京都国立近代美術館・「魯山人の美 和食の天才」を見る

 日曜日雨が降りそうな変なお天気です。
朝夕は涼しくて寝冷えをしたようで身体がだるく感じます。
京都国立近代美術館で「魯山人の美・和食の転載を見ることにしました。
b0044296_2259622.jpg


b0044296_2304727.jpg


作家の言葉
「陶器だけでは美はわからぬ。凡ゆるものの美を知って。
それを通じて陶器の美もわかる。そして本当にわかるということは
本当にそのものに惚れることしかない」
ダイナミックな食器が並べられていました。
すごい迫力で迫ってきます。
私の好きな白地にブルーの食器はありません。
茶色とグリーンがおおく、展示品を見ながら何を載せたらいいかなあ
と考えながら見て回りました。
でも、貧弱は頭と経験では刺身と煮物しか浮かびません。
大きな鉢はお饅頭てんこ盛りのイメージしか出てきません。ははは
でも、すごいなあ。
私は今作品を見てなるほどなあと思ったりしていますが
作る方は白紙に自分のイメージを写して出来上がりを想像して
作るんだから天才の頭の中はちがうんだなあ。とおもいます。
このお皿に何を載せようかばかりかんげていたので
だんだんお腹がすいてきました。
ゆったりとたっぷり楽しめた展覧会でした。
帰りにいつも行く食器屋さんでお茶碗をひとつ買って帰りました。
店の中の大きな花瓶にスモークツリーが飾られていました。
b0044296_23142064.jpg


帰りは小雨が降り始めていました。
台風が三つも来ているらしい天気予報を聞きながら
今年はまだクーラー使っていないなあと思いながら過ごしています。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/24663518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2015-07-06 23:18 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧