近つ飛鳥博物館 「ヤマト王権と葛城氏」を見る

 今日は雨が降りそうなややこしい感じがするけど
まあ何とかなりそうです。
午前中は用事があったので、お出かけはお昼ごろになりました。
 先日出かけた仁徳天皇陵の続きで古代の展示がある
近つ飛鳥博物館で行われている特別展示
「ヤマト王権と葛城氏」を見に行くことにしました。
近鉄南大阪線阿部野橋から準急に乗りました。
河内長野行に乗らなかったので古市で乗り換えて喜志で
おります。
金剛バス「阪南ネオポリス行き」に乗って終点で降ります。
途中大阪芸術大学があるので、バスは十五分おきに出ています。
終点からすぐの所に入り口があります。
全体が近つ飛鳥風土記の丘になっています。
丘全体が一須賀古墳群を保存していて、見学できるように
遊歩道が整備されています。
b0044296_1132244.jpg


博物館に行く途中でも横穴式の古墳を見ることができます。
b0044296_11443192.jpg


入り口から八分ぐらい歩くと「近つ飛鳥博物館」があります。
あたりは森の中にあるので静かで古代の雰囲気が味わえます。
b0044296_1145477.jpg


中に入ると地下一階と一階が吹き抜けになっていて一目で全体が
見通せるようになっています。
b0044296_11463969.jpg


撮影禁止の場所ととってもいい所があるみたいですが、
煩わしいのであまり写真は撮りませんでした。
いろいろな埴輪が周囲に飾られていました。
b0044296_11482617.jpg


一つ一つ展示物を見ながら説明書きを読んでいるといつもの事ながら
だんだん疲れてきます。
真ん中のホールには仁徳天皇陵の150分の1の模型で周りには
古墳づくりや当時の人々の生活の様子を再現した小さい小さい
模型が精巧な形で作られ設置されていました。
それぞれのポートを見ていくと飽きることはありません。
本当に精確でびっくりしました。
b0044296_1154178.jpg


b0044296_11543578.jpg


b0044296_115592.jpg


b0044296_11553651.jpg


ひとつずつ確かめながら見ていくと飽きることはありませんでした。
最後に特別展「ヤマト王権と葛城氏」の展示を見ました。
知っている地名の古墳群がいっぱい出てきます。
三角神獣鏡が古墳から掘り出されたものが展示されていて
古代の歴史の面白さを感じました。
ちょっと勉強したらもっとわかるのにとも思いました。
ここは撮影禁止でした。
最後に古代史の映像を見て博物館を後にしました。
今日は時間がないので戸外の古墳群は見学なしです。
帰る途中の園内の緑の中にねむの花が咲いていました。
b0044296_1215022.jpg


帰りも来たコースで帰りました。
楽しかったです。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/22828807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2014-06-21 11:21 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧