歌舞伎

今日は友人に誘われて、松竹座の「浪速花形歌舞伎」を見に行ってきました。
第三部の午後7時から開演の「夏祭り浪速鑑」です。
序幕の場ではゆったりした雰囲気の中で人物紹介とそれまでの人間関係が
演じられます。義理と人情の世界です。
お世話になった人には、命に換えてでも義理を果たすという世界です。
二幕目はお世話になった人を逃がすために顔を傷つけてでも、お世話になった
人の身内を隠す女房のかっこよさが光ります。
女性でもかっこいい人はかっこいいです。
大詰は欲に目がくらんだ舅を心ならずも殺してしまう。
壮絶な殺しの場はきれいな歌舞伎とはちょっと趣が違った
どろどろとした愁嘆場でした。本物の水を使った見せ場でした。
その背景に夏祭りのちょうちんやにぎやかな祭囃子がはいって
陰惨な悲劇がよりいっそう印象付けられました。
歌舞伎の約束事や、あらすじなど歌舞伎通の友人が横から
こっそり教えてくれるので、内容が良くわかり楽しかったです。
三味線や拍子木の音もいい感じでした。
テンポがやっぱりゆっくりで、もうええやんか、はよしたらと
思うところはありましたが、楽しめた歌舞伎見物でした。
おみやげに隈取りタオルを買いました。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/6684243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あんぷ at 2007-04-03 23:08 x
 今日読売新聞を見たら、片岡愛之助さんの団七役のことが載っていました。
 秀太郎さんの養子さんなのですね。
Commented by yukinachan55 at 2007-04-03 23:25
あまり詳しいことわからないんです。
内容は友人のおかげでよくわかりました。
愛之助さんは片岡仁左衛門さんに少しにています。
友人が片岡仁左衛門さんの大ファンなんです。
つれられて7月歌舞伎も行くようになるかもしれません。
読売新聞読んでみます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2007-04-02 23:16 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧