「歌川国芳」幕末の奇才浮世絵師 展覧会

今日は午前中韓国語能力試験を受験しました。
三回目の受験です。「語彙・文法」「書き取り」「聞き取り」「読み取り」とあります。
前半二科目90分後半二科目90分です。
問題が多く時間との勝負です。
語彙文法はまったく駄目でした。知らない単語がいっぱい出てきました。
四択なんですが、問題が線の引いてあるものと置き換えることができるものは
とあって日本語はわかっても四択の単語がまったくわからないとか
文法もまったく駄目でした。
作文のお題は「知識や情報があふれている中で創造的な考えをもつ必要性は」と
言うことで内容指定で800字だったんですが、日本語ではわかるのですが
悲しいかな単語がなかなか出てきませんでした。これも全滅です。
聞き取りは問題を聞く前に四択文を前もって読むことできました。
でも、なかなか聞き取れません。
読み取りは今までは問題の最後まで行き着きませんでしたが
回答があっているかどうかは別ですが、時間内に最後の問題まで到達しました。
今回はさいころしませんでした。
合格するには課題がいっぱいです。とにかく疲れました。

会場が矢田だったので天王寺で友人と大きなエビフライ定食を食べました。
その後気分転換にと大阪市立美術館で行われている
「歌川国芳」展を見に行ってきました。
入場制限があって少し待ちましたが、じっくり見ることができました
歌川国芳は幕末に活躍した浮世絵師で大胆で面白い作品が
たくさんありました。
赤や青の色がとてもきれいでえぐいほど動きのある絵でした。
作品の幅も広く、特にねこさんの絵はとても面白く見ながら大声で
笑ってしまって、回りの顰蹙買いました。
作品の数も多く最後は腰がだるくなり疲れに疲れました。
でも、とても面白い展覧会でした。
美術館入口の看板です。
ちょっと見にくいですが下の部分はくじらを退治する宮本武蔵です。
b0044296_20014100.jpg

会場に入った所の吊るし看板です。
大きな力士と小人のような人々です。
b0044296_205488.jpg


第二会場の案内の猫さんです。この猫の絵が秀逸です。猫好きの方は必見です。
b0044296_207355.jpg

これもちょっと見にくいですが
パンフレットの猫さんたちです。
b0044296_2075091.jpg

いつもは一日にひとつの行事と決めていたのですが、
今日は欲張ったので滅茶苦茶疲れました。
この展覧会は前半後半で作品がすべて変わるので時間があったら
後半も見に行きたいと思っています。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/15286149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2011-04-17 20:12 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧