<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

マフラー

先日待ち合わせしていて、少し早くついたら、
前のお店が毛糸やさんだったので、ついつい入ってしまいました。
外国の毛糸を扱っている店で色がきれいです。
うろうろしてみていたら、毛糸ひと玉で編めるマフラーに目がいきました。
なんとなく編みたくなって、買ってしまいました。
編み棒は家にあると思ったのですが、番号違いでなかったので
あくる日デパートで買いました。
二日で編めました。
編み始めは、手が慣れなくて、編みにくかったけどそのうち
慣れてきて、編みながら編みあがっていく編地の色合いを楽しみながら
編み上げました。
ちょっと短いかなと思ったけど、首に巻いたらちょうどでした。
邪魔にならず、いい感じでした。
今年もモットー「艶やかに」の色合いです。
b0044296_2325158.jpg
by yukinachan55 | 2007-01-24 23:27 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)

冬の中の春

b0044296_15505977.jpg

今日も足元が冷えて、寒い日が続いています。通勤途中で桜草が咲き始めていました。健気な感じの花だけど寒空に凛と咲いています。(*^_^*)
by yukinachan55 | 2007-01-23 15:50 | Trackback | Comments(2)

京都御所障壁画ー京都国立博物館

先週は忙しくブログの更新も出来ませんでした。
昨日お昼から京都国立博物館の新春特別展覧会
京都御所の襖絵と見てきました。
京阪七条を降りて東に歩くとお菓子屋さんが多いです。
魅力歩けど、見るだけにして博物館に急ぎました。
正面入り口から入ると噴水がありそこに考える人が座っていました。
b0044296_215905.jpg

展覧会は襖絵なので多少込んでいても、しっかり見ることできました。
京都御所の障壁画は全部で1800面あるそうです。
今回は焼く200面公開されたそうです。
きらびやかな中にも日本の花鳥風月、中国の王道を伝えた絵画、
市民の日常生活、行事色々なものが腋芽であらわされていました。
とにかく大きいのが良かったです。
これを書くのに精密な下絵の巻物がありました。
襖絵のそのまま縮尺版です。
拡大コピー機がない時代にすごいなあと思いました。
日本の文化ってすごいなあと感心しながら、おおきいなあとおもい
こんな障壁画に囲まれて育つどんなんやろうかと想像しながら見ました。
良かったです。
同時に日からかれていた常設展の神仙画と神仏さんがよかったです。
久しぶりに京都を味わいました。
b0044296_2264216.jpg

by yukinachan55 | 2007-01-21 22:07 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

カニと温泉家族旅行

毎年恒例のかにと温泉の旅行に出かけました。
総勢8人で、梅田からカニちゃんバスにのります。
毎年バス会社は変わりますが、同じコースです。
12時集合で一路夕日ヶ浦温泉めざして走ります。
途中のサービスエリアでは黒豆ずくしです。
ここにしかないという黒豆アンパンを食べました。
二回目の休憩は道の駅です。ここでは小豆と大豆を買いました。
太平洋側ではいいお天気だったけど、峠を越えると雪が見え出し、
曇り空から霙雨になりました。
今日は順調に温泉につきました。
早速温泉に入りました。じっくりつかります。
温泉は上がってから、身体の芯からぬくもってきます。
夜はお目当てのかにです。
ここはカニ料理はもちろん毎年料理が変わるので楽しみです。
まずはかにの刺身、焼きが二、しゃぶしゃぶ、むしがに
カニすき、最後はかにのてんぷらが出て、おじやでしめます。
デザートはゆずシャーベットが出ました。
満足満足
b0044296_21114083.jpg

b0044296_21121252.jpg

あくる日は、コウノトリ公園によって、放し飼いのコウノトリと訪朝したコウノトリを見ました。
つるとよく似ています。
b0044296_21132745.jpg

b0044296_21163769.jpg

海産物やでお土産かって、カバン団地でバック等買い物して
お昼は出石によって、出石そばを食べました。
みんな満足の家族かにと温泉旅行でした。
by yukinachan55 | 2007-01-14 21:17 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

韓国語の漫画の本と新婚陽子ちゃんの韓国生活パート2

韓国語をぺらぺらしゃべるようになりたいと思って、
韓国語の漫画の本を読めば全部会話文だし
いいだろうと思って早速韓国関係のネットで買いました。
以前にかった時より郵送料が高くなっているのか
思ったより高くなっていました。
日本の作家の本で韓国語に訳されたものを探していたら
今映画になっている「ナナ」があったので15巻全部買ってしまいました。
あとで考えたら二、三冊で良かったかなと反省しています。
早速一巻から読み始めましたが、これがなんと案外むつかしい。
辞書を引きながらやっとやっと読んでいます。
読み終わるのはいつになることやら、日本語版も読んでいないので、
手っ取り早く内容をわかるようにDVDを借りてきてみる段取りにしています。
「ドラえもん」か「コナン君」にした良かったかなあ???

それともう一冊「陽子ちゃんの韓国新婚生活のパート2」が出ていたので
ついつい買ってしまった。
これも韓国語版なんだけど本の装丁が見開きの漫画の部分が
韓国語と日本語で書いてあるので、そこだけ読んでも結構楽しいんです。
文も面白いけど、絵がとても面白く大好きです。
でも一冊目がでてから3年たつそうで、そろそろ新婚さんといえないかも?
パート2には自由に書き込める日記帳がついていた。
どうして使おうか今思案中です。
b0044296_2215382.jpg

by yukinachan55 | 2007-01-12 22:25 | ハングル | Trackback | Comments(0)

瀧夜叉姫 陰陽師 上・下 夢枕獏

先日正月休みにブックセンターを除いてみたら瀧夜叉姫 陰陽師 上・下
がそろっていました。久しぶりの陰陽師です。
清明と博雅のコンビは相変わらず健在で面白い。
謎解きも清明の方がわかっているようで、最終のヒントは博雅の
飄々とした人間性がものをいいます。
平安時代のおどろおどろした時代に鬼たちが人間と一緒に生きていた時代は
面白いです。
百鬼夜行からはじまり、鬼。蛇、ムカデ、
平将門、藤原純友の大物反逆者がでてきて、
一方で清明、清明の師匠、道満オールキャストで繰り広げられる。
ちゃんばらは本当に面白く清明の世界を楽しみました。
私が一番ほしいのは、私の変わりに料理を作ってそうじしてくれる
式神がほしいです。
なんとかならないかなあ?

今朝日新聞で連載が始まった夢枕獏さんの「宿神」を読んでいます。
西行が主役の物語です。夢枕獏さんの西行がどう活躍してどうなるか
楽しみにして読んでいます。
by yukinachan55 | 2007-01-11 22:59 | 読書 | Trackback | Comments(0)

少し昼が長くなりました。

朝はなかなか明けないけど、夕方はずいぶん明るくなりました。
今日は朝冷えたのか久しぶりに太ももがつりました。
そんなにきつくなかったので良かったです。
お昼は暖かい日ざしでした。
ボケの花が咲き、蝋梅が膨らみ始めました。
確実に季節が変わります。
2006年度からラジオハングル講座が10時20分から40分までの
時間帯が増えました。
今までお昼は無理で、朝7時5分から25分までの時間帯を
録音して通勤電車の中で聞いていました。
時々忘れます。
一ヶ月前から夜の部の時間帯に講座聞きながら
チャットできるブログにお世話になってます。
録音せず直接聞けるので、効率がよく楽しいです。

今日は久しぶりに空が焼けて夕日が落ちるのを見ました。
b0044296_22545290.jpg

by yukinachan55 | 2007-01-10 22:55 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(1)

初出勤

今日は久しぶりに6時前から起きるとつらい。
まだ外は薄暗い。休み中が7時ごろまで寝ていたので本当につらい。
職場でもイマイチ頭が働かないし、身体も思うように動かない。
一日が長かった。
一ヶ月に一度の歯医者に行って歯のお掃除です。、
もらったお年玉でトンボ玉のようなかわいい、くじゃくだま(紙だそうです)の
オレンジのナックレスを買った。
b0044296_23351189.jpg

夜は今年第一回目の韓国語教室です。
内容もだんだん難しくなってきて、日本語に訳しにくくなってきていて
一ランクアップしなければならないねと話しながら、
土産のお菓子を食べているのはちょっとあかんかなあ?
日本語に訳さずに韓国語のまま覚えるようにと思うけど
やっぱりむつかしいです。
デモこの壁越えなくてはべらべらしゃべれるようにならない!
アジャアジャファイティーン!
by yukinachan55 | 2007-01-09 23:39 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(5)

おむすびの祈り「佐藤初女著

おむすびの祈り 「森のイスキア」心の歳時記
を読みました。
職場の上司がカウンセラーをしている方からすすめられて読んだ本が
私のところに回ってきました。
青森の岩木山のふもとにある「森のイスキア」で心を病んだ人や苦しみを
抱えた人を受け入れ、地元で取れたものを材料にしておいしいものを食べさせ、
じっと傍らに座っている初女さんです。
彼女に癒されて社会に帰っていった人たちの援助と寄付で運営されている施設です。
その中心になっている人佐藤初女さんの生き方を冬から始まり秋までの歳時記に
して、その間に彼女に来た手紙で構成されています。
読み終えて厳粛な気持ちにさせられました。
初女さんは最初に私は面倒くさいって言うのがいちばんいやなんです。
と書いています。
丁寧に生きることの大切さを大事に生きてきておられます。
つらい思いや苦しいことをかかえて彼女の前に現れる人に
まずはお茶を出してあげ、おにぎりをだしてあげます。
苦しみをかかえている人は手がでないそうです。
彼女の癒しにより落ち着いてきて
はじめて食べることに気がいくそうです。
このおにぎりは梅干が入っているシンプルなおにぎりですが、
梅もご自分で洗い、干し、つけて丁寧に作られたものです。
食べることの大切さ痛感しました。
彼女の生きている姿をそのままとった映画があったんですが、
演技も何もなくそのままの姿が素敵な絵になったそうです。
ふきのとうをとるシーンではいきなり掘らずに木の枝で周りを
掘って丁寧に掘り下げてから切り取られます。
命あるものをいただいて、食べさせていただいているという気持ちを
あらわされています。
人間は他の命をもらって生きているのだという荘厳な気持ちが
丁寧な扱いになられます。
この映画見ることができたら見たいものです。
この本の中でイスキアを建てようと思ったら神様があとおししてくれて
人との出会いの中で、立ち上がっていく姿がひきつけられました。
私は宗教はしませんが、自分がこうしたいと思って意志を通した時に
後押ししてくる意志の力が神様だと思います。
佐藤さんの人との出会いを大切にされる姿にも感動しました。
本の一ページごとにすごいすごいこんな人がいるんだ
と思いながらじっくり読み終えました。
丁寧に生きなければと思いを新たにしました
by yukinachan55 | 2007-01-08 21:36 | 読書 | Trackback | Comments(3)

中国四川省の旅のつづき

ハイロウゴウの第三営地でたべたご飯です。
中国の田舎料理です。
スープは卵焼きを入れて必ずトマトが入っています。これは比較的おいしいです。
ヤクの骨付き肉で大根を炊いたもの、キャベツの炒め物、それといっぱいのご飯です。
b0044296_20164335.jpg

山に登る時の途中にある露天で食べたラーメンです。
おじさんが地べたにコンロを置いて炊いてくれました。
なかになにがはいっているかわからないけど麺はとてもおいしく
きしめんとラーメンの中間みたいなものでした。
b0044296_20211195.jpg
寒いので暖かいものがとてもおいしかったです。
by yukinachan55 | 2007-01-07 20:23 | 旅行 | Trackback | Comments(6)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧