韓国映画「26年」を見る

 朝からいいお天気でした。
ホテルの玄関を写しました。
b0044296_16485838.jpg


初めての所で格安ホテル心配したけど、部屋もコンパクトに便利に
出来ています。湯船があるので選んだけど思ったより良かったです。。
ホテルの従業員がとても親切でよかったです。

朝一番の映画を見ました。
観客は私と同年代の人が結構いました。
4000ウォン(320円)安いです。
映画「26年」韓国で現在一番の映画です。
内容は韓国語の聞きとりがいまいちでよくわからないところが
あるので誤解はお許しを
1980年の光州事件(民主化を求める市民のデモ隊に発砲して
大勢の犠牲者を出した)事件の当時のことはアニメで表現しています。
このアニメが秀逸です。
自宅で流れ弾に当たって奥さんが死んでおかしくなった父親に育てられる娘
父親が殺されて母親が大勢の死体の中から父親の死体を掘り出す現場を見る少年
母親は精神がおかしくなります。
姉と一緒歩いていては姉が射殺されて殺されてしまい
自分も殺されかけるけど良心的な警官に助けられる少年
父母をなくした少年
このように直接の犠牲者でなく犠牲者の二世が
26年後光州事件を命令した当時の大統領を暗殺を計画し決行する話です。
ストリートしては良く出来ているし、面白かったです。
ちょっと韓国風のそれはないやろうというところは大目に見て
四人の立場がそれぞれ違い、それなりに協力し合っていく道筋が
それぞれの立場性格から一筋縄では行かないところが現実的、
一度失敗して、再度立て直すのは韓国風?
そして、1980年当時に何も知らずに配置させられた
警官の立場からの参加もあります。
この人が暗殺計画の重要な役割を担います。
ことが起こって上から命令が来ると被害者でなく加害者になる怖さも
真正面から捕らえています。
後で考えるとなるほどなあ。と思います。
けどよくわからなかった人物もいます。
なんでもない市民が巻き込まれそのこどもたちが
又それを引きずって生きていくことの悲しさ理不尽さが歯がゆいです。
その上、復習を計画し、それを実行しても又そこで悲劇の繰り返しです。
権力そのものの強さ、しぶとさ、えげつなさ、見てられないですね。
決して、物事をあいまいにせず、大きな問題を投げかけています。
重たかったけど、映画としては面白かったです。
ハンヘジンが台から落ちて再度立ち上がるのこれは無いやろうと思います。
やくざのにいちゃんが良かったです。
もう一度見たらもっとよくわかると思うのですがちょっとしんどいです。
骨のある映画でした。
b0044296_170563.jpg


映画はいつ見ても面白いです。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/19617493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2012-12-05 17:12 | 韓国遊学2012 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧