<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

東洋陶磁美術館

日曜日あまりお天気よくありませんでした。
東洋陶磁美術館で開催されている「酒器に酔うー東アジアの酒文化
を見に行ってきました。
昔から古今東西どこでもお酒なしでは話にならないくらいどこにでも
でてきます。
私はほとんど飲めないけど、友人で飲めない人はいないぐらいです。
でも、食事をするにしても宴会でもお酒がなかったら変ですね。
酒器から盃までたくさんありました。
どれも、美しくこれにお酒を入れたらどれだけ入るのかなあなどと
考えながら、きれいな器を鑑賞して来ました。
「対面して、山花咲いて 一杯 一杯また一杯  一杯一杯また一杯」
だそうです。
by yukinachan55 | 2008-10-27 20:05 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

徳島県海陽町ししくい

徳島県で一番南になる町です。
大阪から直行バスが出ています。徳島までは早いのですが、
徳島から宍喰までがとても時間がかかります。
でも、宍喰の町は都会で疲れた気持ちをすっと解いてくれる
ゆったりほっこりした町です。
4時間ちょっとかかって宍喰の道の駅に着きます。
ついて宍喰の海を見たらアザラシが集団で来たのかと思うほど
黒いのが浮いていました。実はあまりにも多いのでびっくりして
写真撮るの忘れました。
実は宍喰の海岸はサーフィンのメッカなのです。
この日はお天気なのに大きな波が来る一年に何回もないという
サーフィン日和だったようです。大勢の人が海に浮いていました。
私たちはサーフィンには関係なくサイクリング車を借りて宍喰の町を
はしりながら、「ひこうせん」という喫茶店に入って昼食をとりました。
それがびっくりすごい量でおいしかったけど残してしまいました。
サーフィンする方の食べる量だそうで、ご主人のポリシーがはいっている
との事でした。
ペンションししくいの前の海はいつも癒されるロケーションです。
ハワイ帰りの奥さんの趣味で徳島のハワイの雰囲気になっていて
とても素敵でした。
b0044296_21183870.jpg

今日のメイン料理はイセエビのつくりでした。コリコリしていておいしかった
b0044296_21192554.jpg

波の音を聞きながら眠りました。
あくる日はサイクリングでミトコ湾から竹が島までゆったりぶらぶらしました。
ミトコ湾ですいつ見てもいいですね。
b0044296_2121663.jpg

竹が島の海岸です。
ここで葉ベテランの人がサーフィンしていました。
それがとても上手なんで堤防に座ってずっと見学しました。
b0044296_21224860.jpg

ハイビスカスの花とかわいいアザミの花です。

b0044296_21243919.jpg
b0044296_21251939.jpg


堤防から覗いてみると熱帯魚がたくさんいました。
持っていたパンやお菓子を砕いてやると食いつきに着ました。
b0044296_21272519.jpg

最後は鈴ガ峰の山の登り口まで行きました。
いつもは登るのですが今回は無理しませんでした。
b0044296_2130497.jpg

秋晴れのいいお天気の中ゆったりと時間は流れ水もきれい空気もきれい
人はやさしい素敵な町でした。
次回はカヌーに挑戦します。
by yukinachan55 | 2008-10-22 21:41 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

コスモスの季節

b0044296_1318755.jpg

秋ですね。あちこちにコスモスが咲き乱れています。コスモスがさいて稲刈りが終わり柿が実り赤トンボが舞う秋が好きです。宍喰の喫茶店飛行船横のコスモスです。
by yukinachan55 | 2008-10-20 13:18 | Trackback | Comments(0)

ししくいペンションの浜

b0044296_12511594.jpg

ししくいペンションの浜を見ながらいい風に吹かれながらビール飲んでます。
by yukinachan55 | 2008-10-19 12:51 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

三本木農業高校、馬術部 盲目の馬と少女の実話

三連休少し腰の調子が悪くどこへもいけませんでした。
先週映画のあと右ひざが固まってしまって、そのまま痛みが続いていました。
今まで、左ひざは時々痛くなることはあったけど右膝は何ともなかったので
めちゃくちゃ不安になりました。
家でおとなしく出来るだけ静かに暮らしたら、痛みはあるけど
嫌な不安になる痛みはなくなりました。

今日は「三本木農業高校、馬術部 盲目の馬と少女の実話」を
見に行ってきました。
東北青森の大自然をバックに農業高校の馬術部を舞台にした映画でした。
若いときは華やかな経歴を持つけれども、今は目が悪くなったプライドの
高い雌馬と最初はいやいやしていた世話を本気でやり始め
成長していく女生徒との物語でした。
うまの世話を四季折々に合わせて描いた風景はとても素敵でした。
この映画は八甲田山が四季折々に出てきます。
映画は山が最高に美しく見えるアングルでとるので
山の映像が出てくるだけで得した気分になります。
私は桜が大好きですが、桜並木も美しかった。
紅葉も雪もきれいです。
馬術部の仕事は大変でなかなか部員が居着かない部のようです。
部員たちのそれぞれの思いと顧問の先生、校長先生、いい感じでした。
主人公の父母も素敵な両親でした。
馬の出産、馬術大会、親馬と子馬の別れ、涙が出ました。
すばらしい高校生たちでした。こうゆう若い人たちをみると安心します。
ほっこりした気分になれた映画でした。
by yukinachan55 | 2008-10-13 19:22 | 映画 | Trackback | Comments(0)

綿の国星 ①~④

先日「ぐうぐうだって猫だった」を見て主人公のモデルの
漫画家大島弓子さんの作品を読んでみたくなりました。
図書館に行って検索してみると書架にはなく書庫に入っていました。
作者の代表作をいう「綿の国星」を1巻から4巻まで借りてきました。
人間は始めから人間に生まれるものと猫が努力して人間になると
信じているチビ猫が主人公です。
猫の立場から人間社会を鋭くやさしく見つめています。
これだけよく猫のことがわかるなあと関心しながら読んでいます。
拾われた家族との付き合い、街の色々な猫たちとの付き合い、
飼い猫や野良猫やそれこそ色々な立場の猫が登場します。
飼い主との関係や、猫同士の関係などとにかく緻密な感情の
流れがとても面白いです。
この漫画は猫は猫の姿でなく、人間の姿に猫の耳がついている
姿で登場するのですが、本当に猫のようでかわいいです。
十四五年前に書かれたものですが、今回読んで新鮮に感じました。
私は幼い時は犬がいました。しばらく猫も飼っていたと思います。
家庭を持ってからは働いていたので動物は金魚を飼ったぐらいです。
それでも、眺めているだけで、ほっとすることがありました。
コッピーも4年間ぐらいいました。
もうすぐ読み終わります。次は何読もうかなあと思っています。
b0044296_2028598.jpg
by yukinachan55 | 2008-10-12 20:33 | 読書 | Trackback | Comments(0)

韓国語教室秋期はじまる

4月から6月が春期で7月から8月が夏期でした。
10月から三ヶ月間どうしようかと迷いました。
いつも迷っているのですが、夏期の時は暑さに負けないで
通う事ができるかとまよいました。
今回は、昨年二週間勉強に行った韓国の教室へ一ヶ月行きたかったんです。
季節もいいし、体調も少し良くなっているしと思いました。
でも、今習っている教科書が夏期でちょうど半分終わりました。
やはり続きで終わらせてしまうことにしました。
週に三日一日二時間の授業です。
6ヶ月たってやっと勉強方法がわかったところです。
今学期は間違ってもいいから韓国語で話し続ける勇気を持つことにしました。
それと語彙をモットモット覚えなくてはと思っています。
覚えるよりも忘れるほうが早いんですが、めげずに楽しく学習しようと思っています。
韓国は花の四月に行くことにします。
今日は久しぶりの授業でめちゃくちゃ疲れました。
通学途中に映画館があって、見たい映画があったのですが、
疲れてみる元気もなかったです。
by yukinachan55 | 2008-10-09 00:18 | ハングル | Trackback | Comments(0)

御在所日向小屋

この週末、9月初めのゲリラ雨による土石流で河原になってしまった
御在所裏道登山道の途中にある日向小屋のお見舞いに行ってきました。
自然の力がどんなに恐いか写真で見てもすごいと思ったけど
実際に見ると本当にすごかった。
上流から流れてきた大きな石が日向小屋の前に止まって
流れが直接日向小屋の下を削ったようです。
それにしてもこんな状態でよく残ったものだと感心しました。
奇跡に近いと思います。
小屋のおじさんもおばさんもお元気で、災害にもめげず小屋を再開するために
がんばっておられます。ボランティアの人も大勢来られていてとりあえずの
補強は済ませてこ屋は使えるようになりました。
渓谷が河原になってしまいました。
b0044296_1301929.jpg

上流から流れてきた流木の山と日向小屋です。
b0044296_131216.jpg

裏道登山道は一応登れるそうです。
この日も登山者が結構歩いていました。
みんな小屋の前で感心しながら写真を撮ってしばし眺めてから動きます。
小屋が一日も早く再開できるよう荷と思っています。
by yukinachan55 | 2008-10-06 13:08 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

日向小屋修理

b0044296_1551633.jpg

今日は御在所日向小屋のお見舞いにきています。ボランティアの人も多く来ておられました。大きな岩がゴロゴロてあって渓谷が河原になってしまいました。
by yukinachan55 | 2008-10-04 15:51 | Trackback | Comments(0)

アキレスと亀

今日もまたまた映画に行きました。
北野武監督の「アキレスと亀」です。
一生絵を描き続けた画家とそれを支えた妻の物語ですが
小学生の頃から絵が好きで絵ばかり書いていた少年が
父の会社の倒産、父母の自殺幸せでない中でも絵を描き続ける
子どもの頃人に逆らうこともなく描き続ける不可思議な少年。
青年になってもただ描きつづける。
周りの絵の仲間もなんかおかしな人ばかりだけど
みんなで馬鹿騒ぎの中死んでいく人、外国で成功する人
色々在るけどとにかく描き続ける、
そんな彼の絵を批判し続ける画商、でもその人の意向に沿って描き続ける
本人と理解し支え続ける妻、子どもにも去られ妻にもさられるなかで
だんだんエスカレートしていく画家きつづける
最後に妻が帰ってくる。
プロローグがアキレスは亀に追いつけない
エピローグがとうとう追いついた
だった。
映画の中にでてくる絵はきれい絵からグロテスクな絵まで結構楽しめた。
社会に対する強烈な批判だと思うけどよくわからない。
でも、見終わってビート武の映画の気持ちが尾を引く感覚が抜けない。
今日は友人からのお誘いで出かけました。
by yukinachan55 | 2008-10-03 20:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧