五十肩

 二月の中旬滅茶苦茶寒い日、何か左手が上がらなくなって
えらい痛みが走り出しました。
 最初は上がっていたのに、だんだん上まで上がらなくなってしまいました。
回りの人に聞くと「それは五十肩やしばらくはなおらへんけど、
知らん間に治るは」といわれて、そんなもんかと思っていました。
 スイミングでプールに入る前に体操室で準備体操があるんですが
最初上まで上がっていた手がほとんど上がらなくなり、
上げると痛いので、やめてしまいます。
やめてしまわないで、ぎりぎりいたいのが辛抱できるまで
あげた方が良かったようです。
 三月中ごろになって、ちょっとよくなったかと思うと
寒い日になると元の木阿弥でなおりそうにありません。
「なかなかなおらへんは」と言うと」
「そんなん一ヶ月や二ヶ月で治るかいな、一年長い人やったら
三年もかかるし、何回もなる人もおるねんで」
といわれこれはまずいなあ。こんな痛みもって生活するのは
しんどいし、おもしろくないなあと思い始めていたところに
 韓国語の先生がいうには
「今日朝のニュースでやっていたけど」
もちろん韓国のニュースです。
「肩が痛くなって五十肩と素人判断するけど、医者の診断を受けて
五十肩の人は50%出そうやから
絶対に医者に行って診断してもらう方がいいで」
とこんこんと言われました。
 「それ、韓国のはなしでしょ?」といってみたものの
やっぱり医者に行くことにしました。
 あちこち聞きまわって「友人が五十肩で整形外科に行って
注射打ってもらったら、一回ですっとなおったよ。」といわれました
「ああ、これはいいこと聞いた。注射一本で治るんやったら
そこにいかないとあかん」
 「先生、やさしい」と聞いたら「とてもやさしい」というので
友人がかかっている整形外科の医者に行くことにしました。
 昨日は雨が降っていたので、案外人が少ないかもしれないと
友人と駅で待ち合わせて、病院まで付き添ってもらいました。
まあ、ハイってびっくりすごい人
ちょっとそれだけで帰ろうかと思ったけど、友人についてきてもらっている手前
逃げ出すわけにも行かないし、初診受付して待つことして
友人には帰ってもらいました。
 初診受付して、看護婦さんに呼ばれ、問診を受けました。
次にレントゲンを採りました。
肩と首と、ついでに手もとってもらいました。
それから、先生の診察を受けました。
若い、40歳前半の本当に優しい先生でした。
診断はやはり五十肩で「肩関節周囲炎」でした。
年とともに回りの筋肉が硬くなって癒着が起こり痛みが起きるそうです。
自然に治る時もあるけど、出来るだけ早く治しましょう。
それで今回注射して一回ものすごく痛いことをします。
そして後二回は注射だけで痛いことはしません。
後は療養師の先生にリハビリを受けてもらいます。
でも、このものすごい痛いことは僕がします。といわれました。
「友人の話では注射一本で治ったといってたのに
何か話が違うなあ」と思っていたら
有無を言わさず、肩を出して注射したかと思うと
左手を上げてくださいといって、思い切り後に倒したのか
痛みで何をされているのか、わかりませんでした。
「もう少し、ぼっきと言うまでです。」
 体中がどうにかなりそうな、死ぬかと思う痛みでした。
実際はあっというまだったんですが。
 後はベットにもたれて痛みがおさまるのと待っていました。
看護士さんが背中をさすってくれました。
あんな、優しい顔してこんな恐ろしいことようするはと思っていました。
しばらく痛みが治まると「せんせいがだいじょうぶですか?」
「大丈夫なことあらへん、、終わったからいいけど」」
二度とこんな痛いことは嫌です。
 拷問ってこんなことするんやろなあとへんなこと思っていました。
先生は、「明日楽になります。楽になったので続けてこられる人もいますし
この痛みのために二度と来ない人もいます。」ですって
 まだ、痛みが止まっていないのに、リハビリを受けておくすりもらってかえりました。
友人に早速電話かけ「本当に注射一本でなおったん?」
と事情を話しいやみを言ってやりました。
 昨日は痛みが取れなかったので、痛み止めの薬を飲みました。
夜になって痛みがだんだん治まってきたけど、痛み止めの薬飲んでるからと
思っって寝ました。
 明日楽になるからねといわれたけど、もし楽にならなかったらうったえてやるから
と思っていました。
朝起きて、腕を上げてみたら、あら、不思議、真っ直ぐ上がっています。
まだ、痛みは残っていますし、後に回す時はまだ痛いけど
先日までの嫌な痛みは取れました。
これやったら、訴えないで、後二回は診察に通うことにします。
リハビリはいつでも良いけど、すごい人なんで自宅でリハビリします。
昨日は大騒ぎの一日でした。
今朝、早速友人に手が上がるようになったことを報告しておきました。
b0044296_1552289.jpg


2013年2月末現在の話
整形外科には三ヶ月ほどリハビリと注射に通いましたが
あまりにも込むので痛みが和らいだ頃にやめました。
今はすっかりもとの状態になおりました。
上を向いて寝て手を上げると床に着かなかったのですが
今はつくようになりました。
肩がおかしいなと思ってから一年で完治しました。
今は、痛みも違和感もありません。
あの痛みがうそのようです。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/18124213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tae. at 2012-04-12 17:38 x
うわ、、痛かったですね、、、
でも翌日には腕が上がったのですから、我慢した甲斐がありましたね。
私と違って早く治りそうで、実はちょっぴり 羨ましいです(^^)

私は去年11月はまだ届かなかった物干し竿とか、台所の換気扇の
スイッチに、楽に手が届くようになって喜んでるのですが、
五十肩は何回もなる人がいると知って、どきどきしてます(^^;;

痛みが早く、完全になくなるといいですね。
お大事になさってくださいm(__)m
Commented by kumi at 2012-04-12 19:54 x
な、な、涙がでそう・・・
かなり痛そう こんなに痛い思いをしたんだから早く治ってほしいですね
五十肩は、何回もなるんですか? …o(;-_-;)oドキドキ 
お大事にしてください。
Commented by yukinachan55 at 2012-04-12 20:14
ありがとうございます。
本当に痛かったけど、すぐに忘れるものですね。
今日は腕も上に真っ直ぐ上がるようになりました。
まだ、後に回すのが一番大変ですが、
痛みは肩の所だけで、腕の痛みはまったくなくなりました。
後しばらく通わないと駄目ですが、
痛みを我慢しただけのことはありました。
身体はそれなりに痛んできますね。
だましだまし長く痛みなく付き合いたいものです。
親指の曲がっているのは治療法がないみたいです。
あまりひどくなると手術もあるけど、今のところ大丈夫です。
首の椎間板もせまくなっているし、長年使っているので
前に倒れています。それで肩がこりやすいそうです。
出来るだけ姿勢を正しくすることだそうです。
生きていくって大変ですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2012-04-12 15:20 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(3)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧