近つ飛鳥博物館

近つ飛鳥博物館15周年記念「「卑弥呼死す 大いに冢をつくる」
を見てきました。
今日は本来は京都の予定でしたがやはり豚インフルエンザが恐いので
人の少ない博物館にしました。
近鉄南大阪線河内長野行きに乗って喜志で降り阪南ネオポリス行きの
バスに乗って終点で降ります。
降りたら目の前が飛鳥風土記の丘で大きな古墳公園になっています。
バス停からすぐのところに公園の管理事務所があっていい休憩室になっています。
そこから博物館へは10分ぐらいかかります。
博物館に行くまでに古墳のあとを見ることが出来ます。
5世紀ぐらいのものです。
b0044296_222171.jpg

次の古墳は石室で中に石棺が残っていて見ることが出来ます。
古墳をこんな形でゆっくり見るのは初めてなので面白かったです。
真ん中に見えるのが石棺です。
b0044296_2224172.jpg

風土記の森は緑の中を歩きながら古墳を
一つ一つ見て歩いていきます。
A群からK群まで路に沿ってみることが出来ます。
結構 山の中でアップダウンがあり疲れました。
こういう風に名ルンルンの道もあります。
b0044296_22285212.jpg

博物館につくと受付に行くと特別展でした。
ちょうどお昼になったのですが、館内では食事は出来ないということで
まずは外で食事をし風土記の丘を回ってから展示鑑賞することにしました。
食事は阿部野橋で買ってきた弁当をベンチで広げました。
気付いたら桜の木の下でした。毛虫が落ちてこないかとひやひやモンでした。
先ほどのコースをB群から順に回りました。
同じような形のものが道のほうを入り口にしていくつもありました。
崩れているものも多くありましたがこれが一番大きく仲間ではいれました。


b0044296_2312819.jpg

中に入るとこんなんです。
b0044296_2239488.jpg

急な階段を登って展望台につきました。
展望台から大阪平野が一望ですが、少しがすっていて醜いですが、
緑の部分が古墳です。
b0044296_22474076.jpg

急な坂道を登ったり降りたりしながら博物館に戻ってきました。
博物館です。中は一歳写真取れないので写真はなしです。
b0044296_22493751.jpg

館内にはりると土曜講座「埋葬施設から見た弥生墳丘墓と古墳」を
一時間みっちり聞きました。よくわかる資料で古墳の成り立ちとそこで
行われた儀式の関係などよくわかって面白かったです。
体が疲れてうとうとするのを我慢してよく勉強しました。
最後に15周年記念「「卑弥呼死す 大いに冢をつくる」
を見ました。広々とした会場で仁徳天皇陵の模型とか修羅の展示
全国の古墳の資料など手手も面白かったです。
鏡の詳しい資料もあったのですが、それは次回にしました。
よく勉強しよく運動した一日でした。
帰りは富田林に出て帰りました。
トラックバックURL : http://yukinkosan.exblog.jp/tb/11051698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yukinachan55 | 2009-05-23 23:05 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

最初の第一歩 毎日一つ感動


by yukinachan55
プロフィールを見る
画像一覧