カテゴリ:お出かけ( 295 )

神戸市立美術館・チューリヒ美術館展に行ってきました。

 今日は神戸市立美術館で行われている「チューリヒ美術館展」
に行ってきました。
阪急の三宮で降りて花通りを歩きました。
春の花が綺麗に植えられています
b0044296_2251466.jpg


今回のチケットは新聞社主催のレクチャーと鑑賞会に
応募して当選しました。
最初に講堂で学芸員の方の見所の簡単な説明を受けその後
各自自由に鑑賞できるというラッキーなものです。
そのため西側の出口から入りました。
b0044296_22541292.jpg


チューリヒ美術館はチューリヒ市が管理しているのではなく
私設の財団が管理している美術館だそうです。
世界でも有数のお金持ちの美術館だそうです。
今回の美術展は「圧巻!全てが代表作」と歌われているだけあって
すごい作品ばかりでした。
綺麗なポスターやチラシが配られているけど、本物はこんなものではない!!
一つ一つ胸がドキドキ、感動しながら見ました。
私の気に入った作品、勝手につけた題名です。
ホドラーの青い服の女性、ピカソの白い女性の裸像、
モネの睡蓮の咲いていない睡蓮、ゴッホの白い家、ルソーの赤い帽子のおじさん
シャガールの真っ赤なバラの下のパリ、ムンクの白い服の女の人
よかった!!!!!!!もちろん写真はありません。
ポスターとお遊びの写真だけです。
一階フロアーです。
b0044296_22595587.jpg


b0044296_2355032.jpg


他の会場で青銅器など地域の古墳の展示などがあり、さっと回りました。
さすがに疲れました。
中華街の方は行くことにしました。
途中ですごい車を見ました。真ん中に「触らないでください」です。
b0044296_2394676.jpg


こちらの街路樹はハクモクレンが満開でした。
b0044296_2310373.jpg


元町商店街の喫茶店で有名だというデンマークのチーズケーキを食べました。
私は普通のチーズケーキがいい。
b0044296_23114355.jpg


中華街に入りました。
b0044296_23135980.jpg


b0044296_23143161.jpg


有名な焼売を買おうと思ったのですが、25分以上待つと言われ今回は
諦めました。
あとは適当にお店を冷やかしながら、結局は日本のかりんとまんじゅうを買って
帰りました。
今日は本当に感動満足した美術展覧会でした。
by yukinachan55 | 2015-03-20 23:19 | お出かけ | Trackback(1) | Comments(4)

松原市・屯倉神社のしだれ梅を見る・2015年

 今年も松原市の屯倉神社のしだれ梅を見に行ってきました。
残念ながら今年は行くのが遅かったようで、満開を過ぎて
散り始めていました。でもやはり綺麗でした。
昨年は満開でした。2014年の様子

まずは本殿にお参りです。
b0044296_14311898.jpg


干支の羊が可愛いです。
b0044296_1432587.jpg


常夜燈の横の濃いピンクの梅が綺麗でした。
下の見ると随分散っていました。
b0044296_14331115.jpg


うしさんにも健康祈願しました。
b0044296_14335349.jpg


しだれ梅も散り始めていましたが、やはり塊が美しい。
b0044296_14345794.jpg


b0044296_143525100.jpg


豊後梅が満開でした。
b0044296_14393544.jpg


b0044296_1440264.jpg


b0044296_14403119.jpg


御神木の楠がまっすぐのびていました。
b0044296_14411036.jpg


来るのが少し遅かったけど、満足の梅見でした。
来年は梅まつりに合わせてこよう。
by yukinachan55 | 2015-03-17 14:26 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

京都・高麗美術館「チャングムが生きた時代」を見る

 京都の高麗美術館に「チャングムが生きた時代」を
見に行ってきました。
梅の花は終わりかけていましたが、これから咲く木もありました。
b0044296_17234070.jpg


豊後梅がこれからのようです。
b0044296_17243838.jpg


高麗美術館へは上賀茂行きのバスで加茂川中学校前でおります。
b0044296_17262018.jpg


四ヶ月ごとに展示が変わります。
今回は韓国ドラマで有名になったチャングムの時代に
生きた女性たちの生活と服の展覧会でした。
朝鮮王朝になって仏教から儒教が重んじられるようになり
火葬でなく土葬の習慣になります。
土葬ではチマチョゴリを何重にも巻きつけて埋葬したそうです。
大都市ソウルの発展に伴って、お墓も移転を余儀なくされ
その時に出てきた衣類が貴重な歴史資料として役立ったそうです。
それらや当時の風俗がなどを参考にして復元された衣装が展示されていました。
王族の衣装は流石にすごかったです。
器や食器などの展示もありました。写真はダメです。
美術館の玄関横の土偶や石像です。
b0044296_17355862.jpg


b0044296_17363369.jpg


美術館の横に古墳がありました。
b0044296_1739321.jpg


上賀茂神社まで歩いたのですが、雨が降りそうなので
鳥居の所でお参りしました。ごめん。
バスで出町柳まで出ました。
停留所前のおかめ桜はまだでした。
来週なら満開だと思います。残念
b0044296_17412668.jpg


b0044296_1741558.jpg


駅前のジャズ喫茶により美味しいコーヒーを飲みながら
雑誌を見ると若山牧水の歌がのっていました。
「 うすべにに葉はいちはやく萌いでて咲かむとすなり山桜花」
「 うらうらと照れる光にけぶりあいて咲かむとすなり山桜花」
あと半月すると桜を追いかけるようになります。 
by yukinachan55 | 2015-03-16 17:51 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

歌舞伎座で「舟木一夫ショー」を見てきました

 日曜日中国語教室のお友達から電話があり、
「火曜日 時間あったら舟木一夫見に行かへん」とメールが入りました。
いつもは中国語のレッスンがある日なんですが、たまたま今週は
先生のご都合で月曜日に変更になったのでOKです。
上六の歌舞伎座であるそうです。
歌舞伎座に行くのも初めてなら、こういう公演は自分では
絶対に切符買ってみないでしょう。
楽しみにして出かけました。
友人の友人からのお誘いでたまたま行けなくなった人の代わりです。
前半がお芝居で後半が歌謡ショーです。
面白かったです。お芝居はちょっとテンポがゆっくりでしたが
歌謡ショーはよかったです。
舟木一夫さんは今年70歳には見えないぐらいお若く
いい声でした。
若い頃に歌った「高校三年生」など懐かしかったです。
最後は銭形平次でしめました。
楽しい時間でした。
幕間に豪華なお弁当付きでした。
b0044296_23194038.jpg


今日は農協さんの貸切招待の日だったそうです。
全く知らずにホイホイついて行ったのですが
ショーが始まる前に式典がありその中でびっくりしたのは
今日は一億円以上あずけておられる方をご招待しています
と主催者が挨拶した時でした。
あ~~^すごい!!!!
友人の友人はお金持ちなんや!
お弁当も豪華すぎると思った
今日の一番はこれでした。
by yukinachan55 | 2015-02-18 23:25 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

大阪城公園の梅林は三分咲きでした

 日曜日天気予報ではもっといいお天気になると思ったのですが
意外と雲が多いお天気でした。
 京橋から歩いて昼食はインド料理店に入りました。
揚げたてのあつあつ多きなナンがとても美味しかったです。
鴫野橋から見た大阪城です。
b0044296_23191455.jpg


梅林は三分咲きぐらいですが、満開に近い木もありました。
八重野梅の白が元気でした。
b0044296_23213431.jpg


紅梅もしっかり咲いていました。
b0044296_23222941.jpg


カメラの調子が良くありません。
最近落としたからか、アップがうまく撮れません。
ピントが後ろにずれます。
b0044296_23235125.jpg


冬至の花が一番元気でした。
b0044296_23244457.jpg


緑萼の緑っぽい花のつぼみが丸くてかわいいです。
b0044296_23271913.jpg


b0044296_2328085.jpg


紅冬至の花も愛らしい
b0044296_23293330.jpg


名前のわからない鳥さん
b0044296_2330219.jpg


梅はまだまだこれからです。大阪城をバックに写しました。
前の梅の花が満開になるのにはちょっと時間がかかりそうです。
b0044296_23323955.jpg


月の桂の白が清楚でいい感じでした。
b0044296_23321311.jpg


全体にはこんな感じです。
b0044296_2334106.jpg


売店であまいあまい甘酒買って飲みました。
暖かくてほっとしました。
空を見ると今にも降り出しそうなんで大阪城へはいかず
もう一度来る予定で今日は早々と退散しました。
by yukinachan55 | 2015-02-16 23:36 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

大阪市立美術館「田万コレクション」を見る

 日曜日本当に寒かった。
お昼から大阪市立美術館で行われている
「田万コレクション」中・近世絵画展を見に行きました。
天王寺公園の入口は閑散としていました。
入場券を買おうとすると今日は公園は無料なんでそのまま美術館に
行ってくださいと言われました。
入ってみてそら当たり前やんか
工事中で噴水も庭もみんな掘り返していました。どのようになるんやろ?
b0044296_22214083.jpg


美術館前も閑散としていました。
b0044296_2222998.jpg


観覧車もまばらでゆっくり鑑賞できました。
b0044296_22231136.jpg


会場はもちろん写真はダメです。
このポスターの猫はネズミを捕って満足げに寝ているようです。
田万コレクションは近世の屏風絵、中国・朝鮮の美術と教典
中・近世絵画と工芸に分かれていてそれぞれに面白かったです。
京都の洛中洛外図屏風の前でここが鴨川、ここが祇園とか
二条城を探したりとひとしきり遊びました。
絵巻物はよくわかって面白かったです。

同時に開催されていた天来ー織り機たる神仏の
展示が丁寧な説明書きがあって読んでみるとなるほどと
よくわかりました。
人々の願いや祈りに応じ、時として神仏はこの世に降り立ちます。
釈迦の入滅を書いた涅槃図では嘆き悲しむ麻耶夫人が我が子のもとへ
雲間から現れます。来迎図では阿弥陀如来が樂を奏でる諸尊と
ともに賑やかに往生者を迎えに現れます。
説明を読みながら見るとよく分かり面白かったです。

魁春の彩ー明清の絵画
中国の景色がよかった。
特に江南春色図 中国のゆったりした川をはさんで
野山の中に桃の花のピンク色がどこまでも続き、ほっこりと
していてああいいなあとしばらく眺めていました。
全体にじっくり鑑賞できて思っていたよりいい展覧会でした。
あちこちの展覧会のポスターです。
b0044296_22564981.jpg


寒かったけど、春を迎えたような温かい気持ちになった展覧会でした。
帰り道の店に並んでいたお人形さんです。
b0044296_22581472.jpg


店の人に聞いたらクッションだそうです。
欲しかったけど、値段聞いてやめました。
by yukinachan55 | 2015-02-03 23:02 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

古墳めぐり 応神天皇陵と誉田八幡宮

今日は古墳巡りに出かけました。
近鉄南大阪線古市駅で降ります。
駅から直接繋がっている白鳥神社にまずお参りしました。
b0044296_22344434.jpg


神社の階段を降りて参道に沿って歩いていきます。
参道横に小学校があります。
b0044296_22401742.jpg


ここで左に曲がらなければいけないのに右に曲がってしまいました。
しばらく行くとお寺に出ました。
道路を見るとこんなマークがあったのでなんとなくそちらに行ってしまいました。
b0044296_22413996.jpg


これはいけないと素直に戻ったらいいのになんとか行けると
思って間違って北の方へ歩いてしまいました。
クリがなっていました。
b0044296_22431626.jpg


私が行きたいのは誉田八幡宮なんですが?
珍しく方向感覚が90度錯覚を起こしていたようです。
碓井神社に出てしまいました。
b0044296_22455059.jpg


萩の花が満開でした。
b0044296_22462726.jpg


結局電車の音を聞きつけ元の方向へ戻り秋祭り用の提灯を
見つけて誉田八幡宮にたどり着きました。
b0044296_22483067.jpg


まずは本殿にお参りしました。桜と橘の木があります。
b0044296_22494756.jpg


実は吽の狛犬さんの角が近畿圏でこの狛犬が一番長いそうで
この狛犬さんを見たかったのです。
b0044296_22523018.jpg


15日に行われる秋祭りでは誉田八幡宮と応神天皇陵をを結ぶこの橋を
一年に一回神輿がわたっていくそうです。
b0044296_22544628.jpg


目にとまった石碑です。内容を聞きたかったんですが
誰もいなかったので次回にします。
b0044296_22552684.jpg


南大門を出て応神天皇陵をぐるりと回ることにしました。
b0044296_22574691.jpg


古墳は大きくて回っていても森にしか見えません。
空から見た写真がよくわかるけど、歩いていてもよくわかりません。


b0044296_22582796.jpg


パンフレットにはコスモスがきれいに咲くと書いてあったけど
それらしきものは見えず草はらでした。
b0044296_230192.jpg


耕したようなところにちょうちょがいました。
b0044296_2311565.jpg


草の中に彼岸花が咲いていました。
b0044296_2321539.jpg


古墳を南から西回りで半周したところで遥拝所に出ました。
古墳の遥拝所はどの古墳も一緒です。
b0044296_2342177.jpg


ここから他の古墳を訪ねながら土師の里に出る予定が
またここで方向を間違えてしまって道明寺に
出てしまいました。ははは!!!
次回はしっかり地図を見ながら土師の里から出発します。
by yukinachan55 | 2014-09-12 23:12 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

あべのハルカス美術館で「デュフィ展」を見る

 あべのハルカス美術館で「デュフィ展」を見ました。
初めて行く美術館です。美術館への案内のエスカレーターに
乗ると一旦百貨店の外に出て改めて美術館専用のエレベーター
に乗ります。
美術館は16階にあります。
b0044296_23422412.jpg


中はもちろん撮影禁止です。
思ったより見やすかったです。休憩するベンチもありました。
デュフィはピカソやマチスなどと共に20世紀後半に活躍した画家です。
絵画だけでなく生活用品のデザイン、陶器など多方面にわたって活躍した人です。
絵は色が新鮮で、色と色の取り合わせがこの人独自のもので
素敵でした。
写真撮影用の絵です。
b0044296_23482327.jpg


一番気に入った窓から見た風景です。
b0044296_23495048.jpg


パンフレットの裏側です。
b0044296_23502429.jpg


花の絵もよかったです。一つ一つの花が主張し合っている
生き生きした絵でした。
面白かったです。
美術館の階の外が16階の中庭のようになっていて
それなりに景色がよかったです。
ベンチもたくさんあって休憩場所にはいいと思います。
b0044296_23522777.jpg


天王寺美術館方面です。
b0044296_23534968.jpg


ハルカスの北側です。
b0044296_23542680.jpg


生駒山方面です。二上山から金剛山にかけては霞んでいました。
堺方面と西側は最上階の展望台に行かないと見えません。
b0044296_23561485.jpg


冬のよく晴れた日に行こうと思っています。
面白い展覧会でした。
by yukinachan55 | 2014-09-11 00:01 | お出かけ | Trackback(1) | Comments(2)

香雪美術館 「曽我蕭白 鳥獣画の探求展」を見る

 8月24日始まってまもない
 香雪美術館の 「曽我蕭白 鳥獣画の探求」を見に行きました。
梅田から阪急で御影で降りて東南の方向に歩くとすぐわかります。
電車からも見ることができ、こんもりした森の中にあるようです。
b0044296_13381415.jpg


庭には見事な桜の木ともみじの木があり、季節には
素敵な庭になると思います。
b0044296_13392778.jpg


ポスターは繊細な花が描かれた中に鋭いくちばしと
足が印象的な絵があり、代表的な鬼の絵があります。
b0044296_13484718.jpg


美術館の中は一階と二階に展示されていてそんなに大きくなありません。
屏風絵が多く、鷲の描いた絵。スピード感あふれる絵に圧倒されました。
季節の花と小さな鳥や動物の組み合わせも素敵でした。
面白かったです。
もちろん写真はダメです。
展覧会は前期と後期で展示が全く変わります。
後期も見に来ようと思って後期のチケットを購入しました。
よかったです。満足しました。
帰りに隣にあるゆずりは神社にお参りして帰りました。
三足鳥が祀られていてサッカーボールが置かれていました。
b0044296_13551950.jpg


狛犬さんです。
b0044296_1356368.jpg
b0044296_1356323.jpg


雨がしとしと降っていましたが、なんとか大ぶりにならないうちに帰りました。
後期も楽しみです。
by yukinachan55 | 2014-09-03 14:01 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

京都市美術館「バルテュス展」をみる

 日曜日台風のせいか蒸し暑かったけど、京都市美術館で
行われている「バルテュス展」を見に行きました。
 三条から歩くと結構時間かかります。
美術館についた頃の雨がぱらつき始めました。
b0044296_1581525.jpg


ポスターになっている「美しき日々」と題する少女の絵です。
無表情な少女が、挑発的なポーズで鏡を覗いています。
見ていてもなんか落ち着かない感じがします。
b0044296_151003.jpg


もちろん、写真はダメなので、会場のポスターだけです。
柱に貼ってあった。若い時の本人です。
b0044296_15154294.jpg


本人は93歳まで生き、日本人の節子さんと1967年に結婚し
日本の絵画も取り入れた絵もありました。
若い時の自画像で、かっこよく見せるために努力している感じです。
b0044296_15194070.jpg


少女をモデルにし、少女から女性へと変わっていく
過程、少女そのものの持っている純粋さ潔癖さを
年代ごとに描いています。
挑発的なポーズがドキっとすると同時に何か紙一重の
感がします。
絵には必ず猫が出てきます
この猫を確認するのも面白かった。
この猫はなんやねん?と思いましたが
結局作家本人の化身なんでしょう。
見ていても落ち着きませんでした。
最後に、少女から脱皮した絵を見て少し安心しました。
作家が11歳の時に書いた飼い猫ミツの誕生から死までの
物語が最後まで彼の絵の中にミツに同化した自分が出てきます。
少女の絵の中に作家本人と思われる、どってとした猫が出てきます。
その猫の代表と思われる地中海の猫の絵が記念撮影用に鎮座していました。
b0044296_15264722.jpg


真ん中にどんと構えて魚を食べんとする猫と
ボートに乗った少女の上から虹が出て虹が
魚を猫のお皿に運んでいます。
お酒はワインでしょうね。スピード感ある面白い絵でした。
見ていて穏やかになる絵ではなかったけど、面白かったです。
その後「バルテュス展」を楽しむためにという講演会があり
聞くことにしました。
なかなか興味ある面白い話でした。
終わったと再入場券をもらって、再度見て回りました。
また、それはそれなりに面白かったです。
一番印象に残っとことは講師の方が
絵を見るときにキャプションを見る前に自分で
題名をつけてください。
感性と経験値によって一人ひとりが違う題名を付けるけど
全て間違いでなく正しいです。
作者の題名と自分のつけた題名の違いをまた楽しんでください。
絵画を見る楽しみの一つにして、広げてくださいと言われました。

家の近所で芙蓉の花を見てなぜかほっとしました。
b0044296_15391924.jpg
by yukinachan55 | 2014-08-04 15:41 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧