映画「おとうと」

映画「おとうと」をみました。
15時半の回を見たら、ほぼ満員でした。もちろん高齢者がおおいですが
真面目な兄と姉の後に生まれた弟は家族の中ではどうしようもない
やっかいものです。明るくて人はいいのですが、お酒の飲むと人がかわり
周りの空気が読めなくなります。
吉永小百合ふんするおねえちゃんは夫亡き後一人で夫の母を見一人娘を
育てる、非の打ち所がないすばらしい女性です。
弟は姪の小春の結婚式で大失態をやらかしてしまいます。
娘の嫁ぎ先に謝りに行く母親とおじですが、
あれぐらいのことを笑って済ませられないなんて、おかしいと思いました。
結局娘小春の結婚はうまくいかないで離婚してしまいます。
これはおとうとのせいではなく若い二人の問題だとおもいます。
その後弟の借金の肩代わりをすることで姉は弟を絶縁してしまいます。
姉のおとうとへの複雑な思い、切ってしまうことはできないことわかりながら
切ってしまった後悔、結局捜索願を出していました。
大阪で倒れたおとうとの消息がわかりかけつける姉
運良く民間のホスピスに収容されたおとうとを尋ねる母親を
快く思わない娘小春にあなたの名前をつけるときおじさんに頼んだのは
お父さんなんですよ。今までほめられたことのなかったおじさんに一度でもほめて
やることを作ってやろうということで、おじさんがつけたんだと話す。
すごい良心的なホスピスの職員のおかげで姉はそういう人もいることを知ります。
最期を看取ること、これからは家族がみんなどういう風にしていくか
考えさせられました。
小春は決心しておじのもとへ恋人とともにかけ付け最期に間に合います。
これは本当に良かったと思う、小春のこれからの生き方にプラスになると思う
小春の再婚の結婚式が決まった時、少しぼけた姑が
おじさんをのけ者しないでちゃんと結婚式によんでやりなさいという。
家族っていろいろあるけど、寄り添って生きていくものだと思った。
素敵な映画だった。
吉永小百合さん素敵だなあと思った
映画が終わるとまわりで鼻をぐずぐずいっている音が聞こえてきました。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/12786696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2010-02-04 23:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧