カテゴリ:海外旅行( 147 )

メコンに寄り添う古都ラオス旅行⑥朝の托鉢と早朝マーケットとお寺

ルアンパバーン、そしてラオスの最終日は5時過ぎに起きてお坊さんの
托鉢に参加します。お坊さんが通る道筋に茣蓙が引かれお風呂の座る台が
並べてあります。ガイドさんが用意してくれていました。
お坊さんが来られるまで靴を脱いで待っています。
b0044296_00010963.jpg














まだ夜が明けていませんでした
お坊さんはお寺ごとに托鉢の籠を下げて回ってきます。
私たちの前で蓋をとって入れやすくしてくれました。
b0044296_00032776.jpg














年取った人もいますが
若い人も多かったです。集められたご飯とかお菓子は自分たちが食べるのでなく
集めて村の人たちがまとめて餅麵麭みたいなものを作ったり
途中で子供が袋を持って立っていて托鉢の入れ物からそこへ入れてあげたりしていました。
社会のセフティーガードの役割を果たしているのではないかと思います。
ラオスへ来る前に村上春樹の「ラオスには何があるんですか」の紀行文を読んだとき
托鉢は見学するだけでなく参加してみてください。何かがわかります。と書いてありました。
観光客は見学するだけでなく参加すべきだと思いました。
托鉢するものはこのように準備されています。
b0044296_00103977.jpg














終わった後は近くの朝市に行きました。
野菜や果物、乾物、コメ、魚、ありとあらゆるものが新鮮でおばちゃんたちも活気があり
歩いているだけで楽しかったです。
まずは珍しいものから、はちみつを買ってきてほしいと頼まれていたので
はちみつらしきビンを見つけてみたのですが蓋が完全でないのであきらめました。
その周りに並べてあるものは蜂の子です。これを適当な大きさに切って
バナナの皮に包んで焼いて売っていました。
買って食べておいしいという人もいましたが、ちょっと苦手です。
b0044296_00135021.jpg














次は昨日食べたナマズです。
おばちゃんが抑えてつかんであるのは11kgでした。
迫力あります。おばちゃんも負けていませんでした。
b0044296_00181345.jpg














市場の雰囲気はこんな感じです。
b0044296_00193670.jpg














天秤棒を担いだおばさん
b0044296_00205408.jpg














カモも売っていました。
b0044296_00221270.jpg














野菜も何もかもいっぱいです。
b0044296_00252618.jpg














もう一枚
b0044296_00263318.jpg


























おいしそうなお餅を売っていたので
適当に包んでもらって一ドル払ったらおつりがないからともう一つ包んだお餅を渡してくれました。
ラオスではほとんどの所でドルで買い物ができました。
朝市が終わっていったんホテルに帰りました。
ホテルでお坊さんを読んで何かわからんけど行事を行っていました。
b0044296_00295642.jpg














少し休憩してから
博物館とお寺を回りました。
その前に絵葉書を投函するために郵便局に寄りました。
赤いポストはなくて壁に投かんしました。着くか心配したけど
ちゃんとついていました。
b0044296_00345878.jpg














王宮博物館は王宮の中を紹介しています。
謁見の間から始まって王の寝室や書斎など順番に回ります。
博物館のように展示はありませんでした。
壁も天井もキンキラキンの装飾でした。
ここでは写真は禁止されていました。
まずは博物館の横の仏像を祀った祠を見学しました。
祠といってもキンキラキンのすごい建物でした。
b0044296_00383857.jpg














全体にこのような彫刻がされていました。
b0044296_00394429.jpg














王宮博物館の入り口です。
奥の方に昔の建物がありました。
b0044296_00404659.jpg


























次に訪れたのは
王宮博物館から歩いて行けるワット・マイです。
本堂です。
b0044296_00432644.jpg














仏様です。
天井に扇風機がついていました。
b0044296_00443733.jpg


























壁の彫刻がとてもきれいでした。
b0044296_00463176.jpg














お昼になると気温がどんどん上昇して
37度近くになります。もうそろそろ限界だなあと思ったらあと一つ
一番有名なお寺ワットシュートーンへ行きました。ここが最後のお寺です。
本堂です。
b0044296_00494456.jpg














霊柩車を入れておく建物です。
王様が亡くなった時に使われるもので過去に一回だけ使ってこれからは使われことはありません。
現在は王様はいないからです。
b0044296_00520794.jpg


























先頭に立っている龍です。
b0044296_00532154.jpg


























本堂の中に大きなどらがあるのですが
撫でると音が共鳴してうわーんうわーんとなるのですが、挑戦したのですが
うんともすんともいいません。そしたら受付のおじさんが来てやさしくなでると
大きな音が出ました。再度挑戦してもダメでした。
b0044296_00563029.jpg


























マイトーンは
モザイク画が有名で赤く映えてきれいでした。
b0044296_00575834.jpg


























最後に日本でもある重軽仏様が
ラオスにもいらっしゃいました。
左下に置かれた仏像を座って顔の上まで持ってこれるといいことがあるとのことです。
左手を仏像の下を持って右手は首を持ってあげます。私は上がりました。ははは
b0044296_01000486.jpg


























最後に狛犬さんにご挨拶してお寺を後にしました。
b0044296_01025390.jpg


























この後は土産物屋さんによったり
地元のプーシー市場へ寄ったりとそれなりに買い物をしました。
後は空港へ直行してルアンパバーン空港からハノイ経由で関空まで帰りました。
ハノイの空港で食べはホウです。
b0044296_01061198.jpg














ラオス旅行はゆったりとした時間の流れの中で
過ごしました。何か懐かしい気分になる国です。
高度成長で忘れ去ったものがまだまだ残っている感じがします。
混みあわない、それなりに空間がある余裕のある国です。
ビエンチャンとルアンパバーンの二つの町しか言っていません。
もっと田舎があると思います。メコン川が滝になっているところがあるようです。
行ってみたい所がまだまだいっぱいありそうです。
今回は助成場から7人のこじんまりしたツアーでずいぶん自由な旅になりました。
満足の旅でした。














by yukinachan55 | 2017-02-23 23:53 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行⑤メコン川クルーズとプーシーの丘

ルアンパバーンの一日目はメコン川クルーズとプーシーの丘に登ります。
ホテルはコテージになっていてゆったりした流れの中で
過ごすことができます。池の周りを散策できるようになっています。
食堂では人も少なく慌てずせきもせずゆったりした時間をかけて
食べることができます。食べ過ぎてしまうのがちょっと怖いです。
b0044296_21240537.jpg














メコン川クルーズは15人ぐらい乗れる
ボートのような感じです。エンジンの振動が心地よく感じます。
今は乾期なので急な階段を下りて乗りました。渡した板に乗るのがちょっと怖い
メコン川は見た目はゆったりしていますが、流れは急で渦を巻いているところも
ありました。周りの景色を眺めながら暑くもなくちょっと寒いぐらいで
飽きることなく周りを眺め水を見ていました。
二時間半の時間が長く感じなかったです。着いた桟橋は竹で作られていました。
ちょっとスリルがあります。
b0044296_21302659.jpg














聖地パクオウ洞窟につきました。
洞窟はふたつあって一つ目は多くの仏像が安置されていました。
西洋人の観光客がとても多かったです。
b0044296_21372958.jpg


























洞窟の中からメコン川を眺めてみると
ヒヤッとしました。
b0044296_21405442.jpg


























二つ目の洞窟は急な階段を
5分ほど登ったところにあります。
入り口でガイドさんが懐中電灯を借りてくれました。
b0044296_21423917.jpg


























中に入ると思ったより広くなくすぐに
行き止まりになっていました。懐中電灯を持って探検する積りでいたので
ちょっと拍子抜けでした。一番奥に祭られていた仏様です。
b0044296_21430107.jpg














階段を下りて船から振り返ってみたら
雨期になると入り口が上の方に上がるそうです。
b0044296_21434220.jpg














再度船に乗って対岸にあるれると乱に行きました。
メコン川に面した感じのいいレストランでした。
朝夕は涼しいですが昼間は37度ぐらいになります。
湿気がないので陰に入ると気持ちいいです。
料理は赤米、南瓜のスープ、野菜の炒め物、のり、
そしてたけのこの詰め物です。日本のたけのこより小ぶりです。
b0044296_22015053.jpg














ナマズは香辛料を使ってから揚げにしたもので
臭みもなくおいしかったです。
b0044296_22021442.jpg














レストランから覗いて見ると象に乗った観光客が降りてきました。
島で乗って観光ができるようです。
b0044296_22024035.jpg














私たちは像でなく船に乗って
お酒を造る村に移動です。ここで船を降りて帰りはバスで帰ります。
お酒といっても本当に家内工業で作っていました。
試飲したけど甘すぎるので買いませんでした。
b0044296_22033044.jpg














次に織物の村を通り抜けました。
ここは若い娘さんとこどもが多かったです。
店の奥では赤ちゃんが気持ちよくすやすやと休んでいました。
b0044296_22191988.jpg














私は妊婦さんのお店で
買い物をしました。すてきな織物がいっぱいありました。どこも同じような品物です。
村の中を通ってバスに乗りました。
バスから見た小学校の風景です。
b0044296_22214293.jpg














次に紙漉きのお店に寄りました。
黙々と作業をするお姉さんです。
b0044296_22240475.jpg














買い物をしたときは
袋も包装紙もここで作った同じものが出てきました。
分厚くて丈夫な紙です。
これで見学を終えいったんホテルに帰ってからプーシーの丘に登ります。
高さは150mぐらいで会談は350だんぐらいあります。
海抜は700mあるそうです。上に登るとルアンパバーンの街が一望できます。
b0044296_22342160.jpg














ここは夕日の眺めがすてきな所です。
私たちが上った時はもういい席は階段状になっていてほとんどいっぱいでした。
でもそこは大阪のおばさんしてちょっと譲って座らせてもらいました。
沈む前は
b0044296_22372023.jpg














沈むときは歓声が上がりました。
b0044296_22402372.jpg














沈んだ後はこうなりました。
b0044296_22413137.jpg














終わったら階段降りて夕食のレストランに行きました。
町はナイトマーケットの準備に入っていました。
今日もラオス料理です。
まとめて写真撮りました。
b0044296_22443998.jpg














夕食後は町全体が
世界遺産になっている街をそれぞれ散策しました。
b0044296_22465766.jpg














トウクトウクに乗りたかったけど
今回は乗る機会がありませんでした。
b0044296_23575596.jpg














よく遊んでおいしいもの食べて
楽しいお買い物してホテルに帰りました。

by yukinachan55 | 2017-02-22 22:02 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行 ➃ビエンチャンお寺巡りとCOPEビジターセンター見学

ラオス三日目です。ビエンチャンのお寺を回ってCOPEビジターセンター
(クラスター爆弾の被害の展示など)を見学して国内線で
ビエンチャンからルアンパバーンに移動します。
朝夕は気温14度前後で気持ちよく過ごせますが。お昼は
急に気温が上昇して35,6度ぐらいになってとても暑いです。
湿気がないので陰に入るとしのげます。
朝食はホテルのバイキングです。種類も多くとても
おいしくてどうしても食べ過ぎてしまいます。
9時にホテルを出発です。
一つ目のお寺はワット・ホーパケオといいます。
b0044296_17494817.jpg














静かなたたずまいのお寺です。
ラオスではお寺にお参りする時は靴を脱がなくてはいけません。ここでは
本堂をぐるっと回ってお参りするようになっています。
もともとビエンチャン遷都の時にエメラルド仏を祀っていたのですが、
タイに持って行かれたそうです。このお寺は王様の管轄なので
お坊さんはいないそうです。
すべてのことを止める仏像です。私はストップと名前付けました。
b0044296_17545089.jpg


























次は両手をだらりと下げている仏さまです。
ガイドさんの説明によると雨乞いの仏様だそうです。
b0044296_17573353.jpg


























どちらも女性的な感じがします。
同じような仏様をぐるりと回っていろいろお願いしてきました。
庭に織りで見るとパパイヤの木が花が咲いていて実をつけていました。
b0044296_17593668.jpg


























二つ目のお寺は道路を挟んですぐ
隣にあるワット・シーサケットにお参りします。
本堂です。
b0044296_18055723.jpg














本堂の周りが中庭になっいて
ぐるりが回廊になっていて仏様がすらりと並んでいました。
壁には二体ずつの仏様が安置されていました。
b0044296_18091191.jpg














私が一番気に入った仏様です。
なんかすごく色っぽいでしょう 雨乞い様です。
b0044296_18105687.jpg


























お寺の門を出た大きな木の下で
絵をかいている人の横でお坊さんがスマホを使っていました。現代ですね、
b0044296_18131832.jpg














三つめはタート・ルアンでビエンチャンのシンボルで
45mあり中には仏陀の骨(仏舎利)がおさめられています。
丁度工事中でした。
b0044296_18202509.jpg














お隣に新しいお寺が経っていました。
b0044296_18224137.jpg














しばらく歩いて行くと寝釈迦様が
どっしりと構えていらっしゃいました。
b0044296_18241212.jpg














このお寺ではおばちゃんが鳥かごに
スズメを入れて売っています。これを買ってお寺の中で逃がしてやると身代わりになってくれるそうです。
籠の枠を一本外すとすぐに飛んで行ってしまいました。
b0044296_18265934.jpg


























四番目は凱旋門(パトウーサイ)に行きます。
戦死した兵士の例を慰めるためにバリの凱旋門をモデルに作られました。
外観は完成したように見えるけど内部は完成していません。
四階までになっていて上に登るとビエンチャンの街が一望できました。
中は、売店が店を出していました。
b0044296_18323130.jpg


























展望台から一望すると
b0044296_18335668.jpg














売店になぜかマトリョウシカが
売られていました。??????
b0044296_18352303.jpg














ぐるりと回ったので疲れました。
仏像も同じように見えて、それなりに少しずつ違います。
人が少なくどこに行っても時間の流れがゆったりとしています。
昼食はラオス料理でした。辛くなく種類も豊富でとてもおいしかったです
b0044296_18391056.jpg















お昼からはCOPEビジター(クラスター爆弾の被害など展示)館を見学に行きました。
ラオスはベトナム戦争に巻き込まれ、アメリカによって投下されて爆弾は
200万トン以上いもおよぶといわれています。
今なお埋没されている不発弾による被害で年間100名上の人が被害にあっています。
そんな不発弾問題をパネル展示やビデオで紹介しています。
ここでは日本人の人がいなかったので詳しい説明は受けられませんでした。
展示の見学とビデオを観賞しました。
一個の爆弾から飛び散ったクラスター爆弾です。
b0044296_18504993.jpg


























実物を見ると怖さで震えます。
活動としては不発弾の位置を確かめ地域を特定して爆発処理をします。
もう一つは不発弾のことを知らない人が多くいます。
不発弾があることを教え触ってはいけないことを啓蒙することに力を入れているそうです。
処理をしたり啓蒙したりするのには人件費がかかるけどアメリカが一番援助しているそうですが
他の国に比べたらラオスに対する援助は少ないそうです。
歩いているところに爆発物があるなんて想像しただけで怖いです。
 その後ラオスで一番大きいといわれるショッピングセンターに行きました。
入ったとたんにここは中国かと思いました。
これで今日の見学は終わりです。
空港へ行って国内線でルアンパバーンに移動しました。
飛行機は遅れることもなく一時間で到着しました。
プルメリアのマークがついてラオスの飛行機です。
b0044296_19003757.jpg














ルアンパバーンで見た夕日です。
b0044296_19013686.jpg














今日の夕食はラオス式焼肉でした。
レストランと思いきやメコン川に面したガーデンで食べ放題の焼肉でした。
炭火焼なんですが、兜をひっくり返したような鍋に上は焼肉
周りに出しを入れてのしゃぶしゃぶでとてもユニークな焼肉でした。
ホテルはコテイジ風のすてきなホテルです。

by yukinachan55 | 2017-02-21 17:40 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行 ③日本発NGO『ADDP』クッキー工房見学

お昼からはラオスで日本初NGO「ADDP](アジアの障害者活動を支援する会)
を訪問してスタッフの方から活動の様子をお話してもらいました。
b0044296_13374571.jpg














ラオスでは障害者活動支援の
大きな取り組みはスポーツを通じてレクレーションをするだけでなく
スポーツは障害者に「生きる力」を与えることです。心身が鍛錬され
仲間ができ、仲間との連帯を通じて社会自立を意欲がまし就労などへの道が
切り開かれます。とあつく語ってくれました。
日本からのコーチを派遣して指導したり、競争するだけでなく子供から
年寄りまで男女関係なくできるスポーツなどの工夫もされてきているそうです。
設備やサポーターのことも含めてこれからも頑張っていくと話してくれました。
そのほかに教育を受けられなかった障害を持つ青年たちにITの知識をつける
活動もしています。
また聾者が開く美容院の就労支援も行っているそうです。
b0044296_13581328.jpg














事務局長の中村さんの
お話を聞きました。彼女はラオスで支援を初めて17年になるそうです。
素晴らしい方です。
クッキーの製造と販売はラオスで実を結び始めた新しい障碍者のビジネスモデル
になっています。
障害者支援は最終的にはその人が自立できるようにしなければいけない
というのが基本です。と話されたことが一番胸にどんと来ました。
2013年から障害を持つ女性のためのベーカリー研修を行っています。
東京から有名はプロのパティシエを招聘してラオスでなかった、そして
比較的簡単にできるクッキーを製造販売し自立できるシステムを作り上げる
取り組みを行ってきたそうです。
最初は製造する力をつけることも大変でしたが作ることができるようになると
次はラオスでどのように販売するかが大きな問題だったそうです。
日本の大企業が粗品につかってくれたのをきっかけに地元の企業や
カフェなどを一軒一軒訪問して販路を広げたそうです。
今ではおいしいクッキーを作りパッケージも工夫して製造から
販売まで障碍者によって運営されているそうです。
工房を見学させてもらいました。
b0044296_14100161.jpg















b0044296_14101847.jpg















私がお土産に持って行ったフクロウの折り紙を持って
喜んでいただきました。
b0044296_14103213.jpg














工房でも販売しているので
私たち七人でたくさん買いました。
試食してみると本当においしいです。あっさりしていてそれでいて何とも
言えない甘味があります。
帰ってからお土産に渡したらみんな感動するぐらいおいしいといってもらえました。
自分自身の支援の在り方も考えなあかんなあと思って
工房を後にしました。

次は織物工房とショップを訪ねました。
庭には織機が並べられていて一人ずつ機織りをされていました。
b0044296_14245334.jpg














手と足を使って複雑な柄を
編み上げていきます。
ラオスの平均月収は200ドルぐらいで織り子さんは80ドルぐらいだそうです。
ショップではすてきな製品が所狭しと並べられていました。
三階には非売品の民族衣装が飾ってありました。
b0044296_14282088.jpg


























それぞれお気に入りのものを買い物して
後は夕食です。ラオ式中華料理でした。
食べるのに夢中になって写真を忘れていました。
最後の出てきた魚名前忘れたの料理です。やわらかくておいしかった。
b0044296_14303512.jpg














いったんホテルに帰ってから
ナイトマーケットに行きました。
人は多いけど、肩がぶつかるほどでなく品物も買いやすく
楽しい買い物ができました。袋物や着るものが多かったです。
b0044296_14362471.jpg














今日でビエンチャンは最後で
明日はルアンパバーンに飛行機で移動します。

by yukinachan55 | 2017-02-20 22:20 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行 ②ブッダバークと友好橋

二日目は9時出発でまずはブッダパークの見学です。
ホテルから南の郊外の方へメコン川に沿って走っていきます。
舗装は道路の真ん中だけです。乾期のために両側の樹木は
埃で真っ白です。雨期を待っていることでしょう。
ゴミは散らかり放題でした。乗った車はワゴン車で時々
お尻が飛び上がるぐらいバウンドします。久しぶりの経験です。
そのうちブッダバークにつきました。
b0044296_21530494.jpg













入ると売店があって
焼きバナナを焼いて売っていました。売店が二件あるだけでした。
焼きバナナはまあおいしいこともなくまずくもなかったです。
入場すると多くの仏像が順序もなく無造作に置かれていました。
かぼちゃの形をした仏像があって口が入り口になっていて中に入ることができます。
中は三階建てになっていて地獄と地上と天国になっていて
ここでも無造作に仏像が並べられていました。らせん状の階段を
登るのはスリルがありました。サルの顔に見えるのですが?
b0044296_22045899.jpg

























上から見た公園のタコの足上になった仏像です。
体は地下にあるようです。ガイドさんの説明がいまいちよくわかりません。
b0044296_22081847.jpg













降りてみると顔の細長い観音様がいました。
観音菩薩様と思うけどわかりません。優雅に寝ておられました。
b0044296_22122034.jpg














次は薬瓶持っているから薬師さんだと思うのですが
b0044296_22151612.jpg

























いっぱいあるけど次は面白いけど仏像かなあ
海野神さんみたいな気もします。
b0044296_22165839.jpg

























まだまだ面白い仏像がいっぱいありました。
プルメリアの白い花が散っていて拾ってお供えしました。
なんかわけわからんかったけどそれなりに面白いテーマパークでした。
次はメコン川をはさんでラオスとタイに初めてかけられた友好橋を見学に行きました。
全長1174mで車は二車線になっていて歩道もあり、真ん中を鉄道が走っています。
私たちは歩道を歩いて国境付近まで行きました。
車が怖いぐらいな勢いで走っていきます。
ラオスは車が右通行ですが。この橋ではタイに合わせて車左通行でした。
国境だからといって緊張感は全くありませんでした。
b0044296_22255734.jpg













昼間は36度ぐらいになるのでとても暑かった
昼食はラオ式フランス料理でした。
料理は注文して決めます。
ゆったりと洗練されたテーブルセッティングで料理も素敵でした。
前菜サラダとテリーヌです。
b0044296_22304074.jpg














メインディッシュの魚料理です。
b0044296_22315523.jpg















デザートもおいしかった。
b0044296_22325163.jpg













最後にコーヒが出てきました。
本当に満足しました。おいしいものを食べると心豊かになる感じがします。
午前中はこれで終わりです。
レストランの外観です。
b0044296_22565844.jpg














隣では家の解体工事が行われていました。
b0044296_22580175.jpg














午前中はこれでおしまい市内に帰りました。






by yukinachan55 | 2017-02-20 12:20 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行 ①出発 今日は移動日

今日から六日間の予定でラオスを訪ねます。
ビエンチャンに二泊ルアンパバーンに二泊機内一泊です。
JU観光主催で総勢7人女性ばかりのこじんまりしたツアーです。
岡山、京都、大阪と参加者の住んでいる地域も違ってユニークな旅になりそうです。
関空に集合、現地通貨よりもドルの方が使い勝手がいいということで米ドルに交換
しようと思ったらなんとすごい列でいつもの違うのでびっくりです。
銀行の人の話によると今は留学生の移動時期で毎年混むそうです。
その上入国にも時間がかかり、トイレも行かずに登場しました。
関空からホーチーミンまで5時間40分のフライトです。
機内食はさすがに日本から積み込んだものでとてもおいしかった
完食しました。
b0044296_11490916.jpg












機内で韓国映画「개춘할망」(キャノーラ)を見ました。
済州島で暮らすおばあさんと孫の話で面白かった。
ホーチミンで飛行機からタラップに降りたら32度の熱風が吹き付けてきました。
冬服で32度はきついです。
b0044296_12035476.jpg












ホーチーミンからビエンチャンまではプノンペン経由で飛びます。
ベトナム→カンボジア→ラオスと飛行機のコースも国際色豊かです。
プノンペンでゲートが移動になったり雨が降り出し出発が大幅に遅れました。
プノンペンでは一度降りて再度登場します。プノンペンの空港が新しくなって
面白そうな店がたくさんありました。時間がなくパスです。
遅れましたが無事ビエンチャンにつきました。
ビエンチャンでは入国手続きも荷物もスムーズでした。
飛行機が遅れたので先にレストランで夕食してホテルに向かうことにしました。
現地ガイドさんはラオ族の29歳の男性です。
食堂は静かな雰囲気のあるところでラオスの生演奏がありました。
ラオス料理はグリーン野菜がたっぷりあってとてもおいしかったです。
ご飯とスープはそれぞれ個別にあり料理は四人分位を一皿に盛っていて
取り分けて食べます。
b0044296_12100165.jpg












少し色が悪いですが
内容は野菜たっぷりで辛くなくおいしいです。黒いのは赤米のもち米です。
少し硬いけどスープに入れて食べるととてもおいしいです。
b0044296_12094661.jpg













鶏肉の焼いたものでたれをつけて食べます。
野菜に包んで食べてもいいです。
小ぶりに切ってあるので食べやすいです。
b0044296_12092633.jpg

















ミンチみたいなのが豚肉で
これはちょっと辛いけどこれも葉っぱに包んで食べるとおいしいです。
後は果物とコーヒーか紅茶が出ます。
ゆったりと食事をしてホテルまで移動してチェックインして
明日の集合時間を確認してそれぞれ部屋に入りました。
すてきなホテルでした。今日は一日移動日でした。


by yukinachan55 | 2017-02-19 11:34 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

メコンに寄り添う古都ラオス旅行⑤メコン川クルーズとプーシーの丘

ルアンパバーンの一日目はメコン川クルーズとプーシーの丘に登ります。
ホテルはコテージになっていてゆったりした流れの中で
過ごすことができます。池の周りを散策できるようになっています。
食堂では人も少なく慌てずせきもせずゆったりした時間をかけて
食べることができます。食べ過ぎてしまうのがちょっと怖いです。
b0044296_21240537.jpg














メコン川クルーズは15人ぐらい乗れる
ボートのような感じです。エンジンの振動が心地よく感じます。
今は乾期なので急な階段を下りて乗りました。渡した板に乗るのがちょっと怖い
メコン川は見た目はゆったりしていますが、流れは急で渦を巻いているところも
ありました。周りの景色を眺めながら暑くもなくちょっと寒いぐらいで
飽きることなく周りを眺め水を見ていました。
二時間半の時間が長く感じなかったです。着いた桟橋は竹で作られていました。
ちょっとスリルがあります。
b0044296_21302659.jpg














聖地パクオウ洞窟につきました。
洞窟はふたつあって一つ目は多くの仏像が安置されていました。
西洋人の観光客がとても多かったです。
b0044296_21372958.jpg


























洞窟の中からメコン川を眺めてみると
ヒヤッとしました。
b0044296_21405442.jpg


























二つ目の洞窟は急な階段を
5分ほど登ったところにあります。
入り口でガイドさんが懐中電灯を借りてくれました。
b0044296_21423917.jpg


























中に入ると思ったより広くなくすぐに
行き止まりになっていました。懐中電灯を持って探検する積りでいたので
ちょっと拍子抜けでした。一番奥に祭られていた仏様です。
b0044296_21430107.jpg














階段を下りて船から振り返ってみたら
雨期になると入り口が上の方に上がるそうです。
b0044296_21434220.jpg














再度船に乗って対岸にあるれると乱に行きました。
メコン川に面した感じのいいレストランでした。
朝夕は涼しいですが昼間は37度ぐらいになります。
湿気がないので陰に入ると気持ちいいです。
料理は赤米、南瓜のスープ、野菜の炒め物、のり、
そしてたけのこの詰め物です。日本のたけのこより小ぶりです。
b0044296_22015053.jpg














ナマズは香辛料を使ってから揚げにしたもので
臭みもなくおいしかったです。
レストランから覗いて見ると象に乗った観光客が降りてきました。
島で乗って観光ができるようです。
b0044296_22024035.jpg














私たちは像でなく船に乗って
お酒を造る村に移動です。ここで船を降りて帰りはバスで帰ります。
お酒といっても本当に家内工業で作っていました。
試飲したけど甘すぎるので買いませんでした。
b0044296_22033044.jpg














次に織物の村を通り抜けました。
ここは若い娘さんとこどもが多かったです。
店の奥では赤ちゃんが気持ちよくすやすやと休んでいました。
b0044296_22191988.jpg














私は妊婦さんのお店で
買い物をしました。すてきな織物がいっぱいありました。どこも同じような品物です。
村の中を通ってバスに乗りました。
バスから見た小学校の風景です。
b0044296_22214293.jpg














次に紙漉きのお店に寄りました。
黙々と作業をするお姉さんです。
b0044296_22240475.jpg














買い物をしたときは
袋も包装紙もここで作った同じものが出てきました。
分厚くて丈夫な紙です。
これで見学を終えいったんホテルに帰ってからプーシーの丘に登ります。
高さは150mぐらいで会談は350だんぐらいあります。
海抜は700mあるそうです。上に登るとルアンパバーンの街が一望できます。
b0044296_22342160.jpg














ここは夕日の眺めがすてきな所です。
私たちが上った時はもういい席は階段状になっていてほとんどいっぱいでした。
でもそこは大阪のおばさんしてちょっと譲って座らせてもらいました。
沈む前は
b0044296_22372023.jpg















沈むときは歓声が上がりました。
b0044296_22402372.jpg














沈んだ後はこうなりました。
b0044296_22413137.jpg















終わったら階段降りて夕食のレストランに行きました。
町はナイトマーケットの準備に入っていました。
今日もラオス料理です。
まとめて写真撮りました。
b0044296_22443998.jpg














夕食後は町全体が
世界遺産になっている街をそれぞれ散策しました。
b0044296_22465766.jpg














トウクトウクに乗りたかったけど
今回は乗る機会がありませんでした。
b0044296_23575596.jpg














よく遊んでおいしいもの食べて
楽しいお買い物してホテルに帰りました。

by yukinachan55 | 2017-02-02 22:02 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

孫と二人厳寒のロシア旅行に参加して ⑤トルストイの家博物館とボリショイサーカス

三日目の午前中は三か所回る強行スケジュールでした。
昼食に行くバスから見えた公園の入り口のクリスマスツリーは
なんと横になっていました。クリスマスは12月25日と思っていたら
ロシアでは1月7日だそうです。
b0044296_21584215.jpg














昼食はカフェプーシキンで
食べました。スープがおいしかった。写真は仔牛のカツレツです。
私にはとりのカツレツにしか思えませんでした。
b0044296_22081586.jpg














レストランの中は
しっくりした雰囲気ですてきな所でした。
b0044296_22121334.jpg














お昼からはトルストイの家の博物館です。
そろそろ博物館も飽きてくるというか、それぞれ特徴はあるけど
結局は住んでいる場所なので居間、食堂、寝室、書斎、と飽きてきます。
博物館のある場所は閑静な静かなところにありました。
途中で見た協会です。とんがり玉ねぎ坊主の屋根が面白いです。
b0044296_22140126.jpg














ここで写真撮影が
300ルーブル(600円)といわれ家の中を見るのも疲れてきたし写真代ケチりました。
庭には雪が残っていました。何の木がかっこいい姿の木でした。
b0044296_22180376.jpg














三時半になると暗くなってきます。
b0044296_22195226.jpg














トルストイの作品の紹介というよりも
家族と一緒に住んだ様子が中心の説明でした。トルストイの小説は長いので最後までよんでいません、
戦争と平和もアンナカレーニナも途中で放棄しました。
7時からはボリショイサーカスを見学します。
サーカスも広い大きな劇場と一緒でした。
b0044296_22251888.jpg














入るとクロークがあって服を預けます。
広いので迷子にならないように最終集合場所を決めて確認しました。
演技が始まると写真撮影はダメです。
始まる前の会場の様子です。最終的には満員になりました。
日曜日で子供連れが多かったです。
b0044296_22272687.jpg














空中ショーやアクロバットな曲芸
動物クマ、シロクマ、ブードル、沈バンジー、馬などの芸が面白くよく調教されていました。
途中休憩をはさんで二時間でした。
途中休憩の時外に出てぐるりと回りました。食堂や売店やサーカスの案内など
たくさんの人たちがここでも楽しんでいました。
b0044296_22310942.jpg














サーカスが終わって
レストランに移動して夕食です。
ロシアのロールキャベツです。ロールキャベツには思えませんが/
b0044296_22342680.jpg














デザートの虫リンゴです。
ちょっと食べにくかったけどおいしかった。
b0044296_22354238.jpg














今日も一日走り回りました。
チェーホフ。ゴーリキ、トルストイ 来る前にちょっと勉強してきたらよかったと反省です。
旅の準備はするけれども旅に出たら準備が足りなかったと思い知らされます。ははは!!
おなかいっぱい食べてホテルに帰りました。
今回の旅行ではお土産を買う時間があまりないということで
ホテルの近くのスーパーに買い物に行きました。
b0044296_22391676.jpg














地下道をくぐっていくと
大きなスーパーマーケットでした。
チョコレートとお菓子、コケモモとイチゴのジャム、菩提樹のはちみつ、松の実を
買いました。
もっといろいろ買いたかったけど、重たくてこれぐらいにしました。
孫も今回のロシア旅行ちょっと自慢したからお土産がいると
それなりに買い物していました。
明日に備えて今日はぐっすり寝ることにしました。

by yukinachan55 | 2016-12-18 21:54 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

孫と二人厳寒のロシア旅行に参加して④トレチャコフ美術館新館とチェーホフとゴーリキ博物館

昨日は朝から晩まで走っていたけれども今日の予定を見てもハードな
予定だと思う。でもみんな元気です。
9時15分にホテル出発です。まだ夜が明けずうずぐらい中です。
曇り空でちょっと雨がぱらついています。
傘をさしている人はいません。
トレチャコフ美術館新館は19世紀から現代までの美術品を収蔵しています。
開館は10時ですが20分前に着いたので会館まで待っていました。
現地のガイドさんがいうにはこの美術館を見学する観光客はほとんどいないそうです。
b0044296_01385179.jpg













外で待っているとじんじん冷えてきます。
やっと時間になって入場しました。
新しいだけに広く展示もゆったりしていました。
美術館も博物館もすべて予約が必要でガイドさんはバタバタと慌てていました。
私の気に入った絵だけアップします。
百万本のバラの主人公だそうです。
b0044296_01422281.jpg

























次は
b0044296_01434109.jpg

























次は
b0044296_01442772.jpg













シャガールの絵
b0044296_01454261.jpg













草を刈る人
b0044296_01470359.jpg

























私が一番気に入った彫刻です。
すごい迫力でした。
b0044296_01525763.jpg

























もっとゆっくり見たかったけど
ガイドさんが次の予定があるから早く早くと急き立てられました。
雪道を歩きながらなかなか大変でした。
私は博物館よりも美術館が目的なので次はパスしてここにずっといたかったけど
ツアーではそんなわがまま無理みたい。
次はチェーホフの家博物館に行きました。
この博物館はチェーホフ没後の50周年を記念した1954年に
オープンしたもので寝室や書斎や仕事道具の展示がありました。
b0044296_01544827.jpg













入り口で服を預け
靴カバーを履きます。博物館はみんなこのブルーのカバーを履きました。
b0044296_01570266.jpg













チェーホフの肖像です。
b0044296_01584575.jpg













博物館のガイドさんが篤く語ってくれます。
b0044296_02003515.jpg













資料は豊富で各部屋に
係りの人が一人ずついて見張っています。

ゴーリキの家博物館の前はすてきな協会がありました。
b0044296_02040414.jpg














次に「ゴーリキの家博物館」ゴーリキが晩年過ごした家です。
b0044296_02050597.jpg













この家が有名な建築家が
建てた家でアールヌーボーの海をイメージした家で素晴らしかったです
写真では写せませんでしたが階段がユニークで面白かった。
b0044296_02131598.jpg













上から見ると
b0044296_02143368.jpg













各部屋も素晴らしかったです。
b0044296_02161915.jpg













ゆったりとした素敵な家でした。
これで午前中の予定は終わりです。昼食の食堂に移動です。
レストランの前の通りがイルミネーションのトンネルになっていました。
昼でも曇って薄暗いので昼間でもきれいです。
b0044296_02185119.jpg













見学もだんだんしんどくなってきます。
でもそれなりに面白く名前しか知らなくて作品もほとんど読んでいないけど
日本に帰ったらちょっと読んでみようかなあと思いました。















by yukinachan55 | 2016-12-18 01:30 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

孫と二人で厳冬のロシア旅行に参加して ③プーシキン記念美術館とボリショイ劇場でバレー鑑賞

 今回の旅行は美術館見学が主な目的でしました。
ツアー内容は結構ハードで旅行中ゆったりホテルで休むこともなく
ずっと朝から晩まで走り回っていました。
2日目のお昼からは昼食済ませてバスを停めてあるところまで歩きます。
モスクワ川を越えていきます。結氷していました。
でも、モスクワ川のクルーズは冬でもあるそうです。
b0044296_14232785.jpg













地図を頭の中に入れているのですが
バス移動ではなかなか位置感覚がわかりません。実際に足で歩かないと無理ですね。
それに天候が曇っていて太陽がささないので東西南北もわからないです。
バスで移動して「プーシキン記念美術館のヨーロッパ部」につきました。
入り口は建物の続きなあるようで簡単なものでした。
b0044296_14274731.jpg













この美術館は2006年にオープン
収蔵品は19世紀から20世紀にかけての印象派絵画のコレクションです。
入場する時には荷物検査と簡単な身体検査があります。
服と荷物はクロークに預けます。
中央の階段を三階まで上ります。エレベーターもなく美術館見学には
体力が必要です。ここでも写真が取れるのでどうしても写真を撮ってしまいます。
b0044296_14322855.jpg

























三階から始まります。
ガイドさんが主な作品を紹介してくれます。
知っている作品もあり有名な画家の作品もたくさんありました。
ありすぎてかえって混乱します。写真もありすぎでチョイスするのが大変です。
b0044296_14370584.jpg













ドガの踊子
ブルーがきれいでした。
b0044296_14381927.jpg

























やっぱりルノアールは
豊かさがいいです。きれい!1
b0044296_14405076.jpg













絵画だけでなく陶器の展示もありました。
中国かなあ?ちょっとわかりません。
ロシア語と英語で説明書きがあるのですが、見るだけで精いっぱいで
読むなんで余力はありません。
作家はわからないけど気に入った子供たちの絵です。
b0044296_14440160.jpg













モネの絵もたくさんありましたが
今は外国に出稼ぎに行っている作品も多いそうです。
b0044296_14452556.jpg













大好きなゴッホの絵を期待していたのですが
ひまわりもアイリスもなかったです。
この作品が一番目につきました
b0044296_14471138.jpg

























ピカソ、ゴーギャン、セザンヌ、など
多くの作品がありました。
いったんぐるりと回ってあとフリーの時間があったのでその時はカメラは向けずに
ゆっくり鑑賞して回りました。
時間になったので一階に降りていく途中で孫に会うと一階の特別展の
絵がよかったと教えてくれたので慌ててぐるりと一回りしました。
モスクワの風景を中心にした穏やかな作品でよかったです。
アルバートマガエルの絵です。一枚だけ
b0044296_14524789.jpg













見終わって、満足しながら
美術館を出てくると来た時は気が付かなかったけど前の建物が
救世主キリスト聖堂でした。玉ねぎ頭の金色が光っていました。
三時過ぎになると暮れます。
b0044296_15000393.jpg

























このあと少し早い夕食をとって
夜の部ボリショイ劇場でバレー「ライモンダ」を見ます。
ボリショイ劇場の前の広場がクリスマスのイルミネーションで飾られていました。
b0044296_15020351.jpg













ボリショイ劇場の正面です。
b0044296_15033050.jpg













私たちの席は三階のバルコニー席で
エレベーターで六階まで上がりました。
期待していたのですが席はあまりよくありませんでした。
b0044296_15055644.jpg













昼間の美術館巡りで
疲れたので劇場見学に行く元気が残っていませんでした。
バレー「ライモンダは」三幕で豪華で事前にガイドさんが配ってくれた
案内書でよくわかり、やはり世界最高のバレーは一糸乱れぬ
素晴らしい演技でした。
カーテンコールの時だけ写真オッケーでした。
b0044296_15100288.jpg













主演の二人
b0044296_15111982.jpg













少し遠かったけど
おもしろかったです。
ホテルに着いたのは11時でした。シャワーしてすぐに寝ました。
満足したけど、目まぐるしいち日でした。充実しているのでしょう。

by yukinachan55 | 2016-12-17 23:15 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧