べるには時間がかかり、やきもきするけど
クッパ(汁ご飯)はとてもおいしくて途中でやめられない。
空港へはぎりぎりで間に合い、飛行機への搭乗が始まっていました。
席について一同ホットしました。
仁川から青島行の飛行機はすいていたので席を移動しました。
飛行時間一時間30分軽食が出ました。
青島につく前に飛行機の窓から見た景色です。
b0044296_1854331.jpg


青島空港はこじんまりした空港でした。
一番心配だった空気はきれいなもので一安心です。
b0044296_188527.jpg


韓国の社長さんとガイドのノ・ユジンさんが中国への旅にお客様として
ご一緒することになり一行は31人になりました。
中国のガイドの曹さんと合流しました。
一同バスに乗ります。このバスは乗り心地がいまいちでした。
青島市内観光はまずは青島ビールの工場の見学から始めました。
b0044296_1832795.jpg


b0044296_18324756.jpg


中国の内地からの観光客も多く、中国の人はどこでもかしこでも
ポーズを取って写真を撮ります。
建物の中は博物館になっています。
b0044296_18391590.jpg


そして稼働しているところは作業を見ることができます。
b0044296_18352959.jpg


途中で試飲する場所があり、ピーナツのおつまみとコップ一杯の
ビールが出ます。おいしかったです。
見学の最後ではピッチャーに入れてビールを試飲できました。
ここで、ビールのお茶とピーナッツを買いました。
ビールのお茶はまだ飲んでません、飲んだらどんな味が報告します。
昼食は飲茶でした。焼き餃子がおいしかったです。
中華料理は人数が多い方がいいですね。写真なし
食事の写真だんだんとらなくなってしまいます。
次に小魚山公園に行きます。高さは61mの小さな山ですが眼下に
広がる旧市街の街と海岸線が素晴らしかった。
b0044296_1844211.jpg


結婚式の前撮りの写真の撮影があちこちで行われています。
赤い屋根がとてもかわいいですb0044296_18443226.jpg


次に1910年に建てられた市内で最も古い教会です。
ここでも撮影会が行われていました。
b0044296_18485618.jpg


次に八大関景区といわれる洋館が緑に囲まれて残っている
街を少しだけ歩きました。
b0044296_1922682.jpg


メンバーの一人の両親と兄弟が青島に住んでいたという住所が
今もありそこを訪ねました。
家はなくなっていましたが昔の塀は残っていました。
あとは桟橋を車窓から見ました。タイミングがちょっと連れています。
b0044296_193141.jpg


これで青島の市内観光は終わりバスで威海に移動します。
地図で見ると近くに感じるのですが、中国は広い!!
4時間と少しかかりました。
威海の街も小さな町と説明がありますが、人口は260万人です
途中では見る景色もなく、道が悪く寝るにもどんどんと響き
その上車もビビッて音がするし、結構なスピードで飛ばすので
落ち着きませんでしたが、そのうち寝てしまっていました。
トイレ休憩もトイレ休憩だけでした。
ガイドさんの説明で山東半島はラッカセイが有名だそうです。
日本から落花生を持ってきた人が産地を見たら山東省だったので
びっくり山東省から日本に行き、また山東省に帰って来た落花生でした。
バスから見た景色です。
b0044296_18593792.jpg


夕食はホテルでとりました。
今日も朝から強行軍の一日でした。
by yukinachan55 | 2015-06-03 17:14 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

朝鮮半島から山東・遼東半島への旅 ②

 韓国での二日目は5月27日は韓屋(韓国の昔の民家)
で目覚めました。
二手に分かれての分宿でした。
昨夜は遅かったので周りはわかりませんでしたが、
韓屋村の中の民宿がかたまっているところでした。
玄関です。
b0044296_9331396.jpg


部屋はオンドルが入るようになっていて薄い布団でねます。
この部屋にはシャワーとトイレが一緒になっていて
湯船はありません。慣れないと寝にくいです。疲れてぐっすり寝ましたが。
b0044296_9385258.jpg


裏玄関から出ると雰囲気がいい道が続きます。
b0044296_9393027.jpg


今日は昨日積み残した全州の街を見学して井邑へ移動します。
ブログを書くために整理していたら内容が盛りだくさんで
一つ一つ上げていた際限がないので、詳しい内容は機会がある時に
書く事にして行った所を追うだけにします。
韓屋村の中にあった東学農民革命の博物館です。
b0044296_9475846.jpg


朝食はコンナムルクッパの店で食べました。熱々が出てきて美味しかったです。
韓国に来て町並みを見ると教会の十字架があちことで見られます。
全州の町中にある殿洞聖堂です。
韓国ではプロテスタントが多く協会でなく聖堂です。
b0044296_9524523.jpg


教会の前にある慶基殿の見学をします。
ちょうど水曜日で文化の日ということで無料でした。
b0044296_9551784.jpg


朝鮮王朝の創始者のイソンゲ御真影が飾られているところです。
b0044296_9563638.jpg


全州からバスで井邑に移動します。
ここの村では東学農民革命の関連する施設を見学しました。
広い豊かな田園風景が続くところです。
東学農民軍慰霊塔です。みんなで黙祷しました。
b0044296_100096.jpg


甲午農民革命記念館に行きました
全体が公園のようになっています。
館長さんの丁寧な説明を聞きながら館内を見学しました。
韓国語で話しガイドさんが通訳してくれます。聞き取りがよく出来ました。
b0044296_102358.jpg


特別展の資料は全部本物だということでしっかり見ました。
これはいわゆる血判書です。
b0044296_1043131.jpg


見学するところはいっぱい有り気が急くのですが食べることはゆっくり時間をとります。
大きな田舎家が食堂になっていて、田舎の雰囲気の中で昼食をとりました
観光ツアーではここへは絶対に行かないだろうという食堂です。
b0044296_1093150.jpg


b0044296_1095920.jpg


メインは鶏一匹だけを鍋で炊いたものが出てきました。
b0044296_10124256.jpg


鍋の中をかき回しても鶏だけでした。肉をむしって塩を付けて食べます。


一緒に出てきたオカズです。
b0044296_10133271.jpg


満足でした。鶏の姿を見るのが嫌な人は人にむしってもらってから食べていました。
次に東学党の指導者だった全奉準の住んでいた家を見学し
今日の宿泊地インチョンに向かいました。
途中ソウルではイデオンの米軍基地の横を通り、
改めて広い土地を専有しているなと思いました。
車窓から見たソウルタワーです。
b0044296_10191382.jpg


漢江を渡るときは日が暮れかかっていました。
b0044296_10205740.jpg


夕食は焼肉をお腹いっぱい食べました。本当に朝食・昼食・夕食を
内容の濃いものをしっかり食べます。写真は食べるのに必死で忘れました。
最後はインチョンの新しい街ソンドの殺風景なホテルに泊まりました。
b0044296_1024549.jpg


今日も一日よく歩き、よく見学し学習し、よく食べ充実した一日でした。
by yukinachan55 | 2015-06-02 09:27 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

朝鮮半島から山東・遼東半島への旅 ①

 5月26日から5月31日まで
~韓国 全州、井邑~ ~中国 青島、威海、大連、旅順~
の旅行に行ってきました。
コースの地図です。わかりにくいですが参考までにb0044296_1952629.jpg


 旅行のパンフレットを見て韓国と中国を一緒に巡る旅行は
とても珍しいのでツアーに参加の申し込みをしました。
旅行の説明会の時に「平和のために日清・日露戦争の真実を学ぶ」
と副題がついていました。
旅行説明会は普通のツアーと違って学習会でした。
正直、このような硬い旅行どうしようかと迷いました。
けど、韓国語と中国語を同時に練習できる旅行は皆無です。
渤海を山東半島から遼東半島へ渡るのも魅力があり
たまには難しい勉強をするのもいいかと思って行くことに
しました。
帰ってきてブログにするのがとても大変な内容の濃い
それでいて多くのことを見たり聞いたり、
一緒に行った方からも多くのことを学びました。
最後までアップできないかもしれませんが
頑張ってアップします。

5月26日7時半関西空港集合総勢26名
関西空港すごい混みようで長い列ができ時間がかかり
やっとのことで搭乗でき関空で買い物もできなかった
9時半関空←仁川11時20分
仁川空港で名古屋からの参加者四人と合流総勢31名の
大きな団体ツアーになりました。
ガイドさんの紹介もあり、インチョン空港を出たところです。b0044296_205748.jpg 


お昼はあさりうどんでした。ここで食べたキムチが最高でした。
マッコリもよばれました。
b0044296_2103565.jpg


バスに乗って今日の最初の目的地公州の牛禁山寺
(ウグムチ)まで二時間、ガイドさんが流暢な日本語で
歴史を説明してくださっているのだけど朝四時おきのため
ぐっすり寝てしまってトイレ休憩一回と現地に着くまでぐっすり寝てしまった。
東学農民革命の激戦地ウグムチに着いていました。
記念碑を見学しみんなで黙祷しました。
この峠が最後の激戦地になり東学農民党は負けて壊滅することになった土地です。
b0044296_2149124.jpg


その後バスに乗り、一時間半で全州につきました。
梧木台に登り韓屋村を眺めることにしました。
ここは李朝鮮王朝のイソンゲが勝利の宴会をしたところだそうです。
b0044296_23594639.jpg


少し降りたビューポイントから見た韓屋村の家並です。
b0044296_025982.jpg


b0044296_033561.jpg


時間が遅くなったので後の見学はあすに回して夕食に行きました。
全州名物のビビンバを食べました。美味しかった。
これにおかずとプルコギが付いた豪華な食事でした。
b0044296_054276.jpg


今日は韓屋に分宿して止まるのですが、食後には
パンソリを聞くことにしていました。
私たちが遅れたのですが、しんぼう強く待っていてくれました。
あいの手を入れることを教えてもらって一緒に楽しみました。
b0044296_07547.jpg


子供さんのパンソリにも聞き入りました。
b0044296_010198.jpg


戸外で聞いたのですが、夜になると肌寒く上着がいるほどでした。
今日はこれでおしまいでなく、ここから部屋に入って
33年間東学農民革命の研究を続けておられる
朴孟珠先生のお話を聞きました。流暢は日本語で話されました。
先生がなぜこの研究を始められたかを中心に話を聞き
最後のご一緒に記念撮影をしました。
b0044296_0185779.jpg


朝四時に起き海を渡って全州の韓屋で寝たのが11時すぎでした。
長い充実した一日が終わりました。
シャワーしてバッタンキューでした。
by yukinachan55 | 2015-06-01 21:50 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧