<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

淡路島夢舞台・公園散策

 5月連休に夢舞台に行くために高速舞子まで行ったけど
バスに乗れなくて断念したので再度挑戦です。
 バスにはすぐ乗れたけど、夢舞台の公園の花は端境期で
連休に咲いた花の後始末と、アジサイなど次の花に向けて
整理中のような公園でした。
高速舞子から夢舞台のバス代は510円になっていました。
このバスは安いと思います。
バス停からホテルの横を通って公園に入ります。
噴水が勢いよく出ていました。
うしろに見えるホテルもなんか古くなったように思います。
b0044296_13531679.jpg


途中で赤い実か花かわからない木に出会いました。
b0044296_13544829.jpg


エレベーターに乗って四階まで、もう一つエレベーターに
乗りたかったのですが、位置を間違ったようで水の流れる
階段横を上って百段苑に出ました。
ここはキク科の花を階段状に植えてあるところです。
ここも春咲きの花が咲き終わって次の準備に入っていました。
b0044296_13575850.jpg


b0044296_13582459.jpg


ここから散歩道にはいり、木陰になったベンチで舞子で買ってきた
お弁当を食べます。
今の時期緑が一番きれいです。
暑くもなく寒くもなく、虫もそんなにいない所で
風に吹かれながら、ボーっとするのが一番のごちそうです。
下の方を見ると海と下の公園が見えます。
花は少なそうです。
空を見上げると緑がきれい!!
b0044296_1414310.jpg


花は少ないといいながら、それなりにいろいろな花が咲いています。
一番早いガクアジサイが咲いていました。
b0044296_1424266.jpg


今は薔薇の時期だと思いながら歩いているとバラのアーチがありました。
b0044296_1434667.jpg


b0044296_1441430.jpg


b0044296_1443981.jpg


バラ園は奥まで続いていましたが、温室の入場券を持っていないと入れませんでした。
公園はやはり閑散としていました。
でもここはとても広いのでいつ来ても人が多く感じることはありません。
池の周りのチューリップはとっくに終わっていました。
b0044296_147547.jpg


b0044296_1473483.jpg


キンギョソウがきれいに咲いていました。
b0044296_149581.jpg


園内を一周してくれるバスがあったけど、一度乗りたいと思いながら
まだ乗ったことはありません。
公園の東の端は遊園地になっていて子供たちの声が
響いていました。
ここは本当に広いので休憩しながら、ゆっくりと歩いても
疲れます。万歩計で18000歩
ユリの中で一番早いササユリが待っていてくれました。
b0044296_1412146.jpg


最後はひなげしの群落が気持ちよく風になびいていました。
花の色もさまざま、高さも大きさも違う花が
私はここですよと主張しているように揺れている姿がかわいくて
しばらくベンチに座って眺めました。
b0044296_14135256.jpg


b0044296_14142158.jpg


b0044296_14144867.jpg


池の側では矢車草も風に揺れていました。
b0044296_14154583.jpg


最後は三色すみれなどで飾られた鳥さんです。
b0044296_14163334.jpg


花の端境期の時期だったけど、それなりに楽しんで
何よりも五月の風に吹かれたのがよかった一日でした。
by yukinachan55 | 2014-05-27 14:21 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

5月のソウル旅行七日目 映画「逆燐」とバラ園とコンサートSGワナビー・キムジホ」

 今回のソウル旅行も明朝早い飛行機で帰るので
今日が最終日です。
 朝一番の映画は5000ウォンです。
ヒョンビン主演の「역린」(逆燐)王様が激昂して怒ること
を見ました。
正祖が即位して一年の頃に王を暗殺しようとするものと
王の戦いを一日の流れにしたもので、迫力があって
面白かった。
世祖の父親に対する思い出、暗殺する側の生い立ちが
入れ子になって物語が進み、スピード感があって
良かったです。
チラシがなくなっていました。
写真撮ったら光ってダメでした。
b0044296_8494168.jpg


お昼を食べて、古本屋さんによって結局また一冊買ってしまいました。
あとは。ギャラリーをぶらぶら回りました。
気に入った絵です。
b0044296_8521247.jpg


b0044296_8534139.jpg


サッカーボールにいろいろな表情を集めた展示もありました。
このスッテカーをもらい、スーツケースに貼っています。
目立ってよくわかっていいです。
b0044296_8552389.jpg


なんかお寺にお参りしたくて曹渓寺に行きました。
船の事故の弔意を表す白の提灯がつられていました。
深く頭を下げてご冥福をお祈りました。b0044296_8593371.jpg



夕方からはオリンピック公園内にあるホールで
行われる「SGワナビーキムジホ」コンサートに出かけました。
オリンピック公園の入り口で船の事故の弔意を表す
記帳があったのでしてきました。

ホールがバラ園の横にあると書いてあったので
丁度見ごろかなあと思って早めに出かけました。
ピンポーン! 満開でした。
広いバラ園に所狭しといろいろな種類のバラが咲き誇っていました。
日本原産のバラもたくさんありました。
まずは黄色から
b0044296_933372.jpg


あまりにもたくさんありすぎてどの写真にするか迷ってしまいます
ブルームーン
b0044296_95366.jpg


ピンク色が映えます。縁取りの濃いピンクがいいです
b0044296_964180.jpg


オレンジ色も捨てがたい
b0044296_98283.jpg


この薄ピンクが大好きです。
b0044296_98489.jpg


熱情の赤もいいです。
b0044296_910062.jpg


日本ではドガと名前がついていてけど見るの忘れた
b0044296_9102916.jpg


とにかくひと塊が大きく、圧倒されます。
b0044296_9125828.jpg


b0044296_9134080.jpg


ベンチで休みながらソウルのバラを楽しみました。
6時から始まるコンサートに行きました。
SGワナビーは韓国語習い始めたころにはまりました。
十年ぶりのコンサートです。
b0044296_9144367.jpg


照明が暗く見にくかったけど歌はよかったです。
b0044296_9153338.jpg


何回もアンコールがありサービス満点のコンサートでした。
久しぶりのコンサートに満足しました。

今回のするの旅もおしまいです。
予定していたことで薬令市場で菊芋茶を買いたかった
けど行けなかったのが残念でした。
次回に回すことにしました。
久しぶりの義妹と一緒の旅ちょっぴり疲れてけど
楽しかったです。
by yukinachan55 | 2014-05-20 09:18 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

5月のソウル旅行 六日目草間やよい美術展とミュージカル「風の国」 

 今日も朝からいいお天気です。
午前中は以前に人形を教えて貰った先生に
一緒にとった写真をもっていったのですが、
店をたたんでしまっていました。
そこにいた人に尋ねたのですが、
何処に言ったのか誰も知らないそうでした。
残念でした。
おみやげ物を買っていったんホテルに帰りました。

お昼からは芸術の殿堂に出かけます。
地下鉄南部ターミナルから15分ほど歩きます。
その途中で大きな輪の中に水が流れています。
不思議な眺めです。
b0044296_22115060.jpg


草間弥生展覧会です。
ハンカラム美術館でおこなわれていました。
日本であった時は日程が合わなくていけなかったので
ラッキーでした。
b0044296_2214021.jpg


展覧会は絵の展示と身体で見ることが出来る
物がありました。
絵は写真はまったく駄目でした。
彼女独特の色彩の入った絵が一部屋
黒一色の絵が一部屋ありました。
どちらも迫力あり圧倒されました。
写真撮影が出来る水玉の大きな風船です。
b0044296_22172142.jpg


チューリップのオブジェ
b0044296_2218519.jpg


今回のポスターになっているナンキンのオブジェ
b0044296_22192546.jpg


b0044296_2220335.jpg


赤のオブジェ
b0044296_22204869.jpg


丸のラベルシートを好きなところに張る部屋です。
私もしっかり貼ってきました。
b0044296_22223811.jpg


箱の中に入って体験する光の丸
b0044296_22233432.jpg


大きな画面で歌を歌っている草間弥生さんb0044296_22241473.jpg


圧倒される展覧会でした。

同じ場所でおこなわれる
ミュージカル「風の国」を三時と七時の二回見ました。
原作は漫画で高句麗の王様と息子が主人公で
異界と現世界の二重になった話なので難しい。
一回目終わった後、二回目の前に友人に会って
詳しい内容を教えてもらってなるほどとなるほどと
少しわかり、二回目は一回目より楽しく見ることが出来ました。
本来の話を知らなかったら難しい。
でも、歌と踊りには満足しました。
すごい迫力があった素晴らしいです。
b0044296_22312762.jpg


素晴らしい声の感動したハミョン役の役者さんです。
b0044296_2232552.jpg


かわいい息子役の役者さん
b0044296_22324164.jpg


歌と踊りとお芝居と堪能しました。
帰りに劇場から出ると音楽による噴水の演技がありました。
b0044296_2236722.jpg


b0044296_2239341.jpg


今日も充実した楽しい時間を過ごしました。
by yukinachan55 | 2014-05-18 22:40 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

5月のソウル旅行 五日目 オルセー美術館展とミュージカル「トレイスU]

 今日は四泊五日の旅を終えて帰る義妹を
仁川空港に送っていきました。
朝早いので二時間前に行くのは大変です。
バスが思ったより時間がかかりました。
韓国初めての旅の義妹に帰りはがんばって一人で
帰ってももらいました。
送った後ホテルに帰って、休憩し
お昼から国立博物館の美術館でおこなわれている
「オルセー美術館展」
近代都市パリの暮らしと芸術を見に行きました。
ホテルから地下鉄一号線に乗りソウル駅で乗り換え二村で
降りるはずが、ソウルで乗り換えるの忘れてぼーっと
していて漢江渡るのと見て初めて間違ったとわかりました。
やはり、ひとりになって気が抜けたかなあ?
引き返し無事つきました。
博物館前には芥子の花が迎えてくれました。
b0044296_9125897.jpg


b0044296_9134371.jpg


美術館の壁にかけられた超特大ポスター
韓国ではとにかく何もかも大きい
b0044296_915946.jpg


左下側がチケット売り場です。
b0044296_916325.jpg


展示はモネ、ルノアール、ゴーギャン、ゴッホなどの作品が
時代の流れにしたがって展示されていました。
ゆったり見ることが出来ました。
絵だけではなく華やかなパリの生活用品などの
展示もありました。
当時の人々の生活のフィルムが上映されていて
とても興味深く見ました。
椅子があればもっといいんだけど、
展示会場に休憩用の椅子がまったくありませんでした。
もちろんカメラは禁止ですが、展示会場の外のポスターです。
b0044296_9225096.jpg


b0044296_9231596.jpg


b0044296_9234215.jpg


ゆっくり見回ったけど、少し暗いので説明の韓国語を読みのは
辛いので題名と作家の名前だけ見ただけです。
モネの作品とゴッホの作品それに特大の肖像画が印象に残りました。

せっかく国立博物館に来たので欲を出して
博物館の中の特別展だけ見ました。
ベトナムの紅い河の夜明けを見ました
b0044296_9294870.jpg


次にアジア美術の新小品
b0044296_9305723.jpg


ここには日本の能面が飾られていました。
b0044296_9313878.jpg


ここらで限界なんですが、
もう一つ欲を出して半跏像を見に行きました。
なんせ、博物館の中は広くてまいります。
b0044296_934014.jpg


もう満足です。
国立博物館に来ると一度は庭をまわりたいと思いながら
いつも展示だけで疲れてしまいます。
帰りは間違わずに地下鉄乗り継いでホテルに帰りました。
しばらく休憩!!!

8時から大学路でおこなわれるミュージカル「トレイスU」
を見に行きました。
夕食は会場近くの食堂で4500ウォンの
スンドブチゲを食べることにしています。安いけどおかずが
とても美味しいのでいつもここで食べます。
ミュージカル「トレイスU」は二回目です。
二回目になると割引があります。
二回目になるとさすがに一回目よりも良く聞き取れ
内容もわかるようになります。
でも、はじめてみる感じです
b0044296_9404949.jpg


小さな劇場で、出演者が客席の中に入り込んで
観客をいじります。
私の横に来て「アンニョンハセヨ」の挨拶にびっくりしましたが
「アンニョンハセヨ」と答え「チェミイッソヨ?」と聞かれたので
「チェミイッソヨ」と答え「パンガオウヨ」ニ「コマッスムニダ」と
相手の顔を見て答えました。
冷や汗が出ましたが、何かとてもうれしかったです
こういう経験は韓国ならではと思います。
舞台は迫力ある歌に興奮しました。
今日も充実した時間を送りました。
by yukinachan55 | 2014-05-17 09:50 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

5月のソウル旅行 四日目 南山タワーとミュージカル「美笑」

 今日も朝からいいお天気が続きます。
今日は南山タワーに登って市内を見渡すことにしました。
ホテルから地下鉄は乗換しないといけないし、
歩く距離も少しあるのでホテルを出たところから
タクシーに乗りました。
しかし、タクシーの運転手さんの話によると
頂上近くまではタクシーがいけないといわれました。
けど、三年前にはタクシーで行ったというと
環境問題とかで今は定期バスしか行かないそうです。
がっくり!
結局ロープウェー乗り場まで乗せてもらいました。
ロープウェーに乗って少し歩くとタワーの見えるところにでます。
b0044296_173847.jpg


いいお天気だと思ったのですが、うえから見るとかすんでいました。
鍵が滅茶苦茶増えていました。
そのうち重さで柵が壊れるのではと心配します。
b0044296_17394723.jpg


妹にタワーに登ろうかとたずねると「もういい!}
というので、東西南北説明して降りることにしました。
ここでも遠足のこども達が多かったです。
帰りはロープウェーで降りてミョンドンの方に歩いていきました。
ソウル初心者が行く定番ミョンドンショッピングです。
メインどおりから、横の建物に入ったり
化粧品店に入ったりとお登りさんしました。
若い人向けの商品が多いなと言いながらショッピングを楽しみました。
お昼は「スンドブチゲ」豆腐のなべを食べました。

その後地下鉄でイテウォンに移動。
春の秋に二回おこなわれる。
アンティークフリーマーケットを覗きに行きました。
地下鉄降りるとおりに両脇がアンティークのお店になっていて
その前に、品物が並べられていました。
b0044296_17494348.jpg


b0044296_17502666.jpg


気に入ったものがあっても思ったより高くて手が出ません。
義妹は真中の傘を持った男の子の人形が欲しかったのですが
もって帰れません。
時々お店の中に入って見学しました。
素晴らしいアンティークの家具が並んでいました。
こんな店もありました。
b0044296_1751424.jpg


結局瀬戸物の小さな植木鉢が気に入って
値段も手ごろなので一つ買いました。
この辺で日ごろ歩きなれていない妹が葦が痛くなり
其れでもがんばって地下鉄に乗りホテルまで帰りました。
少し休憩
最後のイベント「伝統劇場」でおこなわれている
ミュージカルを見に行きました。
韓国語がわからなくても内容がわかり、せりふのところは
日本語の字幕が出ます。
妹は何もかも初めてなので、きれいだきれいだと
感動していました。
b0044296_17565236.jpg


最後に一緒に記念写真をとりました。
これで義妹を連れた四泊五日の旅は終了です。
明日、早く空港まで送っていきます。
私は残りの三日自分のソウルを楽しみます。
by yukinachan55 | 2014-05-16 18:04 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

5月のソウル旅行 三日目 景福宮・南大門・あかすり

 今日もいいお天気です。
妹と二人の旅は四泊五日の日程です。
今日はソウルはじめての人が必ず訪れる景福宮を観光しました。
ホテルから市バスで移動です。
乗り物移動、地下鉄、市バス、JR、タクシーを
経験するのも観光の一つです。
交通カードで移動です。
妹は普段の生活は車移動なので何もかもか珍しいようです。
光化門とおりを歩きます。
まずは噴水とイスンシンの銅像です。
b0044296_7302972.jpg


次はセジョン大王の銅像です。
b0044296_7324054.jpg


人物の歴史的な功績などを説明しながら、写真を撮り歩きます。
ガイド、カメラマンは大変です。
光化門まで歩きます。
衛兵さんが立っているので一緒に撮影しますが、
順番待ちが大変です。
門をくぐって入場券を買います3000ウォン
中に入るとここは何処の国?????
と思うぐらい中国の人、人、人、人だらけです。
中国の観光パターンが午前中一番が景福宮なんでしようね。
まあ。その人並みを掻き分け見学します。
b0044296_739440.jpg


王座の間、ここの見るのにも人を書き分け見る位置を確保しなければ!!!
b0044296_7401097.jpg


建物を最後まで見て、池のほうに移動しました。
小さなカフェで休憩です。
シッケ(米からつくったジュース)甘くて美味しいです。
これも韓国にしかないので勧めたら、美味しいということでした。
人によって好き嫌いのあるものです。
b0044296_743195.jpg


妹は普段ほとんど歩くことが無いので、広い宮殿を全部歩くのは無理です。
ここまでが精一杯でした。
広い芝生があるところで「こんな所でシーと引いてお弁当食べたらいいね」
と感想を漏らしていました。
b0044296_7451434.jpg


初めての人を案内するのは体力に合わせあければいけないので難しいです。

景福宮の西門から出てサムゲタンの店に行きました。
相変わらず、すごい行列で日向で待つ人のために日傘が用意してありました。
30分ほど並んでサムゲタンにありつきました。
食べ方を教えながら、美味しく食べました。
彼女は好き嫌いが無く、辛いものも平気なので紹介のし甲斐があります。

食べ終わって次は南大門市場へタクシーで移動です。
これからはガイドと通訳に忙しくカメラマンはお休みです。
市場につくと店があまりにも多いのでまずはびっくりです。
珍しいので、あちこち、上がったり、降りたりと
目でショッピングをします。
私は目的以外の買い物はしないのでお供が大変です。
かばんやさんでかばんを二つ、レースやさんでテーブルセンターを
海苔やさんでお菓子と海苔を、最後には頼まれたという
乾燥した唐辛子を買って買い物終了です。
この間三時間
ああ。!!!!疲れた。
彼女は観光する時は疲れを見せますが、ショッピングの時はまったく
疲れを見せません

買い物終了後、バスで移動してホテルまで帰りました。
二時間ほど休憩して午前中に予約しておいた
「あかすり」のお迎えの車が6時に来ます。
場所はホテルの近くを選びました。旅行者のクーポンを持っています。
私はソウルに来ても「あかすり」などしないのですが
お付き合いです。
最初にコースの説明があって
基本コースは60000ウォン
ヨモギ蒸、高温サウナ、あかすり、マッサージ、きゅうりパックです
係りの人は他のマッサージなど色々進めます。
私はこれで十分です。
妹は眉毛の半永久形象というと思います。
刺青ではなく薬が何か使って眉毛を形良く自然にするもので
250000ウォンに魅力を感じそれをすることにしました。
更衣室で着替えてから係りのおばちゃんが案内してくれます。
後は流れに沿っていきます。
ヨモギ蒸は熱かった。
あかすり、マッサージは気持ちよかったです。
垢がいっぱい出ました。
妹の眉毛は思ったよりきれいで自然で、5歳はわかくなった
感じがして良かったです。
ホテルまで車で送ってもらいました。
眉毛のお金は用意していなかったのでホテルで車で一緒に
来た人に払いました。
これをつけ馬って言うんですね。

時間が遅くなっていたけど夕食がまだだったの
「おかゆ」を食べました。
海鮮おかゆと小豆おかゆで量が半端でなかったけど美味しく食べました。
今日も朝から長い一日が終りました。
お疲れと自分に言い聞かせて明日に備えます。
by yukinachan55 | 2014-05-15 08:16 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

5月のソウル旅行 二日目 水原観光

 今日もいいお天気です。
妹が始めての韓国旅行なので今日は定番の水原観光です。
地下鉄でソウル駅まで行きます。
スピードが少し落ちているのは気のせいか?
ソウル駅からJRで水原まで35分ぐらい。
駅についてまずは観光案内所で華城までの
バスの番号を確認して帰りの民族村からの
シャトルバスの無料券をもらいます。
駅から民族村までのシャトルバスは一日三便出ています。
まずは華城見学のために市内バスに乗って
八達門で降ります。ここは大きな市場があります。
ここからは城壁を歩くはじめる場所ですが
今日は城壁はバスです。
華城の前では丁度伝統的な武器を使っての演技が
おこなわれている所でした。
b0044296_823523.jpg


b0044296_8319100.jpg


終ると演技者と一緒に写真をとることが出来ます。
華城の入場券は1500ウォン(150円)
円安がすすんでいるので何もかも高く思えます。
お城の中を軽く見学、王座の間ですb0044296_86167.jpg


お城の見学を済ませ次は焼肉を食べに行きました。
大きなヤンニョンカルビといっぱいのおかずの
並んだのを見てびっくりしながら美味しく食べました。
城壁を少し歩いてタクシーで民族村へ移動です。
20分ぐらい乗って14000ウォン(1400円)
この安さには感動です。
民族村の入場料が一人1500ウォンこれは高く感じます。
村の中を散歩しながらメインの農学を見ました。
今日は幼稚園児と一緒の見学になりました。
b0044296_8105998.jpg


b0044296_811349.jpg


30分の演技が終わり、隣の会場へ移動おじいさんの綱渡りを見ます。
演技者の方はいくつかなあと思います。
b0044296_8132354.jpg


b0044296_8135173.jpg


終って次は馬に乗っての演技が始まります。
b0044296_8152271.jpg


b0044296_8155591.jpg


この村のあちこちでドラマの撮影がおこなわれて、その場所に
ドラマの写真がはってあります。
ああこれ見たことあるなどをはなしながら見学し
三時半のシャトルバスで水原駅までのせてもらい
帰りもJRのムグンファでソウル駅まで帰りました。
2600ウォンとにかく交通費は安いので助かります。
ソウル駅近くになると安全運転のため徐行します
と放送がありました。何?と思ったけど詳しい説明はありませんでした。
ソウル駅ではアウトレットとマートでショッピングして
地下鉄でホテルまで帰りました。
充実した一日でした。
by yukinachan55 | 2014-05-14 08:23 | 海外旅行 | Trackback | Comments(6)

5月のソウル旅行

 昨日から妹と二人で韓国ソウルに来ています。
岡山に住む妹と関空で待ち合わせ、一路ソウルへ
心配されたお天気も大丈夫で順調にソウルに着きました。
ホテルまで一時カンバスに乗って三時半に到着です。
ホテルはいつも同じチョンノにあるホテルです。
今日は移動日です。
インサドンを散歩しました。
夜はホテルの近所ソウル劇場で
ペイント「ヒーロー」を見ました。
席は真ん中一番見やすいところでした。
パホーマンスをしながら色々な形で
絵を描きます。
観客はほとんど中国の方たちでした。
最後のフォトタイムで写した写真です。
b0044296_8465917.jpg


b0044296_8474879.jpg


ちょっぴり疲れたけど楽しい一日になりました。
妹は韓国が初めてなので案内役になると思いますが
それなりに楽しみます。
by yukinachan55 | 2014-05-13 08:49 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

中之島バラ園のかわいい花たち

 今日はさわやかないいお天気で
淀屋橋の中之島バラ園に行ってきました。
それなりに咲いていましたが、まだまだつぼみも多かったです。
地下鉄を上がって市役所の横のけやき通りを通っていきました。
b0044296_2117198.jpg


中央公会堂の前を通り東洋陶磁美術館の横から入ります。
b0044296_21191633.jpg


b0044296_2119486.jpg


薔薇の名前には和名、画家の名前、歌手の名前、皇族の女性の名前
など、色々あるのですが、メモしていないので
気に入ったものを並べてみます。
まずは熱情です。
b0044296_21234929.jpg


パープルブルーの花です。
b0044296_21244682.jpg


薄いピンクがかわいい。
b0044296_21254064.jpg


たくさん咲いている花を撮ると花がきれいに撮れません。
b0044296_21275786.jpg


種類がたくさんあるので写真を選ぶのに迷います。
ピンクのグラデーションがきれい。
b0044296_2129562.jpg


白もいいですね。
b0044296_2130568.jpg


真っ赤なバラの塊です。
b0044296_21314146.jpg


薔薇もきれいけど新緑も最高でした。
b0044296_21323393.jpg


この花はドガという名前でした。
b0044296_21333196.jpg


オレンジもいい。
b0044296_21341154.jpg


シエービッチェンの白い花
b0044296_2135026.jpg


最後はサラバンド
b0044296_21353855.jpg


もう一つ
b0044296_21371124.jpg


バラの香りの中でいろいろな種類のバラを楽しみました。
私のお気に入りの一つピカソがまだ咲いていませんでした。
楽しい一日になりました。
by yukinachan55 | 2014-05-10 21:42 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

四月に読んだ本 七冊

 四月もブックセンターから借りた本を読みました。
感想文とか本の紹介とがちゃんとすればいいのですが
なかなかできません。読んだ後メモしたものを載せています。
日記だからいいか???

題名「とっぴんぱらりの風太郎」
  著者 万城目学
 ブックセンターで二回に分けて借りて読み切った
746ページにわたる大長編だった。面白かった。
自分では落ち子ぼれのしのびと思っている風太郎、
不器用でありながら憎めない、運にも恵まれていたのだが?
ラストは泣きました。
主人公を中心に仲間の生き方面白かった。
最後はやめられなかった。
戦国の世の中でかわいそうな運命に
翻弄された人物をえがいていた。9

題名 「"陰陽師」蒼猴の巻
   著者夢枕獏
 平安時代の神様と鬼と人間が一緒に住む
世界の橋渡しをする安倍清明と源の博雅が
解決していく短編連作の物語です。
この本を読んでいると摩訶不思議な世界の中に
入っていけます。晴明の家の庭の雰囲気がとても
気に入っています。
蜜虫がいればたすかるなあ?8

題名「昭和の犬」
  著者 姫野カオルコ
 昭和33年生まれの目立たないが着実に
自分の生き方で生きて来た女性の昭和の時代を
犬とともに生きてきた姿をえがいたもので、
特に目立つことはないけれども戦争
を引きずって生きた来た父親と不満を
抱きながらそのそばで生きた母親、
幸せとは言えない少女時代
家から離れながら、それでも最後は両親はじめ
東京と滋賀を往復しながら看取っていく姿。
人から見たらそんなに幸せに見えないけど、
たんたんと生きた一人の女性をえがいたもので、
自分とは全く違った生き方だけど安心して読めた。
自分と同じ昭和の感じがよくわかる。
面白かった。9

題名「ゴッホの絵の旅」チェサンウン著
韓国語の本とても面白かった。
絵がふんだんに入っていて印刷がてからないから
きれいでよかった。
感想文はこちらに書きました


題名 「笑う飛竜と歌時計」
 著者 黒川裕子
 前作「空飛ぶ貧乏騎兵隊」の続編
b0044296_10384830.jpg


先の本に比べたらちょっと内容がまどろっこしい
これからも続くようだから内容がよくなるように期待しよう

題名「梨園の娘」
  著者東芙美子b0044296_10392630.jpg


 歌舞伎界のお話
男女の双子に生まれ男は跡継ぎ、
娘は絶対にあとを継げない定めの中で才能を
持ったものと持たないものの葛藤
今は大成したものでもそれなりの苦労葛藤の中で
生きていく男社会の内幕がとても面白かった。
モデルになった人を浮かべながら読むのも面白かった7.5



題名「荒神」
著者宮部みゆき一年二か月4月30日終了
昨年から読み始めた朝日新聞の連載小説
  メモを取りながら読まないと分からなくなります。
  最初の主人公と思っていたものと最後は違っていたけど、
  面白かった。人の怨念が懐柔になって表れ、
 それと対峙するのは作ったものの、
 おさめる力がある特別の人の犠牲により怪獣が元の姿に戻るというお話で、
 人間が制御できないものを作ってはいけないというメッセージを受け取った
 ようなな感じがしました。
 単行本になった時にもう一度読みましょう
by yukinachan55 | 2014-05-09 10:41 | 読書 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧