京都高麗美術館と出町柳のオカメ桜

 今日は春分の日です。
京都高麗美術館で行われている「ポシャギとチュモニ展」
を見に行ってきました。
 京阪祇園四条駅を降りてバスに乗ろうと地下から上がったら
強い風が吹き雨がざあーざあー降っています。
さっきまで太陽が出て暖かかったのに、気温も急に下がりました。
バスで加茂川中学校前で降りるとすぐ高麗美術館があります。
展示は三か月ごとに内容が変わります。
b0044296_2185163.jpg


今回は「女性たちの糸と針の造形」ということで
韓国刺繍博物館のポシャギ(風呂敷)45点チュモニ(袋物)25点
高麗美術館のポシャギ20点、さらに現代のポシャギの秀作15点が
展示されていました。
観客はほとんど女性でした。
b0044296_2194092.jpg


b0044296_21101177.jpg


作品はそれぞれ配色が韓国の色使いで明るく美しかったです。
明るい絹で作ったものもいいですが、私はモシが材料の
麻のように透き通ったグレーはベージュのものが好きです。

韓国の詩人伊東柱(윤동주)の詩
序詞
죽는 날까지 하늘을 두러러
한 점 부끄럼이 없기를.
잎새에 이는 바람에도
나는 괴로위했다.
벌을 노래하는 마음으로
모든 죽어가는 것을 사랑해야지
그리고 나한테 주아진 길을
걸어가야겠다.

오늘밤에도 별이 바람에 스치운다.

この詩の部分が韓国語で書かれた布を使っての
ポシャギが飾られていました。
読み取れた部分からこの詩を思い出しました。
そうしたらポシャギの下に詩集が置いてありました。
写真がないのが残念です。
二階の展示室の椅子に座ってかすかに揺れるポシャギを
見ながらボーっとしていたら時を忘れるようでした。
すてきな展示会でした。
チュモニの絵葉書を買ったのでそれを写真に
撮りました。
b0044296_21452136.jpg


b0044296_21454746.jpg


b0044296_21461372.jpg


会場を後にしたときは晴れていたので上賀茂神社にお参り
しようと歩き出したら、突風が吹き霰が降り出しました。
大慌てでバス停まで走りました。
雨が雪になり、風もやみそうにないのでお参りは
またの機会にして帰ることにしました。
出町柳駅まで来ると太陽が照りだして明るくなりました。
駅の前のお寺のオカメ桜が今年もきれいに咲いていました。
空が真青でした。
b0044296_21571249.jpg


b0044296_21573872.jpg


b0044296_2158871.jpg


賀茂川の方を見ると柳が新芽を出して風に揺れていました。
b0044296_220734.jpg


写真を撮り終えるとにわかに曇ってきて雨が降り出しました。
駅前のコーヒーとジャズの店で濃いコーヒを飲みながら
ジャズを三曲ほど聞いて帰りました。
晴れたり、曇ったり、突風が吹いたり、雨や霰や雪がふり
傘をさしたり、すぼめたりととてもおかしなお天気でした。
でも楽しい一日でした。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/22306795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2014-03-21 22:09 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧