メコンに寄り添う古都ラオス旅行⑥朝の托鉢と早朝マーケットとお寺

ルアンパバーン、そしてラオスの最終日は5時過ぎに起きてお坊さんの
托鉢に参加します。お坊さんが通る道筋に茣蓙が引かれお風呂の座る台が
並べてあります。ガイドさんが用意してくれていました。
お坊さんが来られるまで靴を脱いで待っています。
b0044296_00010963.jpg














まだ夜が明けていませんでした
お坊さんはお寺ごとに托鉢の籠を下げて回ってきます。
私たちの前で蓋をとって入れやすくしてくれました。
b0044296_00032776.jpg














年取った人もいますが
若い人も多かったです。集められたご飯とかお菓子は自分たちが食べるのでなく
集めて村の人たちがまとめて餅麵麭みたいなものを作ったり
途中で子供が袋を持って立っていて托鉢の入れ物からそこへ入れてあげたりしていました。
社会のセフティーガードの役割を果たしているのではないかと思います。
ラオスへ来る前に村上春樹の「ラオスには何があるんですか」の紀行文を読んだとき
托鉢は見学するだけでなく参加してみてください。何かがわかります。と書いてありました。
観光客は見学するだけでなく参加すべきだと思いました。
托鉢するものはこのように準備されています。
b0044296_00103977.jpg














終わった後は近くの朝市に行きました。
野菜や果物、乾物、コメ、魚、ありとあらゆるものが新鮮でおばちゃんたちも活気があり
歩いているだけで楽しかったです。
まずは珍しいものから、はちみつを買ってきてほしいと頼まれていたので
はちみつらしきビンを見つけてみたのですが蓋が完全でないのであきらめました。
その周りに並べてあるものは蜂の子です。これを適当な大きさに切って
バナナの皮に包んで焼いて売っていました。
買って食べておいしいという人もいましたが、ちょっと苦手です。
b0044296_00135021.jpg














次は昨日食べたナマズです。
おばちゃんが抑えてつかんであるのは11kgでした。
迫力あります。おばちゃんも負けていませんでした。
b0044296_00181345.jpg














市場の雰囲気はこんな感じです。
b0044296_00193670.jpg














天秤棒を担いだおばさん
b0044296_00205408.jpg














カモも売っていました。
b0044296_00221270.jpg














野菜も何もかもいっぱいです。
b0044296_00252618.jpg














もう一枚
b0044296_00263318.jpg


























おいしそうなお餅を売っていたので
適当に包んでもらって一ドル払ったらおつりがないからともう一つ包んだお餅を渡してくれました。
ラオスではほとんどの所でドルで買い物ができました。
朝市が終わっていったんホテルに帰りました。
ホテルでお坊さんを読んで何かわからんけど行事を行っていました。
b0044296_00295642.jpg














少し休憩してから
博物館とお寺を回りました。
その前に絵葉書を投函するために郵便局に寄りました。
赤いポストはなくて壁に投かんしました。着くか心配したけど
ちゃんとついていました。
b0044296_00345878.jpg














王宮博物館は王宮の中を紹介しています。
謁見の間から始まって王の寝室や書斎など順番に回ります。
博物館のように展示はありませんでした。
壁も天井もキンキラキンの装飾でした。
ここでは写真は禁止されていました。
まずは博物館の横の仏像を祀った祠を見学しました。
祠といってもキンキラキンのすごい建物でした。
b0044296_00383857.jpg














全体にこのような彫刻がされていました。
b0044296_00394429.jpg














王宮博物館の入り口です。
奥の方に昔の建物がありました。
b0044296_00404659.jpg


























次に訪れたのは
王宮博物館から歩いて行けるワット・マイです。
本堂です。
b0044296_00432644.jpg














仏様です。
天井に扇風機がついていました。
b0044296_00443733.jpg


























壁の彫刻がとてもきれいでした。
b0044296_00463176.jpg














お昼になると気温がどんどん上昇して
37度近くになります。もうそろそろ限界だなあと思ったらあと一つ
一番有名なお寺ワットシュートーンへ行きました。ここが最後のお寺です。
本堂です。
b0044296_00494456.jpg














霊柩車を入れておく建物です。
王様が亡くなった時に使われるもので過去に一回だけ使ってこれからは使われことはありません。
現在は王様はいないからです。
b0044296_00520794.jpg


























先頭に立っている龍です。
b0044296_00532154.jpg


























本堂の中に大きなどらがあるのですが
撫でると音が共鳴してうわーんうわーんとなるのですが、挑戦したのですが
うんともすんともいいません。そしたら受付のおじさんが来てやさしくなでると
大きな音が出ました。再度挑戦してもダメでした。
b0044296_00563029.jpg


























マイトーンは
モザイク画が有名で赤く映えてきれいでした。
b0044296_00575834.jpg


























最後に日本でもある重軽仏様が
ラオスにもいらっしゃいました。
左下に置かれた仏像を座って顔の上まで持ってこれるといいことがあるとのことです。
左手を仏像の下を持って右手は首を持ってあげます。私は上がりました。ははは
b0044296_01000486.jpg


























最後に狛犬さんにご挨拶してお寺を後にしました。
b0044296_01025390.jpg


























この後は土産物屋さんによったり
地元のプーシー市場へ寄ったりとそれなりに買い物をしました。
後は空港へ直行してルアンパバーン空港からハノイ経由で関空まで帰りました。
ハノイの空港で食べはホウです。
b0044296_01061198.jpg














ラオス旅行はゆったりとした時間の流れの中で
過ごしました。何か懐かしい気分になる国です。
高度成長で忘れ去ったものがまだまだ残っている感じがします。
混みあわない、それなりに空間がある余裕のある国です。
ビエンチャンとルアンパバーンの二つの町しか言っていません。
もっと田舎があると思います。メコン川が滝になっているところがあるようです。
行ってみたい所がまだまだいっぱいありそうです。
今回は助成場から7人のこじんまりしたツアーでずいぶん自由な旅になりました。
満足の旅でした。














トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/26699203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2017-02-23 23:53 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧