韓国ソウル七月の旅 五日目 南大門市場とギャラリーめぐりと「光化門恋歌」

 今日はまずはおみやげののりを買いに南大門市場に出かけました。
先日ソウル駅にいったときのバスが南大門市場を経由することがわかって
いたので、バスで行きました。
バスの番号がわかればバスほど便利なものはありません。
韓国の地下鉄は深い上に乗換えが本当に大変なんです。
まずは友人に頼まれた糸通しを探すことにしました。
地下街の小間物屋さんでたずねて携帯の写真を見せると
何処で買ったのかと聞かれたので、友人の話では地下鉄
四号線の地下鉄の中の物売りのおじさんから買ったというと
それは、市場では売っていないといわれました。
日本であるものと同じものを紹介されたので丁寧にお断りしました。
ところが不思議なことに私のまわりに糸通しを探しているオーラが
でていたのか?
市場の方に歩いていくと物売りのおじさんに呼び止められました。
なんとそれが私が探して糸通しのおじさんだったんです。
おじさんは日本人でぼーっとあるいている私を鴨と思ったのか
熱心に説明してくれ、私も試してみました。本当に便利です。
そして、値段も一つ2000ウォンで友人が言ったとおりです。
一万ウォン出すと六つくれました。
まあ、なんと不思議な偶然です。
友人には四号線に乗ったら気をつけておいてねといわれ
あまり期待されていなかったのですが?
b0044296_0335224.jpg


偶然の出会いににたにた笑いながら歩いているとおみやげの
のりを買いに行く道がわからなくなってしまいました。
途中半ズボンのいいのがあったのでおばさんに言うと
「おばさんが着るんだったら小さいよ」とすげなく言われがっくりです。
仕方なくぶらぶら歩いて次の店でワンサイズ大きなものを買いました。
そんなにはっきり言わなくてもいいのにね韓国人は正直ですね。
うろうろしながら海苔やさんにつきました。
いつもの海苔を買ったのですが日本人のお客さんが少なくなったし、
買い物の量も少なくなったよといわれました。
海苔と高麗にんじんの洗顔クリームを買ってジュースをよばれて
それなりに世間話をして店を出ました。
さくらんぼが美味しそうなので、おばさんから買い、横の木苺の
実を一つつまんで食べてありがとう!
次は化粧品の50%引きに引かれて二つほど買い、一足2000ウォンの
ソックスを三足買いました
段々にものが増えるのでこれくらいにしてバスに乗りました。

ホテルのバス停からの道でチャメ(黄まっか)を売っている
果物屋さんの前で躊躇していたらおじさんに美味しいよ
と声をかけられてハナチュセヨ(一つください)といっているのに
四つ5000ウォンといって勝手に袋に入れて持たしてくれました。あーーーーあ
これだけひとりで食べれるわけ無いのに!!
b0044296_048650.jpg


しばらく休憩して
仁寺洞のギャラリーめぐりに出かけました。
まずは地面にセンスを並べて自分で絵を書いているおじさんに
会いに行きました。
今日はセンスに般若心経を書かれていました。
般若心経ですね。というとそれから書芸はしっているのかと聞かれたり
絵を書くのは簡単だが字を書くのはむつかしいと
よくわからない韓国語で話し始め、はいはいとおとなしく拝聴していました。
丁度お客さんが来たので「アンニョン!!!」といって逃げました。
年寄りは講釈がながい。
次はいつも行くギャラリーを巡りました。
この絵が一番気に入りました。
b0044296_0542698.jpg


気に入った作品があったので受付で写真をとってもいいかと尋ねると
若い兄ちゃんが机の中かな図録を出してくれました。
本当は10000ウォンです。こんな時日本人はお徳です。
次は友人taeさんがメドップを作られるので私もメドップの
展覧会があると必ず覗くことにしています。
今回は行燈とメドップの組み合わせで素敵な展覧会でした。
b0044296_0573574.jpg


b0044296_058896.jpg


b0044296_059983.jpg


私がつけているメドップの目がねホルダーを見て先生が
声をかけてくださって、行燈についての説明とか日本食が
好きで日本へしょっちゅう来られるとか色々話が弾みました。
最後に図録をプレゼントしてくださいました。
b0044296_124188.jpg


後は、適当にあちこちめぐりました。
昼食は満員のマンドウ屋さんで無理に一つ空いている席に滑り込み
絶対に躊躇しないことがコツです。
ムルマンドウ いわゆる水冷麺の麺の代わりにマンドウが入っています。
おつゆの冷たさとマンドウの暖かさが絶妙です。
b0044296_1124376.jpg


今日の夜の部はミュージカル「光化門恋歌」です。
初めて行く淑明女子大学で少し早い目に行ったのですが
入試の案内の張り紙がずっと続いていて簡単にわかりました。
受付に行くと何かごたごたしています。
何か不都合なことがあるのかなあと思っていたら
日本語のわかるお姉さんが出てきて
私がR席を申し込んだのだが、VIP席に空きが出来たので
わざわざ日本から来てくださったのでいいお席で見ていこうと交換しました
とうれしい取り計らいをしてもらいました。
ラッキー!!!「ありがとうございます。楽しませていただきます」
ということで席について見ると前から5番目の真ん中
一番見やすいところでした。ありがとう韓国の人!!!!
お話は特に説明することも無く、それなりにうたって踊って
三階建てにつくられたブースにそれぞれ楽器の演奏者が入る
組み立てはユニークでした。
最後に出てくるイスヨンがうたった「光化門恋歌」が若い三人が
うたった時は懐かしく感動しました。
b0044296_1235271.jpg


b0044296_1242650.jpg


ラストにちゃんと写真タイムがありました。
私が一番に気に入った女性です。
b0044296_1251932.jpg


主人公のおにいさん
b0044296_1253790.jpg


b0044296_126620.jpg


全員そろって
b0044296_1362775.jpg


最後はスタンディングでみんな一緒に踊って歌ってコンサートののりでした。
私も一緒に拍手し、声を出し、一緒に踊って若返りました。
ホテルに帰ると今日ホテルでチジミパーティーがあったとのことで
社長のお母さんが気を使ってくれて私の分を残しておいてくれました。
b0044296_1302664.jpg


今日は周りの人にとても大事にされてラッキーな一日でした。
とても幸せな暖かい気分になっています。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/20693423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arip at 2013-07-07 06:51 x
VIP席に変えてくれる配慮が嬉しいでね。
Commented by tae. at 2013-07-07 09:00 x
素敵な一日でしたね(^^)
オンニが周りの人から親切にされたり大切にされるのは、お人柄だと思います。
みんなオンニの魅力に吸い込まれるんです。

メドゥプ展!
そうでした、ちょうど期間中だったのにお知らせするのすっかり忘れてましたm(__)m
見学できてよかったですね~~
お荷物になると思いますが次回、その図録を見せて頂けませんか?
メドゥプと行燈という組み合わせ、素敵です(^^)
Commented by miya at 2013-07-08 12:42 x
私、最近、南大門市場 再評価しています。

しばらくお土産用の韓国のりは、ソウル駅のロッテマートで買っていましたが
最近は、南大門市場のほうが、質、価格からみて良いように思っています。

お店の人とコミュニケーションとれるし。
南大門市場の人は、日本語が上手ですから。
Commented by yukinachan55 at 2013-07-09 09:17
aripさん こんにちわ
この配慮はびっくりしてしまいました。
一番見やすい席で楽しませてもらいました。
Commented by yukinachan55 at 2013-07-09 09:20
このメドップ展
行燈とメドップのコラボレーション
素敵でした。
行燈の明かりの中にはえるメドプがなんともいえない
雰囲気をかもし出していてよかったです。
図録の写真も実物を写し取っていますから
いいですよ。
早速送りますね。
楽しみに待っていてください。
Commented by yukinachan55 at 2013-07-09 09:28
私もロッテマートもよく行きます。
南大門市場は友人に紹介してもらって海苔を買いに
行って、その後その友人と一緒に行った時に
とても大事にしてもらったのでそれから
そこの店で買うようになりました。
ハングル書道の先生と一緒にアクセサリーの店に
連れて行ってもらったりと縁が出来ました。
そして、地元のいく人たちの食堂に入ってので
臆せず歩くことができるようになりました。
広いので何処で買ったらいいか迷いますが
いいと思ったものを冷やかしたり買ったりしています。
市場歩きは面白いです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2013-07-07 01:38 | 海外旅行 | Trackback | Comments(6)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧