カテゴリ:未分類( 87 )

韓国・中国・ロシア三国をつなぐ旅③牡丹江から東寧・綏芬河

三日目の旅は牡丹江から中学生が逃避行で歩いた道を
逆にバスでたどることになります。
東寧まで200kmあります。
この時間を利用して自己紹介をすることにしました。
ガイドの曹さんは今回の旅で三回お会いすることになります。
いつも適切なガイドと理路整然としたご自分の考え方を
持っておられる方で、お話を聞くのと楽しみにしています。
まず、中国は広いので中国人もいろいろな気質があり
東北の人は概しておおざっぱで懐が深い気質だということで
石頭村の人たちもそういう人たちだった御思うと話されました。
バスは緑の中を走っていきます。
b0044296_00483838.jpg
















私は今回の旅は三か国を回る旅で
興味もあり、シリーズ三回目の参加になることでそんなに深く考えることはありませんでした。
曹さんのお話で一番印象に残ったのは少年たちが命令に従って報国農場にきたり
満蒙開拓団の人たちが満州で苦労したのは大変だったけど
その土地は日本人が元から開拓したのではなく、中国の人が開拓し生活していたのを
追いやって入植したものであるという話でした。
参加者の中では満州から引き揚げた方、身内が満州でなくなった方、
お父さんが満州の土地で軍医さんをしていたとか、引き上げの時や、その後の苦しかった
話など、いろいろな話が飛び出してきて、あまり考えもしていなかった私は
皆さんの話を聞いて考えさせられました。
ちゃんと見学しないといけないなあと改めて思いました。
また最近の中国の発展ぶりは目覚ましく、牡丹江から綏芬河まで高鉄が開通し
4時間かかった所が一時間半で行けるようになったとそれもここ一年の間の話です。
中国に来るたびにどんどん変わっていくのがよくわかります。
ロシア風の駅が見えました。
b0044296_01011498.jpg
















途中小さな売店がある所の東寧迄の間に一ヵ所だけある
サービスエリアでトイレ休憩しました。
今回の旅行で一番大変だったのはトイレでした。
以前みたいに汚くはないですがなんせ数が少なく35人ツアーでは
時間もかかり大変でした。
東寧の町について今回の旅に特別に私たちの趣旨を聞いて
東寧の現地の方が特別にガイドについてあちこち紹介していただきました。
東寧の町についてみんなの希望で本屋さんに寄りました。
b0044296_01081956.jpg
















皆さんは地図がほしかったようです。
日本では正確な地図が必要ですし、売っていますが広大な土地に少ない人で現地では
地図の必要性があまりないようでした。
本屋では皆さんいろいろなものを買われました。本屋の店員さんは
日本人が大勢入ってきてびっくりしておられたようです。
私は韓国語の本と医療関係の中国の雑誌を買いました。
韓国語の本は塗り絵になっていて今色鉛筆で楽しんでいます。
中国の雑誌は一月号でした。ははは!!
b0044296_01113361.jpg
















町並みは明るく
奇麗でした。
b0044296_01135394.jpg
















東寧について最初に大肚川村へ
行きます。バスから見ると村中がきくらげ畑でした。
ロシアとの国境に近くにある御成橋を見学しました。
橋の名前が昔のまま残っていました。
b0044296_01172509.jpg




























今回の旅で
福岡から参加された方が東寧から受け取ったお父さんの手紙を持って
参加されました。お父さんは軍医さんでした。満州で長くいて最後には
沖縄で戦死された話を聞きながらここに立たれたと話されました。
ぐっときました。
橋から見える青い建物の場所が元病院で今は工場になっているとのことでした。
b0044296_01220939.jpg
















川の下を覗くとカモは平和そうに
泳いでいました。
b0044296_01234040.jpg
















次に日本家屋がそのまま残っている
軍人クラブを見学しました。
ここはきくらげの工場になっていて中は何も残っていなくて建物の外側だけが残っていました。
住んでいる方は親切な方で中を開けてくれました。そして以前の写真も見せてくれました。
とても優しく対応してくれました。
b0044296_01271870.jpg
















きくらげ畑が延々と続きます。
白い塊に菌を植え付けて栽培しています。
東寧名産で食堂で売っていたので買いました。
b0044296_01281729.jpg
















次は現地のガイドさんの案内で
砲台跡そして少年たちが働いていた報国農場跡地へ行きました。
広々としたところでその向こうはロシアです。国境まで1kmしかない所だそうです。
写真ではちょっと広さがわかりませんが広いです。
b0044296_01330851.jpg
















その後塹壕が残っているところを
教えてもらいました。樹木の並木の前の所がそうだそうです。
後ろに見える山はロシアです。
b0044296_01355999.jpg
















樹齢何年の木かなあ
この木はここであったことを全部見ていたんでしょうね。
b0044296_01382906.jpg




























東寧の町に戻って
ガイドさんをお別れして東寧要塞の見学に行きました。
東寧要塞は1932年に満州国建国の後1936年から建築工事が始まり
1937年に完成13万人の日本兵が駐屯、要塞付近は無住区で70余りの村が
破壊され住民は追い出されたばかりでなく要塞建設、飛行場・鉄道・道路のために
17万から20万人が強制労働に駆り立てられたそうです。
東寧要塞はウラジオストクから150キロこの地に南北100キロ東西50キロ
20以上の陣地が構築された。現在内部を見学できるのはこの勲山陣地だけだそうです。
英雄の銅像とか飛行機や武器の展示などそして博物館があります。
b0044296_01503097.jpg
















急な階段を上って要塞の入り口にたどり着きます。
b0044296_01525405.jpg
















中はじめじめしていて
決して快適な所ではありません。嫌になります。
部屋の名前とかお風呂の後とかわかる所がありました。
b0044296_01543018.jpg
















中を通り抜けると
山の上に出ます。そこに日中友好の碑が立っていました。
b0044296_01563558.jpg




























本当に仲よくしないといけないと思いました。
要塞の外に出て中腹から見たカチドキ山です。後ろに薄く見えている山なりはロシアです。
b0044296_01585991.jpg
















色々な思いを巡らしながら
下に降りていくと5時前で博物館は閉まっていました。そこを無理を言ってあけてもらいました。
融通が利き優しい係員の方でした。
b0044296_02012363.jpg
















駆け足でそれなりにガイドさんの説明を聞きました。
そしてそこから綏芬河の町まで移動しました。
食堂でごちそうを食べてホテルに入りました。もう暗くなっていたけどきれいな街でした。
b0044296_02034368.jpg
















種類も多く量もたっぷりで
しっかり食べて明日の列車の国境越えに備えました。


by yukinachan55 | 2017-06-17 00:28 | Trackback | Comments(0)

千日紅の花

b0044296_1917667.jpg

千日咲くというぐらい長く咲きます。
by yukinachan55 | 2011-09-13 19:17 | Trackback | Comments(0)

「ウツボカズラの夢」 乃南アサ著

b0044296_938279.jpg

 今日は台風が四国へ上陸するようで雨が降ったり止んだり、風がきつく吹いています。
「ウツブカズラの夢」を読みました。
 この本もブックセンターで借りました。
本の題名「ウツボカズラ」にひかれた借りた本です。
ウツブカズラは食虫動物でつるを使って他の植物に寄りかかり
つぼ型に変形した葉が捕虫器となり、その中に消化液を持ち中に落ちた
虫を食べます。
以前にキナバル山に登った時に途中のジャングルの中で見たのが
初めてです。最近は植物園でも見ます。
b0044296_10221170.jpg



物語は長野の田舎でおやこ四人で暮らしていた少女が母親の死をきっかけに
父親は後妻を迎え、子どもまでいたという事実に直面します。
東京の伯母の誘いにすぐに東京に出ます。
伯母の家は二世代同居だけど伯母と舅姑はうまく行かず一階と二階にわかれ断絶状態です。
伯母の家族の夫は働いているけど毎日10時以降にしか帰ってこない
長男は出て行ったきり、長女は高校生で何をしているかわからない
伯母は家事は嫌いで、外で遊び歩いているという、
崩壊寸前の家庭です。
主人公の出現によってまともになっていく物語かとも思ったのですが、
題名のとおり少女は伯母の家庭によりかかり、伯母の代わりに家事をすべて担当し
じっと家族を観察し、家族の要求には逆らいもせず、指摘もせず、よけいなことは絶対に言わず
徐々に伯母の家での存在価値を高めていきます。
最後にウツボカズラごとく生き夢を実現するために
伯母の家に居座り、たんたんと生きていきます。
伯母の家族は結局ばらばらになり少女は姑と舅と一緒に生活していくようになります。
ウツボカズラは少女のことをさしていると思うのですが
おばの家族達のこともさしているのではないか?
人に頼り自分でしっかりと生きていくことが出来ない人々のことを言うのだなあと感じました。
「崩壊と夢」すべてがハッピーエンドでない物語ですが
面白かったです。
by yukinachan55 | 2011-09-02 09:38 | Trackback | Comments(0)

スイトピー

b0044296_21115556.jpg

先日通信講座最終回の提出をしたので、お祝いに買いました。うちの近くの花屋さんは石屋さんがやっておられるのでお仏壇の花等が中心で普通花屋さんとはちょっと違います。スイトピーの花もバケツにいっぱい入れてあるなかから取りました。元気がでるので赤色にしました。 ミャンマー土産のコッブに入れてます。思っていたよりいい香りがします。〓
by yukinachan55 | 2011-04-18 21:11 | Trackback | Comments(0)

うちのお雛様

b0044296_2219463.jpg

今日は大安で雛祭りです。
写真は手作りマーケットで買ったお雛様です。
お顔が可愛くて気に入りました。
春が来たかと思ったのに雪がちらつく寒い天気になりました。
三國志八巻やっと読み追えたのでフックセンターに返却にいき新しく五冊借りてきました。
小川洋子著シュガータイム 奥田英明著マドンナ 横山秀夫著ルパンの消息
畠中恵著いっちばん 江夏豊著左腕の誇り 自伝の5冊です。
どれから読もうかと考えている所です。
三月になると花を追いかける季節到来です。
梅から始まって桃、さくら、かたくりはじめ山の花です。
韓国語と中国語やはり二つとも続けます。
韓国語能力試験が4月中旬にあるので試験勉強中
で少しでも記憶力がよくなるように青いボールペン使っています。
プールも行かないといけないし、パタパタしていますが、
なんといっても働いていなくて24時間自分のものだから
楽しいです。
ご近所で見つけた春一番の万作の花です。
b0044296_22271263.jpg
by yukinachan55 | 2011-03-03 15:41 | Trackback | Comments(2)

秋晴れ

b0044296_12232186.jpg

空に雲ひとつない素晴らしいお天気です。家に居るのがもったいなくて近所の公園に出かけました。ベンチに腰掛けお日さんにあたりながら風をうけ、韓国語のマンガを読んできました。二十四時間自分のものです。しあわせです。
by yukinachan55 | 2010-11-19 12:23 | Trackback | Comments(2)

大阪城公園の銀杏

b0044296_9123228.jpg

大阪城公園を歩きました。銀杏が黄葉してきていました。台風の予報が出ていたせいか人出は少なかったです。梅林の方から時計回りに一周しました。いい運動になりました。
by yukinachan55 | 2010-10-31 09:12 | Trackback | Comments(0)

韓国映画「冬の小鳥」

b0044296_15363745.jpg

昨日 韓国映画「冬の小鳥」を見ました。ラストではじーんと涙が込み上げてきました。静かな抑えた演技でした。韓国映画はどうかすると感情むき出しの表現が多いだけにちょっと意外でした。主人公の女の子の表情が素敵です。機会があれば是非ご覧ください。
by yukinachan55 | 2010-10-28 15:36 | Trackback | Comments(0)

中国みやげのグリコボッキー

b0044296_1793655.jpg

中国みやげのボッキーです。上海蟹味と北京ダック味と広州フカヒレ味があります。塩味が全く違います。上海蟹が一番塩辛く、フカヒレがあっさりして北京ダックが中間です。メーカーはグリコでした。
by yukinachan55 | 2010-09-04 17:09 | Trackback | Comments(2)

夙川の桜

b0044296_1611466.jpg

夙川の桜は満開です。大きな松と奥に甲山がみえます。すごい人でした。
by yukinachan55 | 2010-04-03 16:01 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧