2014年 11月 04日 ( 1 )

中国北京一人旅 ③ 美術館とフリマと京劇観賞

 北京二日目のお昼からは今日美術館に行きました。
お昼からも霧の中でした。
 美術館前のオブジェです。
この作家はきっと有名な作家だと思います。
韓国ソウルでうもこの顔の絵は何度も見ました。
b0044296_21162558.jpg


なぜか入場料は無料でした。
二階と三階が展示会場になっていました。
オーストリアの女性作家の個展でした。
題名が「左看・右看」で東洋と西洋の人描かれていました。
b0044296_21181162.jpg


色彩が変わっていて面白かったです。
b0044296_21242086.jpg


b0044296_21245715.jpg


三階の絵はフランスの人の絵でした。
題名は「私、私たちの意識的な七つの世界」で「赤、黄、白、青、黒、緑、無色」
それぞれの色にテーマがあるようでした。
一番気に入った絵です。
b0044296_21352915.jpg


真ん中の部分を拡大したものです。
b0044296_21363097.jpg


わかるようでわからない絵でした。

今日美術館だけでなく、街の一角が大きな建物も含めて
芸術村になっていました。
今日だけ開催のフリーマーケットが行われていました。
案内のポスターです。
b0044296_21392788.jpg


アクセサリーが多かったですが、本や、衣類など結構たくさんの店が
並んでいました。
b0044296_21411515.jpg


この看板の絵を見て入りました。
b0044296_2141577.jpg


実際に出てきたケーキです。食べごたえがありました。
b0044296_21423825.jpg


こういうものも登場しました。
b0044296_21445213.jpg



夜は京劇鑑賞に出かけました。
チケットはネットで申し込みをすると
チケット屋さんが直接会場までもってきてくれます。
面白いシステムですが、ただ、時々こない場合があるそうです。
中国らしいです。
今回は無事会場でチケットを持って来てくれました。
50元の一番安い席でした。
昨日申し込んだので私が見たかった白蛇伝はチケットがありませんでした。
題は「状元媒」で城主の妹の婿選びの話だと思います。
プログラムの中国語で全然わからないし、字幕があっても
ちんぷんかんぷんです。
が、想像からすると婿候補が二人いてそれぞれに策士がついていて
ええもんとわるもんがいて結局お姫さんがええもんを選んで
ちゃんちゃんというおはなしだと勝手に解釈してみました。
入口のところにあった看板です。
b0044296_21582419.jpg


お姫さんとええもんさんです。
b0044296_2205654.jpg


b0044296_2211403.jpg


b0044296_2222843.jpg


わるもんさんです。
b0044296_223963.jpg


ラストの婿選びの場面です。
b0044296_2241638.jpg


休憩なしで二時間十五分途中でふっと眠くなりましたが
持ちこたえました。楽しかったです。
写真はダメだと書いてあるのですが、それは中国らしく
バンバンとっていました。私もみなさんと同調して撮りました
とにかく綺麗です。それなりにわかるものですね。
今日は朝から充実した日になりました。
by yukinachan55 | 2014-11-04 22:11 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧