<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

枚方宿散策

今日は詩吟のお仲間と一緒に枚方宿を散策しました。
仲間のお一人が枚方の案内ボランティアをしておられて
説明しながら案内していただきました。
枚方宿は淀川沿いに発達した宿場で大阪と京都のちょうど
中間地点になり街道筋に70数件宿屋があったそうです。
淀川と平行に街道が走っていました。
枚方宿の京都川の始まり東見付から出発です。
天の川伝説の天野川にかかるかささぎ橋の横です。
b0044296_21514388.jpg

参勤交代の時の世話役のおうちが残っています。
b0044296_21531384.jpg

街中を5M幅の街道が整備されていてゴミ箱も置いてありませんでした。
こういう看板が何箇所かにありました。
b0044296_2282820.jpg

伝統あるふるい町並みが所々残っています。
一般の家のままの喫茶店が何軒かありました。
白い鉄線の花が満開でした。
b0044296_22133982.jpg

b0044296_22144087.jpg

枚方の渡しがあった場所です。
淀川大橋の横になります。河川敷はきれいな公園に整備されています。
ここから30石舟が出るそうです。
30石舟が枚方宿で休憩するとき、くらわんか船に乗って食べ物を売ったそうです。
b0044296_2219435.jpg

昼食は元船宿「鍵や」さんで食べます。
枚方市が買い上げて解体して再現したそうです。
母屋の横が博物館になっていて二階の大広間で食事をしました。
表から見たところです。
b0044296_22214672.jpg

家の中から博物館まで学芸員の方が説明してくれました。
鍵屋さんの歴史は300年ぐらいになるそうです。
街道筋のお客さんと船から下りてくるお客さんの両方で大もうけしたそうです。
家の中は土間も天井も黒光りしていました。
家の中の一部です。
b0044296_22242682.jpg


枚方宿の説明やくらわんか船も模型とか解体の時に掘り出されて瀬戸物とか
貴重な資料が展示されていました。
広間では私たちだけの食事でした。
窓からは淀川が見ることが出来川向の高槻あたりが良く見えました。
詩吟の仲間とおいしい食事しながら仲間が落語を一席
演じてくれて大笑いしました。
詩吟も聞きました。久しぶりにお腹かかえて大笑いしました。
落語で健康とはこのことをいうんだとおもいました。
最後の淀川資料館に行って淀川に関するお勉強をしました。
淀川の成り立ち等を映像で見ることが出来、
淀川にいる魚たちを見ました。こんなにたくさんの種類の魚がいるのかと
感心しました。
昔の淀川と今の淀川面白かったです。
今日は一日勉強しながら散策を楽しみました。
お誘いがなかったら、詳しく見て歩くことはなかったと思います。
またどこか違った町を歩きたいです。
b0044296_22381378.jpg
by yukinachan55 | 2009-05-30 22:52 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

「派遣ちゃん」宮崎誉子著

以前にブックセンターに希望図書していた本が
昨日とどいたと連絡があり借りてきました。
すぐに読めました。著者も派遣で仕事をしながら執筆
されているようです。
派遣制度で働く若者たちの様子を
「青瓢箪」と「欠落」の二編からなります。
青瓢箪」は派遣打ち切りで仕事を探している女性が主人公で
父と母と兄の4人家族でどこにでも見られる普通の家庭です。
ただ兄が大学を出て働かないで、家にいるという設定です。
派遣の不安定な制度の中で生きる大変さ。
その中での友情、家族のあり方など考えさせられ
派遣の仕事がどのようなものか始めて知ることも多かったです。
「欠落」は主人公が男の子で電話受付の派遣の仕事に
応募してから研修仕事の大変さが描かれます。
ここでも働かないで引きこもりの友人が登場します。
自分が働いていた時は正社員は当たり前の時代でした。
世の中が大きく動いて、人が大切にされない世の中になって
きています。もっと制度的にも働く人が尊重される
制度にしなくては結局日本というものがなくなるのではないかと
思ってしまいました。
それでもしんどい中でしっかり生きていこうとする若者がいることも
知りました。複雑な気持ちになった本でした。
b0044296_23111422.jpg
by yukinachan55 | 2009-05-27 23:12 | 読書 | Trackback | Comments(0)

最後のまんじゅうです。

 いつも休みになると出かけるときも家にいる時も
いつもの饅頭屋さんで買っていました。
御夫婦で作ってお店に出して売っています。
職人さんです。それが今月いっぱいで店を閉めます。
年取って仕事がつらくなったそうです。
息子さんが近くに店を出して実質継いでくれるそうです。
残念ですが、ご苦労様でした。
おいしいまんじゅうだったのに!
最後のまんじゅうは葛饅頭と最中です。
b0044296_0513643.jpg
by yukinachan55 | 2009-05-24 21:46 | 思い | Trackback | Comments(0)

近つ飛鳥博物館

近つ飛鳥博物館15周年記念「「卑弥呼死す 大いに冢をつくる」
を見てきました。
今日は本来は京都の予定でしたがやはり豚インフルエンザが恐いので
人の少ない博物館にしました。
近鉄南大阪線河内長野行きに乗って喜志で降り阪南ネオポリス行きの
バスに乗って終点で降ります。
降りたら目の前が飛鳥風土記の丘で大きな古墳公園になっています。
バス停からすぐのところに公園の管理事務所があっていい休憩室になっています。
そこから博物館へは10分ぐらいかかります。
博物館に行くまでに古墳のあとを見ることが出来ます。
5世紀ぐらいのものです。
b0044296_222171.jpg

次の古墳は石室で中に石棺が残っていて見ることが出来ます。
古墳をこんな形でゆっくり見るのは初めてなので面白かったです。
真ん中に見えるのが石棺です。
b0044296_2224172.jpg

風土記の森は緑の中を歩きながら古墳を
一つ一つ見て歩いていきます。
A群からK群まで路に沿ってみることが出来ます。
結構 山の中でアップダウンがあり疲れました。
こういう風に名ルンルンの道もあります。
b0044296_22285212.jpg

博物館につくと受付に行くと特別展でした。
ちょうどお昼になったのですが、館内では食事は出来ないということで
まずは外で食事をし風土記の丘を回ってから展示鑑賞することにしました。
食事は阿部野橋で買ってきた弁当をベンチで広げました。
気付いたら桜の木の下でした。毛虫が落ちてこないかとひやひやモンでした。
先ほどのコースをB群から順に回りました。
同じような形のものが道のほうを入り口にしていくつもありました。
崩れているものも多くありましたがこれが一番大きく仲間ではいれました。


b0044296_2312819.jpg

中に入るとこんなんです。
b0044296_2239488.jpg

急な階段を登って展望台につきました。
展望台から大阪平野が一望ですが、少しがすっていて醜いですが、
緑の部分が古墳です。
b0044296_22474076.jpg

急な坂道を登ったり降りたりしながら博物館に戻ってきました。
博物館です。中は一歳写真取れないので写真はなしです。
b0044296_22493751.jpg

館内にはりると土曜講座「埋葬施設から見た弥生墳丘墓と古墳」を
一時間みっちり聞きました。よくわかる資料で古墳の成り立ちとそこで
行われた儀式の関係などよくわかって面白かったです。
体が疲れてうとうとするのを我慢してよく勉強しました。
最後に15周年記念「「卑弥呼死す 大いに冢をつくる」
を見ました。広々とした会場で仁徳天皇陵の模型とか修羅の展示
全国の古墳の資料など手手も面白かったです。
鏡の詳しい資料もあったのですが、それは次回にしました。
よく勉強しよく運動した一日でした。
帰りは富田林に出て帰りました。
by yukinachan55 | 2009-05-23 23:05 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

「青雲はるかに上・下」宮城谷昌光著

今、三国志ブームなので、ちょっとかじってみようとブックセンターに
寄ったら、この作者の本でこの本だけがありました。
三国志も昔読んだ覚えがあるけどまったく忘れてしまっています。
中国の歴史もほとんど覚えていません。
この本の主人公・范雎は自分の実力を買ってもらえる主人をたづねて
諸国を回るけど、うまくいかず魏の国に帰ってくるところからはじまります。
前半は、自分の力を売り込むために努力する中で、最愛の女性から
偶然助ける女性とか友人の妹とか友人その他の人との出会いが中心に
語られます。
なかなか思うように、自分認めてくれる機会が来ない中で友人の妹の
足をなおす薬代のため仕官をします。
その時に偶然斉の王の会うことが出来るのですが、これが仕官した主人
魏斉の逆鱗に触れ、簀巻きにされてトイレに放り込まれるという
最悪の侮辱を受けることになります。
死ぬところを最初に出会った女性に助けられます。
このあとはお尋ね者として隠れながらの生活が始まります。
後半は偶然の人の出会いによって一生ついてくれる弟子を持ち
家族の何もない范雎が自分の頭だけを頼りに真秦の王に仕えるようになります。
その道は遠く苦労したけれども王を説き伏せる力を持ち王との
信頼関係を結んでいきます。
秦の王の立場に立ち、大きな領土を持つためには近くから一歩一歩
着実に戦争に勝つことで、それだけでなく勝った後おさめることが大事であると説きます。
秦の宰相になった范雎は今まで世話になった人に過分の御礼をします。
ここら辺は義理堅く約束は必ず守ります。
戦略も着実に点を攻めるのでなく面を取るというものでその時代では斬新な考えです。
最後には復讐も成し遂げますが、交代の時期も心得ていたようです
范雎は女性にも優しくとてももてます。
最初に出会った原声を魏斉の妾になっているのを最後には救い出し
彼女が死ぬまで添い遂げます。
清廉潔白で欲を持たず堂々としていてカッコいいです。
歴史がなかなか理解しにくいのと人の名前がわかりにくいので
少し難儀しましたがこだわらず主説として読みました。
中国はさすがに広くスケールが大きいので面白いです。
中国のこの時代日本は卑弥呼の時代だったんですね。
面白かったです。
b0044296_20112348.jpg
by yukinachan55 | 2009-05-20 20:20 | 読書 | Trackback | Comments(2)

豚インフルエンザ

 一昨日から豚インフルエンザの患者が一気に増えたことで
すごい社会の動きになっています。
インフルエンザが流行した時はあらよあらよという間に
患者が増えることは経験しているけど、
今回は初めてのインフルエンザ菌と
言うことで大変なんだなあと思いながらそれにしても大変ですね。
修学旅行で新幹線に乗り込む直前で中止になったり
一週間学校が休校になるということです。
すごいですね。
子どもたち家でおとなしくしているやろかと心配です。
普段のインフルエンザだと最終的には学校長が職員から事情を聞き
休校の判断するのに今回は上の上の方から一斉です。
恐いインフルエンザですね。
これからもインフルエンザにかかわらず、今までになかった病気が
でた時にはこういう風になるのかなあと考えた時
地球の気候がおかしくなり温暖化がすすむということが
どんな形で私たちの生活を脅かすのかと思うと少し恐くなります。
昨日韓国語教室に行くために梅田に行ったのですが、
電車の中でも歩いていてもマスクしている人が大勢います。
私の感覚ではマスクしている人は風邪にかかってその予後のため
マスクをかけると思っているのでマスクをかけている人に
囲まれると風邪をうつされる~とおもってパニクリそうになります。
最近は風邪の予防とか花粉症のためにマスクをかけるのですね。
それにしても、マスクの効果はどうなんかなあ?
今回の報道を聞いていると
いままでどおり栄養のあるものを食べて身体を丈夫に保ち
睡眠不足にならないようにし、外出から帰ったら
よく手を洗い、うがいをして正しく生きることですね。
あまり報道に振り回されないように、冷静にいようと思いました。
by yukinachan55 | 2009-05-19 11:48 | 思い | Trackback | Comments(0)

東洋陶磁美術館

今日はあいにくのお天気です。
豚インフルエンザのニュースが大々的に報道されています。
それで結局何をしたらいいかというといつもの風邪の対策しかないようです。
お昼から淀屋橋にある東洋陶磁美術館に出かけました。
ー「浅川伯教が愛した韓国のやきもの」を開催しています。
韓国語の教科書に高麗の青磁、李朝の白磁がでてきた所です。
浅川伯教氏は弟の巧氏とともに韓国陶磁研究の第一人者になった人物です。
白磁のお茶碗や青磁の壷などの色と形の曲線が素敵です。
やきものと一緒に浅川伯教が書いた書画やスケッチなども飾られていました。
今回の展示の説明で日本語と英語と韓国語で紹介されていました。
常設の韓国陶器には英語と日本語だけです。
韓国語を読みながら日本語をつき合わせると良くわかり
大体読めるようになったのでうれしかったです。
常設展は安宅コレクションの韓国陶磁器です。
今までに見たものもあるけれどもいつ見ても素敵です。
日本の陶磁器、中国の陶磁器と続きます。
5月18日は国際博物館の日だそうです。
明日は美術館お休みなので今日記念品の一筆せんを頂きました。
ミュージアムめぐりのぐるっとパスもあるようです。
今日は雨のためか人も少なくゆっくり回ることが出来ました。
ところが帰るときにどっと団体さんが入ってきました。
子どもたちがわいわいがやがや話しています。
正直ぶつからなくて良かったと思いました。
b0044296_1811312.jpg

現在美術館の前はまだ工事中です。
いつもは美術館の裏からバラを見て帰るのですが。
工事中のため一部しか開放されていないようです。
秋に完成するとのことです。
見に行きたかったのですが、雨が激しくなってきたのであきらめました。
帰りに喫茶店によりました。
コーヒーのみ終わったらカップのそこに大吉とありました。
何かいいことあるかなあ
b0044296_18251612.jpg
by yukinachan55 | 2009-05-17 18:31 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

アクティブシニア笑いで健康づくり科同窓会

昨年4月から始まったアクティブシニア笑いで健康づくり科は
二月で終わりました。
私は最後は腰の調子が悪くなったり、諸般の事情で最後まで受けることが
出来ませんでした。
今年は大阪府からの補助金がなくなってNPO主催になったようです。
最後までいけなかった私ですが、ありがたいことに同窓会に参加してください。
とお誘いがありました。
この会の人たちは本当にみんな、ボランティアにしても趣味を持っているにしても
みんな達者で人のお世話も良くしてくれるので私はおんぶに抱っこの状態で
楽しませてもらっていました。
今回は同窓会の発足会ということで梅田の第三ビル33階にある
中華料理鍋のバイキングで会食しました。
30名中22名の参加で今日はこれない人のメッセージも入りました。
みんな相変わらずお元気で活躍している人たちばかりでした。
みんなに元気をもらっておいしい鍋料理を食べて満足して帰りました。
次回はクラブ活動で行っていた詩吟の会があります。
楽しみにしています。
韓国語バージョンへ 韓国語に訳してみました興味のある方はどうぞ

今日のおまんじゅうは味噌餡の柏餅と紫蘇巻きのおまんじゅうです。b0044296_2139275.jpg
by yukinachan55 | 2009-05-14 21:41 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

中国語

私は4月になると新しいことはじめたくなります。
実は今年も4月からの語学講座のテキストをいくつか購入しまいた。
ハングルのアンコール講座は昨年のテキストがあるのでそのまま使います。
毎日ハングル講座のテキストは買いました。
この二つは継続なので続けています。
次に友人から進められて漢詩の講座を聞いています。
これは一週間に一度なのと聞くだけですむのですが
内容は多テキストを読んでおく方がわかりやすいです。
漢詩の中身も面白いけ中国の歴史と言葉に興味を持ちました。
次はアラビア語講座これはテキスト見てあきらめました。
英語会話入門は遠山アナウンサーの声が大好きで買ってみたんですが、
以前よりも難しくなったような感じがします。
単に自分が出来ないだけだと思いますが、これもだめでした。
そして、最後に残ったのが中国語講座です。
二年前に無料講座があって一週間受講したことがあります。
郭春貴先生の優しいこえのレッスンに釣られて今日までとにかく聞いています。
ほとんどついていけていないのですが、単語の発音だけ聞くつもりで聞いています。
ネットで中国語講座を検索すると家の近所の公民館で行われている講座がありました。
帰りに寄れるので、尋ねてみました。
入門コースはなく退職した方が4人ぐらいで漢詩を読む講座があるそうです。
私はとてもだめなので、あきらめかけたら先生の家が私の家から
10分ぐらいの所なので、個人レッスンを勧められました。
お値段も手ごろなので、一週間に一回月に4回行くことにしました。
先生がおっしゃるにはとにかく一ヶ月来てみて続けるかどうか決めたらいいとのことでした。
教科書購入して昨日で二回講座を受けました。
最初は発音で先生の発音を聞いて、まねして発音する練習です。
中国語はリエゾンすることはなく漢字一つ一つを丁寧に正確に発音することが
基本だということがわかりました。
普段使わない声帯をつかって出す音とか唇、舌など日本語をしゃべる時には使わない
まったく意識しないことを意識的にするので授業が終わった時には肩こっています。
先生は北京の方だそうです。
中国は広く歴史的にも面白く行きたいところがいっぱいあります。
今度行った時には挨拶と自己紹介ぐらいはできたらいいなあと思っています。
韓国語を習っているおかげで、わかることもあります。
声調という新しいことを習っています。
しばらく続けるつもりです。
by yukinachan55 | 2009-05-13 21:09 | 中国語 | Trackback | Comments(0)

映画 「グラントリノ」

韓国語教室に行く途中に映画館があります。
勉強終了後元気があって時間があったときに
映画を見ようと思うのですが、なかなかうまくいきません
この日は気分も良かったし、時間もちょうどあったので見ることにしました。
クリントイーストウッド主演の映画です。
朝鮮戦争で人を殺した経験がクリントイーストウッド老人の人生をゆがんだ
物にしています。人種差別的なことを平気で口に出し態度にも表します。
子どもたちや孫たちとも関係もあまりうまくいっていません。
妻がなくなって完全に孤独になった主人公が
隣の住むモン族の家族と行きかうようになります。
特に姉弟スーとタオとの付き合いでアジア的な大家族を
知ります。主人公が実の子どもたちよりこの家族が近くに感じると
つぶやく場面が印象的です。
気の弱いタオが仲間たちから脅迫されたりスーが同じように仲間から
嫌がらせを受けている時主人公が助けます。
生活環境や風習がまったく違う人たちの交流を感心しながら見ました。
お互いに関心を持ちながら主人公がタオを独立するのに力を貸していきます。
多くの人種をうけいれたアメリカの大きさを感じました。
身近に人を殺す道具銃がある恐さをものすごく感じる映画です。
主人公がフォードの職人であり彼が一生涯大事にしてきた自動車の
名前がグラントリノといって映画の題名になっています。
壮絶なラストで終わりますが、なるほどなあと思わせます。
タオが主人公の思い通りしっかり生きていくと思いました。
年をとってもクリントイーストウドは堂々としていてかっこいいです。
by yukinachan55 | 2009-05-12 10:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧