鍋島 「特別展」日本磁器の最高峰

今日はお昼から東洋陶磁美術館で行われている
 将軍家への献上鍋島
「特別展」日本磁器の最高峰展覧会を見に行ってきました。
佐賀県鍋島藩の有田の最高の技術を持つものを集めつくられた鍋島を
徳川家への献上品の視点から展示されていました。
徳川家光の時代に始まり、五代将軍綱吉の時代に最盛期を迎え、
吉宗の時に隆盛期は終わり、その後家治、田沼意次時代に新しい鍋島様式が
出来上がります。
どれをとってもすばらしい陶磁器でした。
大小さまざまな形があり、はじめてみる形もたくさんありました。
ブルーが多いけど、彩色されたものは、お皿を見ている感じではなく
一枚の絵を見ているようで、圧倒されました。
良かったです。説明文を読みながら、見たのでとても疲れました。
ポスターになっている桃の花と実のお皿は最高でした。
もう一度見に行ってもいいなあと思っています。
今回は職場に来た招待券でいきました。
最後に常設展の飛び青磁と天目茶碗、ぐるっと回っている婦人の像を
見ました。いつものことながら、懐かしい感じがしました。
b0044296_20181187.jpg

トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/6460817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-02-10 21:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukinachan55 at 2007-02-10 22:07
ありがとうございます。
本当にひどい誤字だらけですね。
文字の大きさを大にしました。
これから気をつけます。
Commented by 和三郎 at 2007-02-11 16:19 x
いいものを見せてもらいました。
ちなみに佐賀には鍋島という美味しいお酒もあります。
Commented by yukinachan55 at 2007-02-12 21:18
そうですか。
のんべえの友人に言っておきます。
四国はもう春ですね。
一度お伺いしたいですが、大阪からは遠いです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2007-02-10 20:16 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧