2012年 11月 29日 ( 1 )

韓国語小説「オンマをおねがい」を読み始める

今日は朝から足元が冷えてとても寒かった。
朝方は陽射しが少しあったけど、お昼からどんより雲って今にも
雨が降り出しそうだった。でもふらなかった。

 一月からのラジオレベルアップハングル講座は小説を題材に
するそうです。
  「韓国女性作家がえがく 家族の肖像」
     講師:きむ ふな (翻訳家)
    1月 
    『母をお願い』 シン・キョンスク
       엄마를 부탁해 / 신경숙
    2月 
    『菜食主義者』 ハン・ガン
        채식주의자 / 한강
    3月 
    『だれが海辺で気ままに花火を上げるのか』 キム・エラン
    누가 해변에서 함부로 불꽃놀이를 하는가 ([달려라 아비]수록) / 김애란

 10月に韓国ソウルで「日韓交流祭り」がありました。
その時に本屋さんのブースがあって、
韓国の本と日本の本の展示がありました。
日本語のとても上手なお姉さんが日本語で
私が下手な韓国語で本の話をしました。
このブースで日本の写真家の本を韓国語に翻訳した
「人生の地図」を一冊買いました。
お姉さんが写真が多く文章が少ないからと自分も買った。
と教えてくれ進めてくれました。
そしてもう一冊買おうと思って考えていたら
「엄마를 부탁해 」は「母をおねがい」という題で
日本語の翻訳本が出ていると
おしえてもらったのでここで迷わず買いました。
この本は以前から書店のベストセラーのところに
いつも並べられていたんですが、
表紙を見ると何か宗教関係かなあと思って素通りしていました。
15%割引がありました。
 そして少しだけ読んでちょっと難しいな後ほってあったのですが、
今回のラジオ講座で取り上げることがwaかったので
二三日前から再度読み始めました。
辞書は横においてあるけど、どうしても引かないといけない言葉だけにして
(これがいっぱいある)読んでいますが
固有語や省略語も多く悪戦苦闘しています。
内容は導入からショックでした。
母親が父親と一緒に出かけたソウル駅で
迷子になりそのまま行方不明になって一週間から始まりました。
娘から見た形で話はすすめていきます。
娘は物書きなのでビラの文書を考える役割を与えられます。
母親の生年月日が違っていたり、娘の知らないことも多くあります。
この事件を機会に昔の母親の姿、人をもてなすのがすき、
長男だけにラーメンをつくってやるとか:::::
母親が病気で死にそうになった時駆けつけたら納屋に寝ていて
死にそうな時に娘に「あなたはおばさんの死んだ時に泣かなかった」
といいます。
そこからおばさんの思い出になったり、自分の作家としての成功の話を
母親に話すところとか、
現在の話と過去の話が出てくるので時制が分かりにくい。
とりあえず47ページまで読みました。もう少し読み進まないとわからないようです。
がんばって一月に間に合いたいと思うけど、小説は難しい。
b0044296_2095174.jpg


b0044296_20101770.jpg


二月と三月の本は書道の展示会を見に行く時に
買って来ようと思っています。
忙しくなってきたなあ。

今日はとても寒かったので先日韓国で妹のおみやげに買った
「ヨモギ蒸」の試供品をおまけにもらった分があったので
今日はじめて試しました。以前のよりヨモギのにおいがきつくなったように
思いますが、暖かくて快調です。
b0044296_2020099.jpg


今日はブックセンターに行って予約した本をかりてきた時外出しただけで
一日家で読書三昧の日でした。
by yukinachan55 | 2012-11-29 20:34 | 読書 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧