カテゴリ:海外旅行( 152 )

2016年春のソウルの旅 六日目

 六日目の朝からハンカラム美術館の印象主義の展覧会にいきます。
毎日同じパターンで過ごしています。
美術館へは地下鉄三号線で南部高速ターミナル駅まで行きます。
ところが地下鉄に乗ってしばらく経っても動きません。
しばらく待っていると放送があり、どこかで車両が故障して
そのために地下鉄が止まっているので点検が済むまで待ってください
と言っていると思って周りも騒がないので待っていました。
事故でないことだけわかるのでちょっと怖かったけど待ちました。
25分ほど待って動きました。
次の次の駅で全員下ろされて、次の電車に乗りました。
あとはスムーズに駅にたどり着きました。
この展覧会は「印象主義」の作家の風景がばかりを集めたものでした。
b0044296_22213115.jpg


ゴッホの跳ね橋の大ポスターです。
b0044296_22221699.jpg


もちろん写真撮影はダメです。入場料が1500円これはちょっと高いと思います。
私は老人割引で1000円でした。
展示は年代別にそれぞれの作家の風景画がズラーっと並んでいました。
刺激的でないのでそれなりに楽しみました。
展覧会の下の階で個人の展覧会が行なわれていて無料だったので
ぐるりと一回り。韓国的色彩でよかったです。
一番お気に入りはこれです。
b0044296_22292362.jpg


帰りの途中でうどんとトッポギを食べました。
二つはちょっと量が多かった。味はまあまあ・
b0044296_22265585.jpg


帰りは地下鉄安国まで乗って、仁寺洞を散歩しました。
またまたギャラリー散歩になってしまいます。
幸福と題した展覧会のうさぎさんの絵
b0044296_22344114.jpg


このグリーンの部分の中によつばのクローバが隠れていて必死で探しました。
b0044296_2236951.jpg


若い韓国服を着た女性の日常を皮肉って大々的に表現したイラストのような絵
笑い転げながら見ました。
b0044296_22403924.jpg


b0044296_22412922.jpg


疲れたので伝統茶のお店に入ってなつめ茶を飲みながら一時間ほど
ぼーっとしていました。この間ずっと私一人でした。
b0044296_22432687.jpg


休憩してちょっと元気出たのでまたまたギャラリー巡って楽しみました。
少しお腹がすいてきたのでエンナルキンパブ(昔の海苔巻き)を
一本食べました。250円
b0044296_22482793.jpg


帰りにいちご買って帰ってフロントのお姉さんと半分づつ食べました。
しばらく部屋で休憩です。
夜は八時からある演劇「ヘビメタ」を見ました。
16年間会社に奉仕し頑張ってきた四人の女性が解雇通知されます。
次期の社長がヘビメタオタクだったと聞き、
四人でエビメタ音楽学校に通い、一ヶ月で演奏ができるようになる契約をし
それぞれが年甲斐もなく頑張ります。練習する中で
自分の気持ちを吐き出すエビメタの良さも発見します。
最後は素晴らしい演奏ができるようになるのですが、解雇通知を
ひっくり返すことにはなりませんでした。
それでもケンチャナヨの世界で頑張ろうとしていきます。
最後には四人素晴らしい演奏で舞台は終わります。
とても面白い演劇でした。
b0044296_22563028.jpg


b0044296_2257913.jpg


最後の演劇前から三列目でいい席でした。
楽しい一日が過ぎて行きました。
by yukinachan55 | 2016-03-16 22:11 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

3016年春のソウルの旅 五日目

 午前中は東大門のDDP(東大門デザインプラザ)の
中にある澗松美術館に行きました。
地下鉄上がると東大門が見えます。
b0044296_2034016.jpg


清渓川を渡っていくとおかし気な建物が見えてきます。
b0044296_2071351.jpg


b0044296_2075625.jpg


建物が曲線で作られているので自分のいる位置が感覚的にわからず
めまいがするような気がします。
入口もオーバーハングになっているので背中をそらして見上げて
入らないといけないのでこれも気分の悪いことです。
A館の受付嬢に聞いたら澗松美術館はM館の二階にあるとのことです。
入り口を出てぐるりと回ってM館につきエレベーターで二階へ
ここも曲線を多用しているのでいやになる。入口がそっている。
b0044296_20143464.jpg


この美術館は以前は春と秋のそれぞれ二週間無料開放されていました。
今の場所に移ってからは入場料とるようになりました。
ここでも老人割引がありました。
切符売り場にお姉さん二人、入り口にお姉さん一人 受付のお姉さん二人
警備のお兄さんが三人、すごいなあ。
受付でロッカーがどこにあるか聞いたら美術館の中にはなく
地下一階にあるとのこと今更いかれへんは、
と愚痴りながら荷物持って鑑賞しました。
内容はよかったです。
春夏秋冬の草花や生き物動物ほっとさせられる絵ばかりでした。
途中でおばさんが声かけてくれて11時半から絵の説明会があるそうで
よかったら参加してくださいと誘われました。
私は日本人だからと婉曲に断りました。
写真はもちろん禁止です。
展示の最後に映像の前に立って手を振ると竹が散ったり菊の花が散ったり
する仕掛けがあり、一人だったので散々遊びました。
お姉さんはここは写真OKというので撮った写真です。
b0044296_2025561.jpg


ポスターの写真を一枚
b0044296_20255828.jpg


入場者が三人だったのでゆっくり見ました。内容には満足です。

お昼は餅餃子汁を食べました。
夜まで時間があるので慌てて映画館に入りました。
時間的に見ることができた映画を見ました。
題名が「산하거인](山と人)と思って椅子に座って
始まったら中国映画でした。
中国の四文字熟語を韓国語に訳したもので「山河故人」でした。
思った内容とは全く違っていました。
1999年から2014年そして2024年と
中国の地方都市で男性二人から求婚されて一人を選んだものの
それぞれがあまりいいように行かなかったというお話で
球速は経済発展の中国の様子が面白かった。
中国語は全く聞き取れませんでした。
ただし韓国語字幕があるのでよくわかりました。
b0044296_20383664.jpg


夜は8時からミュージカル「アランガ」を見ました。
中劇場でみやすかったです。
百済の王様は何もかもうまくいかず寝れないときに見た女性
アランに恋し、現実には自分の部下の嫁さんが行き写しで
高麗の間者の部下に言いくるめられ破局を向かうお話で
説明役の女性のパンソリがすてきでした。
おもしろく聞きごたえありました。
b0044296_20451538.jpg


b0044296_20454680.jpg


今日の朝から晩まで楽しく過ごしました。
by yukinachan55 | 2016-03-15 19:58 | 海外旅行 | Trackback | Comments(3)

2016年春のソウルの旅 四日目

 四日目は月曜日で美術館や博物館、演劇関係もほとんど
お休みです。
朝から薬令市と京東市場に行ってきました。
b0044296_1945281.jpg


地下鉄駅を上がったところから薬草の匂いがぷんときます。
薬草が所狭しを並べたお店がずらりと並んでいます。
ここでは菊茶と菊芋茶を買いました。
b0044296_1950679.jpg


あちこち見学しながら京東市場に行きました。
店も多いけど並べてあるものの量が半端じゃない
b0044296_19534180.jpg


b0044296_19542075.jpg


お仕事してはるので写真はなかなかとりにくいです。
あれこれ眺めながら楽しみました。
これはオイコチュ 辛くない唐辛子で味噌を付けて食べます。
買ったときはもっとふっくらしてみずみずしかったんですが?
b0044296_2004725.jpg


帰りに狭い店で人と肩ひっつけながら食べた小豆粥とみずキムチです。
量も程々で美味しかった。300円
b0044296_2041428.jpg


一度ホテルに帰って荷物をおいて映画に出かけました。
タブコル公園前で見た移動図書館です。
b0044296_2053685.jpg


今回は映画は端境期でいい映画がなかった中で唯一残っていた
「検事外伝」を見ました。
カンドンウォンとファンジョンミンのコンビで
罠にハマった検事が詐欺師を使ってまんまと復讐を遂げ
無実を晴らすという、ハチャメチャな映画です。
なんべん死んだらいいねん。そんなうまくいくかいなとか
いろいろ突っ込み入れながら一人で笑いこけました。面白かった
きっと日本上映も早いと思います。
二人共カッコよかったです。他の俳優さんもドラマで見た人が多い。b0044296_2094126.jpg


映画代は「受付の兄ちゃんが老人?て聞くからハイと答えると
400円でした。老人でなかったら900円です。

今日は旅行の中休み夕方からチンジルバンに行って二時間半ほと
ゴロゴロしてきました。
by yukinachan55 | 2016-03-14 19:40 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

2016年春のソウルの旅 三日目

 三日目も青空が見えないどんよりしています。
やっぱり黄砂のせいか空気は悪いです。
公園散歩とか、南山タワーに上る気にはならないですね。
今日は国立博物館に「ルーベンスと世紀の巨匠たち」の
展覧会を見に行きます。
地下鉄一号線でソウル駅で乗り換え四号線二村でおります。
地下鉄駅から地下通路を通って国立博物館の入り口付近まで行けます。
歩く歩道がちゃんとついています。
国立博物館の建物もでっかいし、庭も広いけどいつも展示だけで
疲れて未だに庭を歩いたことはありません。
b0044296_2159616.jpg


美術展の正面です。人が多くいるところが入場券売り場です。
大人15000ウォン(1500円)は高いなあ。
b0044296_2213646.jpg


写真撮影は禁止、韓国でも撮影禁止が増えてきました。
日本では当たり前やけど、ちょっと前までは結構写真取れてたのにね。
立て看板の写真を撮りました。
b0044296_22402.jpg


作品はリヒテンシュタイン博物館の名品展と銘打って
ルーベンスを始め他の巨匠たちの絵が中心ですが、
ツボとか机とかいろいろありました。
絵は見ごたえがありました。

お昼になったので食堂でご飯を食べました。満員で席を探すのが大変でした。
食券買ってベルを持たされてベルがなったら取りに行くシステムです。
せっかく国立博物館に来たので私の大好きな弥勒菩薩半跏像を見に行くことにしました。
博物館の展示をみんなにようなんで怖いことは考えません。
b0044296_22114583.jpg


ついでに青磁陶器もちょっと見ました。
b0044296_2213246.jpg


b0044296_22134695.jpg


ここらへんで疲れてちょっと休憩
伝統茶のスジョンガを飲みながらゆったりしました。
ソウルの喫茶店は何時間おってもいいので気楽です。
b0044296_22155246.jpg


たっぷり休憩とって地下鉄で帰りました。
ホテルで休憩してから近くの仁寺洞のお散歩です。
ギャラリーをめぐりました。
気に入った絵です。ゴッホの感じがします。
b0044296_22184844.jpg


b0044296_22192530.jpg


お餅を買って帰りフロントの女の子と半分分けして食べました。

夜は8時半から始まるミュージカル「ヘッドウィック」を見ます。
ホントはこの人(チョスンウ)を見たかったのですが。日本で切符をとったら
二分で完売で取れませんでした。
b0044296_22221422.jpg


切符のとれたこの人(ユンドヒョン)を見ました。
b0044296_22284690.jpg


席もA席だったのですがとても見やすかってラッキーでした。
迫力があり面白かったです。
スタンダップがあって一緒についてやったらしんどかった
年やなあと思いました。
終わってから後のロックコンサートが盛り上がりました。これも疲れた。
終わったら11時前で慌ててバスに乗って帰りました。
今日も一日走り回った感じがします。
by yukinachan55 | 2016-03-13 22:34 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

2016年春のソウルの旅 一日目・二日目

 久しぶりのブログ更新です。
3月11日から17日までソウルに行ってきました。
ミニパソコンが壊れてどうしようかと思っている間に
旅行の出発日になってしまいました。
リアルタイムではありませんが、日にちを追って更新します。

一日目 関空16時30分発金浦空港18時25分着なので
この日は移動日でした。
 いつもはスカイプを使って連絡するのですが
ないので携帯を使うことのしました。韓国はプラスナンバーを
使うと料金が半額になるし、ソウルで韓国の携帯番号を持っていると
何かと便利なのでいつも手続きすることにしていました。
ところがこの制度昨年お12月で終わったいました。
がっくりです。笑うしかありません。
やっぱりタブレットでもなんとかしなくてはと思いました。
b0044296_22193718.jpg


大阪の空は青空でした。
金浦空港からは地下鉄でホテルまで、ホテル付近の様子はあまり変わっていませんでした。
夜はオンドルが効きすぎてなかなか寝れなかった。

二日目
ホテルの朝食 相変わらず薄い硬い食パンと今回はご飯とわかめスープと
キムチとノリがありました。
今日の予定はまず旧ソウル駅が美術館になっていて
ゴッホ展を見に行くことにしています。
旧駅舎の正面です。
b0044296_2233726.jpg


私の早とちりでゴッホの絵の展覧会を思っていたら違っていました。
ゴッホの絵を中心に印象派のターナー、モネ、ルノアール、ゴーギャン、ドガ等の
絵を駅舎の壁や部屋を利用して映像と音楽で表現したものでした。
部屋に入ると大きなスクリーン小さなスクリーンがところかまわず
張り巡らされていてどこを見たらいいのかわかりませんでした。
b0044296_2234480.jpg


b0044296_22344218.jpg


b0044296_22354421.jpg


一回の上映が15分ぐらいで私は座っているイチを変えながら3回見てやっと納得
しました。
次の部屋はこんな感じでスクリーンが変わります。
前も横も上も見なくてはいけません。
b0044296_22393850.jpg


元からある駅舎の天井です。
b0044296_22401974.jpg


次の部屋は四面がスクリーンになっていてゴッホの絵がスクリーンをぐるぐる
移動します。
b0044296_22422424.jpg


b0044296_22434171.jpg


角に座って二面を見て場所を変えて二回見ました。
最後の部屋は天井から壁にかけて映像が流れます。
b0044296_22453468.jpg


まあ。とても疲れました。
映像は流れているので写真ではちょっとわかりにくいですね。
それなりに納得しましたが。
こんな絵になっているとはゴッホもびっくりしていることでしょう。

ソウル駅から南大門市場に歩いて行きました。
b0044296_22493267.jpg


お土産のノリとかもろもろ買ってお昼は参鶏湯にしました。
一人ではちょっとしんどいですが、半参鶏湯がメニューにありました。
鳥の半分なので食べ残すことなく美味しかったです。
b0044296_22512942.jpg


市場は買い物して回ったので写真なしです。
一旦ホテルに帰ってちょっと休憩
夜は七時からミュージカル「洗濯」を見ました。
新しい劇場でした。見やすい劇場で日本語字幕がありわかりやすかったです。
b0044296_22535755.jpg


b0044296_22543512.jpg


内容は田舎からソウルに出てきて書店で務めるナヨンと
モンゴルから出てきた青年ソロンゴの恋を中心に
書店の社長の横暴、簡単に首切りをすること
工場での給料の遅配挙句には職場を失うソロンゴ
自分の子供は人にあずけ夫の連れ子を育てるお姉さん
障害者の子供を育てるハルモニ
多くの問題を抱えているけど、洗濯をして洗い流して先へ進もう
なんとかなるさあすのことはという物語で
韓国の人らしい考え方やなあと思いながら毎回笑いながら涙しています。
何回見てもその都度違う雰囲気があって面白いです。
日本語字幕があったので微妙なところがよく分かりよかったです。
日本人にもよくわかるミュージカルです。お勧めです。

今日も一日楽しく過ごしました。
by yukinachan55 | 2016-03-12 22:59 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

孫と二人厳寒のロシア旅行に参加して④トレチャコフ美術館新館とチェーホフとゴーリキ博物館

昨日は朝から晩まで走っていたけれども今日の予定を見てもハードな
予定だと思う。でもみんな元気です。
9時15分にホテル出発です。まだ夜が明けずうずぐらい中です。
曇り空でちょっと雨がぱらついています。
傘をさしている人はいません。
トレチャコフ美術館新館は19世紀から現代までの美術品を収蔵しています。
開館は10時ですが20分前に着いたので会館まで待っていました。
現地のガイドさんがいうにはこの美術館を見学する観光客はほとんどいないそうです。
b0044296_01385179.jpg














外で待っているとじんじん冷えてきます。
やっと時間になって入場しました。
新しいだけに広く展示もゆったりしていました。
美術館も博物館もすべて予約が必要でガイドさんはバタバタと慌てていました。
私の気に入った絵だけアップします。
百万本のバラの主人公だそうです。
b0044296_01422281.jpg


























次は
b0044296_01434109.jpg


























次は
b0044296_01442772.jpg














シャガールの絵
b0044296_01454261.jpg














草を刈る人
b0044296_01470359.jpg


























私が一番気に入った彫刻です。
すごい迫力でした。
b0044296_01525763.jpg


























もっとゆっくり見たかったけど
ガイドさんが次の予定があるから早く早くと急き立てられました。
雪道を歩きながらなかなか大変でした。
私は博物館よりも美術館が目的なので次はパスしてここにずっといたかったけど
ツアーではそんなわがまま無理みたい。
次はチェーホフの家博物館に行きました。
この博物館はチェーホフ没後の50周年を記念した1954年に
オープンしたもので寝室や書斎や仕事道具の展示がありました。
b0044296_01544827.jpg














入り口で服を預け
靴カバーを履きます。博物館はみんなこのブルーのカバーを履きました。
b0044296_01570266.jpg














チェーホフの肖像です。
b0044296_01584575.jpg














博物館のガイドさんが篤く語ってくれます。
b0044296_02003515.jpg














資料は豊富で各部屋に
係りの人が一人ずついて見張っています。

ゴーリキの家博物館の前はすてきな協会がありました。
b0044296_02040414.jpg















次に「ゴーリキの家博物館」ゴーリキが晩年過ごした家です。
b0044296_02050597.jpg














この家が有名な建築家が
建てた家でアールヌーボーの海をイメージした家で素晴らしかったです
写真では写せませんでしたが階段がユニークで面白かった。
b0044296_02131598.jpg














上から見ると
b0044296_02143368.jpg














各部屋も素晴らしかったです。
b0044296_02161915.jpg














ゆったりとした素敵な家でした。
これで午前中の予定は終わりです。昼食の食堂に移動です。
レストランの前の通りがイルミネーションのトンネルになっていました。
昼でも曇って薄暗いので昼間でもきれいです。
b0044296_02185119.jpg














見学もだんだんしんどくなってきます。
でもそれなりに面白く名前しか知らなくて作品もほとんど読んでいないけど
日本に帰ったらちょっと読んでみようかなあと思いました。















by yukinachan55 | 2016-01-18 01:30 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

2015年9月ソウルの旅 ⑦最終日再度ギャラリー巡りと健康茶

 今日は最終日14時40分発の飛行機で11時半にチェックアウトの予定
朝食は昨日と同じわかめスープを二人で食べました。
Tさんはキンパブを買いに地下鉄でカンナムの方へお出かけです。
私は以前に画廊でいただいたポストカードで暑中見舞い頂いた人に
ちょっと一言お便りを書きました。
近くの郵便局までちょっとお出かけ
そして、横のタブコル公園の十三重の塔をを見学
小学生たちが歴史のお勉強していました。
b0044296_23451925.jpg


時間があるので仁寺洞をお散歩、でも早いのでお店はほとんど空いてません。
やはりここはギャラリー巡りです。
いつもの通り気に入った作品です。
私とお友達
b0044296_23474953.jpg


b0044296_23483472.jpg


お外は真っ青な秋の空です。
b0044296_23493278.jpg


墨絵もいいですね。
b0044296_2350183.jpg


b0044296_23505748.jpg


最後はなんかの撮影みたい
b0044296_23535077.jpg


時間が早くて本当は見れない所もあったけどそこは大阪のオバチャン
頑張って内緒で入れてもらいました。hhh
ホテルに帰るとTさんがお目当てのキンパブを買うことができて
私もお相伴にあずかりました。
夕方の便で帰るTさんにバス停まで送っていただきました。
今回は後半Tさんとご一緒でいろいろなもの食べて歩いて楽しい旅行に
なりました。
ちょっとソウルも飽きたかなあと思ったけどやっぱり面白いところです。
スーツケースの重さは規定では15kgでも感触では超えている
引っかかったらアレとアレを手荷物にしようとバスの中で考えていたけど
ちょっと測りのメモリを見たら18.8kgやったけど
さすが韓国フリーパスでした。
帰りの飛行機一時間遅れたけど、台風の影響もなく無事到着しました。
楽しい一週間でした。

おまけ
今回の目的のひとつ黒にんにくを買うこと
パソコンなかったのでフロントでネット購入してもらい
ホテルまで送ってもらいました。
パソコンないのも案外気楽かなあ?
これ半分です25個入っています。
.先だっての旅行で買った話をしたらぜひ欲しいと頼まれて
自分の分と一緒に買いました。
毎日一粒食べてます。体にいいような気がします。
b0044296_025646.jpg


b0044296_035125.jpg


次はトングレ茶
アマドコロの根を干したものです。
2リットルの水にに二三本入れて煮出します。
甘くて美味しいです。
効能は更年期障害、老化防止、美肌効果、不眠、整腸作用
私にぴったりのお茶です。
b0044296_012384.jpg


次はキョルミン茶
これも二リットルの水に小さじいっぱいぐらいを煮出します。
ちょっとあずきの味がします
b0044296_017337.jpg


効能 目と肝臓にいい
これも私にぴったりのお茶です。
今は交互に飲んでいます。飽きません。

今回は市場巡りの楽しさにはまりました。
次回は何を買おうかなあと楽しみにしています。
また行くつもりでいます。
アップが遅くなってしまいました。
パソコンの買い替え考え中です。
それではまた次回。
by yukinachan55 | 2015-09-09 23:38 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

2015年9月ソウルの旅 ⑥お寺参りとネイルとミュージカル

 ソウル六日目は朝食は近くの食堂で取ることにしました。
ホテルで以前薄いトーストとお粥があったのですが
今回はお粥なしで、どうもトーストは喉を通らなくなりました。
今日もTさんとお一緒です。
近くの食堂でとったあさりわかめスープです。
昨日食べ過ぎでちょっと胃が重たかったのですが、
このスープを飲むと胃がすっきりしてきました。
b0044296_2232150.jpg


ソウルへ来るたびにお参りする曹渓寺に今回もお参りしました。
b0044296_225618.jpg


季節によって花が変わります。菊の季節が最高ですが
今回は花ハスでした。さかりは過ぎていましたが
待ってくれている花もいました。
b0044296_2265366.jpg


b0044296_2273088.jpg


お寺の近くに伝統的な家屋の郵便局があったので切手を買いに行ったら
しまっていました。残念!!!
ふと見ると棗の木が実をたわわに付けていました。
熟してはいないけど、食べれそうなのでそばにいた韓国のアジュンマと
二人でちぎって食べたら美味しかった。
そしたら近くにいた警備員のおじさんが
「アンデーーーー」(こら!たべたらあかん!!)と
怒られました。ははは!!!
b0044296_22121566.jpg


本殿にお参りして、お願いとお詫びをしておきました。
b0044296_22125934.jpg


睡蓮の花もきれいに咲いていました。
b0044296_22141443.jpg


本殿の前の日よけのレースがいつも素敵なんです。これを下から眺めると
ホッと穏やかな気持ちになります。
b0044296_22154033.jpg


お参りを済ませてバスで明洞まで移動です。
今回はバス間違いませんでした。
明洞で爪のお手入れとマニキュアをしてもらいました。
二人で行ったのですが。まだ朝早く施術してくれる人が一人しかいません
Tさんが私に譲ってくれました。申し訳ございません。
b0044296_22262360.jpg


基本料とマニキュア一色で15000ウォンでした。
満足満足です。
お昼は南大門にある食堂で牛のテールスープを食べました。
狭い路地を入ったところにあるのですが、
これが最高に美味しい逸品でした。
b0044296_22303653.jpg


写真ではちょっとわかりにくいですが、スープの中から骨付き肉を
取り出して、肉をほぐしてタレに付けて食べます。
最後はしゃぶりつきます。ははは 肉が柔らかくて最高です。
スープがまた美味しい。最後まですすっていました。
満足して南大門市場の中に入って二人で買い物しました。
私は下着と靴下とポーチを買いました。
実はオリンピック公園に行く時乗った地下鉄の中で
おてがるマッサージ器を売っているおばさんが私の手に
マッサージ器を当ててくれてすごく気持ちよかったので
買おうかどうしようか迷っていたら次の車両へ行ってしまいました。
あとで、惜しいことしたなあと思っていました。
Tさんにその話をしていたんですが、彼女が南大門市場の中でそれを
見つけてくれたんです。速攻、買いました。二万ウォン 韓国製
今、機嫌よく使っています。人にしてもらうといいけど
無理なのでひとりでやってます。
b0044296_22372321.jpg


そこから東大門の市場に行きました。
Tさんは買い出し、私はアクセサリーの店を冷やかしたりちょっと買ったり
しました。
その後紐屋さんによって、広蔵市場でいちじく買ってバスに乗って
ホテルに帰りました。
夕食は近くの食堂で済まして大学路である劇場で
ミュージカル「兄弟は勇敢だった」を二人で見に行きました。
b0044296_2246113.jpg


b0044296_22464582.jpg


旧家のィ家の兄弟が母親が死んだ時の父親の態度に
父親と断絶し、父親の葬儀の時に帰ってくるところから
話が始まります。
やかましく口出す親戚一同たち。この人たちの群舞が最高!
この家は幽霊が出るとの噂が有り。兄弟の前に
幽霊が現れ、これがどうも母親のようです。
古い井戸の中に捨てられた母親の日記からその頃の様子が
だんだんわかってきます。
幼い時のことや二人のいい加減さやそれなりの苦労
なかなか面白いです。ずっと歌い踊り続ける舞台に感動します。
母親がアルツハイマーであり父親が苦労したこと二人が
固く結ばれていたことなどほっとさせられます。
最後はそれなりのおさまり終わります。
楽しいミュージカルでした。
b0044296_22564835.jpg


b0044296_22571718.jpg


今日も朝から晩まで楽しい時間を過ごしました。
by yukinachan55 | 2015-09-08 21:44 | 海外旅行 | Comments(1)

2015年9月ソウルの旅 ⑤明洞アニメ通りと市場巡り

 ソウル五日目は横浜のTさんとご一緒になります。
彼女とは日本で会うことはほとんどないのですが、
初めて韓国でお会いしてからずっと韓国であってます。
今回は三日間ご一緒します。
まずは朝食の部屋でご挨拶。部屋はお隣です。
ミョンドンにでかけることにします。
バスに乗ったのですが、間違いました。ははは
仕方ないからちょっとお散歩です。
何度もソウルへ来ているけど今までで一番綺麗な
ブルーと高い空でした。これはきっと中国の軍事パレードのせいかなあ?
b0044296_23582520.jpg


清渓川のはじまりはここからです。
b0044296_00221.jpg


ミョンドンについてまずは換金です。
少し円安がマシになり10000ウォンが1002円でした。
無事交換が終わり、明洞の南側にあるアニメ通りを散策しました。
アニメ博物館を中心にまちの活性化のためのようでした。
ソウルタワーが後ろに見えています。
b0044296_094890.jpg


よく見たら通りのあちこちにペインティングしてありました。
b0044296_0124411.jpg


町並みは繁華街とちょっと違う雰囲気です。
b0044296_0141581.jpg


洗濯物も絵になってる
b0044296_015711.jpg


階段もこのとおり
b0044296_0161353.jpg


世界の都市が描かれています。
b0044296_0165923.jpg


この絵がメインのようでした。
b0044296_0174182.jpg


街の壁絵を楽しんだあとは昼食です。
一人では食べられないプデチゲを食べました。
ソーセージが入ってトッポギがいっぱい入った鍋です。
二人だから食べられる。Tさんありがとう
b0044296_0194361.jpg


次に市場に行きましょう。エゴマが欲しかったので
中部市場に行きました。
案内所で行き方を教えてもらったけど、これがイマイチ
近くでなかった気がします。
自分でしっかり確かめなくてはと思いました。
中部市場はアーケードも完成されていて気持ちよく買い物ができるように
なっていました。
b0044296_0232319.jpg


秋の空がいいですね。やっぱり青くて雲もゆったりしています
b0044296_0235876.jpg


私がかったもの キョルミン茶、トングレ茶、ピーナツ。カワハギ。エゴマの粉
b0044296_0251790.jpg


一旦タクシーでホテルまで帰りました。
少し休憩して
夕食はワタリガニの醤油漬けを食べに行きました。
これがまた最高でした。
b0044296_0284173.jpg


b0044296_0291278.jpg


何もゆうことナシ!!!!満足満足
帰りは近くにあるハンジュンマクで
汗を流して帰りました。満足の一日でした。
by yukinachan55 | 2015-09-07 23:49 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

2015年9月ソウルの旅 ④ 映画とミュージカルと本屋

 ソウル四日目は朝一番の映画を見ることにしました。
映画の時間表もフロントで確かめてもらいました。
本当にパソコンがないと不便です。
ホテルの近所にあるロッテ劇場にしました。
朝一番の映画は6000ウォン(600円)です。
「ビューティーインサイト」である男性の語りで始まるんですが
彼は朝起きると他の人間になってしまいます。
という設定です。それも男性・女性かかわらず。年齢も
小学生から老人までいろいろな人に変わっていきます。
外国人にもなるなんてちょっとついていけない。
上野樹里が女性役で出演していました。
この設定を飲み込むまでなんか見ていても落ち着きませんでした。
17歳の頃からで職業はひとりでできる家具職人です。
彼のことをわかっている友人が一人います。
あとでわかるのですが、父親もそうだったらしく母親から聞かされます。
b0044296_21393455.jpg


孤独に生きる彼が初めて自分のことを打ち明ける彼女ができます。
最初にあって眠らないようにして頑張るのですが
電車の中で眠ってしまっておじさんになってしまいます。
彼女と待合わせた場所にいってもおじさんでは彼女もわからないし
自分も彼女の前に出る勇気がありません。
散らしの中の写真は彼女以外は全部一人の彼です。
b0044296_21442716.jpg


チラシには毎日姿かたちが変わる恋人をあなたは愛することができますか?
彼は勇気を出して彼女に告白します。
彼女は最初は信じられないながらも付き合うようになります。
彼女を演じたのはドラマトンイの主人公のハンヨジュがめちゃくちゃ
可愛くてよかった。
主人公のインスを演じたいろいろな人はとてもかっこいい男性がおおく
女性も綺麗でそれぞれ楽しませてくれました。
彼女が途中で疲れてうつ状態になります。
そして彼は別れることにします。
でも、最後は彼女が受け入れて外国に行ってしまった
彼を追いかけていきます。
ちょっと信じられない設定なんですが、それなりに面白かったです。
それと彼女が家具のコーディネーターで彼が家具職人で
登場する家具がとても素敵でした。特に椅子がよかったです。
目の保養になりました。
ちょっと設定を受け入れるのがしんどいけど面白い映画でした。
最後にエンディングが流れるのですが韓国ではこれが流れ出したら
みんな外に出ていきます。掃除のおばさんも掃除しはじまます。
私は最後まで頑張るのですがちょっと居心地はよくありません
でもこの映画は最後まで見ないと損します。
日本にきたらもう一度見てみます。

お昼からはミュー時から「女神様は見ておられる」見ました。
大学路の劇場であります。
若い人が多かったです。
内容は1952年朝鮮戦争の時のお話で
南軍の兵士二人が四人の北軍の四人の捕虜を護送する話です。
以前にラジオハングル講座に出てきた「鶴」を思い出しました。
四人の乗った船が難破して無人島に流されます。
三ヶ月後に無事それなりに治まるのですが、
その間の南の兵士と北の兵士が反発しながらも協力
しあって生きていく様子が歌と踊りで表現されます。
北軍の兵士の一人が船を修理できるのですが、
うつ状態で何もやるきがせず、困り果てた仲間が
女神さまを信じる彼をあの手この手で女神さまを信じさせ
るよう努力します。
そして彼らそれぞれの女神様が登場します。
妻であったり、恋人であったら、母親であったりと
綺麗な女神様とそれぞれのお話も面白く
楽しく?見ました。
最後は仲良くそれぞれの場所へ帰って行きました。
独特のお国柄の問題をこういうふうにミュージカルの題材にして
見ることが出来るんだなあと思いました。
楽しかったです。
b0044296_22242980.jpg


b0044296_2225169.jpg


今日の出演者です。
b0044296_22261451.jpg



終わってから、いつも行く食堂に言ったらいつも食べる
スンドブチゲが4500ウォンから4800ウォンに値上げしていました。

時間があったのでもう一本映画「暗殺」を見ようと思ったけど
さすがに一日三本はきついここは欲張らず本屋さんに行きました。
ウロウロと歩き回ったので疲れましたが
短編集を二冊買いました。
一冊目はキムジュンヒョクの「가짜 팔로 하는 포옹]
(偽の腕で抱く抱擁)と訳したらいいのかなあ?
短編で一話目ちょっと読んだけど韓国語よりも内容がわけわからん
まあ頑張って読みます。
二冊目はパクソンウォンの「고백」(告白)
これも短編集です。一話目見ましたが
これもちょっとわけわからん
これも気長によみます。
b0044296_2237647.jpg


結局本屋さんが一番疲れました。
大人しく帰ってテレビドラマ見ました。
今日も一日充実していました。
by yukinachan55 | 2015-09-06 21:47 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧